ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラジオも「つぶやいた」

 福島市にあるラジオ福島はそのとき、ワイド番組を放送中だった。アナウンサーは安全の確保を繰り返しよびかけた。このときから、350時間連続の生放送が続くことになる。東京キーステーションとのラインや、インターネットが使えなくなった。番組スタッフが使っているスマートフォンでネットに接続することに気付いた。

 編成制作報道部長の伊藤直樹は、即座にネットを利用すると判断した。

  番組スタッフが持っていたiPhoneでネット接続ができることが判明し、早速Gメールのアカウントを取り、情報提供を呼びかけました。これが地震発生からおよそ2時間後です。この時点で、リスナーからメールで寄せられた情報をラジオとツイッターで発信する、ネット連動の災害放送がスタートしました。

 情報が欲しい、水が欲しい、携帯電話の充電器が欲しい、そんな声を放送と一緒にツイッターに出しますと、あっという間に情報が集まりました。ほかにも、避難所での過ごし方、哺乳瓶がないときのミルクの飲ませ方など、医師をはじめ、いろいろな専門家の方からも情報をいただきました。寄せられた情報は放送し、順次ネットにアップしていきました。

 課題としては、届いた情報を確認せずに全部放送していましたから、リスナーを混乱させるおそれがあったことです。1週間ぐらいで電話が復旧してからは確認した上で情報を取捨選択して伝えました。安否情報も、よせられてきたものをどこまでネットにあげていいのか、かなり大変でした。

 特に気をつけたのは、安心情報を伝えようということです。パニックを起こさせない、ストレスを感じさせない。リスナーに寄り添う。そして、聞きなれたアナウンサーの声で話すことに努めました。

――

参考文献

新聞研究2011年8月号
市民による震災報道プロジェクト        OurPlanet-TV・副代表理事 池田佳代
月刊民放 2002年1月号
被災地のメディアは何を伝え、被害者にどう利用されたか
――民放連研究所「東日本大震災時のメディアの役割に関する総合調査」報告会から

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

チリ地震津波の教訓

 過去の津波の経験が生きた三陸の地域紙があった。岩手県大船渡市に本拠を置く東海新報社である。津波が襲った沿岸部の大船渡市、陸前高田市、住田町の2市1町、気仙郡と呼ばれるエリアの新聞である。東海新報社は、パソコンと2台のプリンターをつないで新聞を発行し続けた。

 取締役編集局長の佐々木克孝は、1958(昭和33)年のチリ地震津波が今回の新聞の製作に結びついたことを明らかにする。

 

 創刊した2年後にチリ地震津波で社屋が被災し、1週間、新聞が発行できませんでした。その悔しさから、1988(昭和63)年に、高台に社屋を移転しました。そして、2年前に停電に備えて社屋内に自家発電装置を設置しまし  た。被災直後は、電気も何もシャットダウンしましたが、自家発電により翌日の号外を発行することができたのです。

 しかし、被災当日は、輪転機が動かせませんでした。技術者が道路事情で来ることができなかったため、パソコンから2台のプリンターでプリントアウトしました。カラーA3版で2000枚、これが限度でした。これを自分たちで避難場所に届けました。

 社員40人のうち、家を流された人は15人、家族を失った人が5人、亡くなった社員1人。こういった非常に限られた人数で、何とか連日、新聞を発行いたしました。

  新聞は、3月12日の号外から3月末までは無料で避難所に届けました。4月1日からは通常どおいの料金をいただきました。そのためには、きちんとした自分たちの心構えが必要だと考え、4月1日号では、初めてカラーを使いました。そしてテーマを「子どもと笑顔」と決め、8人の記者で一番いい写真を撮ってきたものを採用することにいたしました。

  振り返って考えてみると、われわれにとって被災直後から1週間が大事だったと思います。情報を収集し、伝達できた。それは地域にとっても、当社にとっても生命線になったということは間違いないだろうと思います。

――

参考文献

新聞研究2011年8月号
市民による震災報道プロジェクト        OurPlanet-TV・副代表理事 池田佳代
月刊民放 2002年1月号
被災地のメディアは何を伝え、被害者にどう利用されたか
――民放連研究所「東日本大震災時のメディアの役割に関する総合調査」報告会から

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKがUstで流れた

 ユーストリームでNHKの放送が流れるという、歴史的な出来事をつくったのは、広島県内に住む中学2年生の男子生徒だった。それは、後日わかる。時刻は、地震発生直後の午後3時3分だった。

  ユーストリームアジアは、違法な利用がないかどうか、24時間体制で監視している。NHK総合テレビの地震の特別番組が流れていることをつかんだのである。通常の判断であれば、地上波の放送をユーストリームで同時に流すことは違法であり、即座に遮断することができるシステムになっている。ユーストリームアジアは、緊急事態だとして、遮断を保留して、NHKに要請した。

  ジャーナリストの高瀬毅のインタビューに対して、ユーストリームアジア(本社・東京)の代表取締役社長の中川具隆は次のように述べている。

  「ユーストリームで配信しているユーザーがいることを確認したが、万単位の人がフォローしていることがわかった。

 そこで、これは国民が必要としている重要な情報であるということと、電気が切れてテレビが観られない人や帰宅難民でユーストリームでしか情報が取れない人がいることを踏まえて判断してほしいということ。それに、NHKさんが自 身でも始めて欲しいということを伝えた」

 この要請に対して、NHKのデジタル部長の兄部純一はすぐに上層部に伝えた。そして30分後には了承の返事があったのである。兄部は、高瀬に次のように述べている。

 「本来なら認められないが、人を助けることができるなら黙認しようと即座に思った」

 ユーストリームによるNHKの地震の特別番組は、総合テレビが午後9時30分から開始された。これと並行して、NHKにはニワンゴからも同時送信の可能性の打診があり、午後7時40分、ニコニコ生放送を通じて配信が始まった。 さらに、13日午前0時過ぎから、ヤフーの同時配信も始まった。

 

――

参考文献

放送メディア研究 No.9 2012  (NHK放送文化研究所、丸善刊)
東日本大震災でテレビとネットはどう協力したか 高瀬毅

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

デスク志願する

 TBSテレビの報道局政治部の筆頭デスクだった龍崎孝は、地震から2週間ほど経った3月下旬、報道局長の星野誠に「現場に行かせてほしい」と懇願した。大規模な取材陣もいずれは徐々に撤収していく。そうではなく、現地に駐在して、デジカメを手に震災から再生の過程を報道、記録したい、と思ったのである。

 龍崎には記者として苦い思い出がある。前任の毎日新聞記者時代の1985年、浦和支局の警察担当として遭遇したのは、日本航空123便が御巣鷹山で墜落した事故だった。そして、TBS入社2週間目の95年1月の阪神淡路大震災である。いずれのときにも十分な取材をできなかったという思いが龍崎をつき動かした。

 龍崎の提案は、1週間後、宮城県気仙沼にTBS系列のニュース取材網の拠点として、「JNN三陸臨時支局」開設、そして支局長として赴任という、例のない形で実現した。

 

 残念ながら「憧れた」駐在の一記者ではないが、支局長として最低1年にわたって、全国の若手、ベテラン記者と協同しながら被災地の今を伝え続けるという「望外」の立場をいただいた。

  津波被害を受けた被災地に置かれる支局にはおのずと二つの使命が考えられる。ひとつは継続的な映像取材で、復興に向けた足取りや息遣いを伝えていくことだ。さらには最大余震の発生が大学の研究者などから指摘されているように、再び起きるかもしれない「悪夢」に備え、可能なかぎり海辺に近い場所から、その映像をいつも届けることができる態勢を構築することだ。

  5月1日に支局を開設してから3カ月、被災地の真っただ中に位置する支局からの報道にひとつの方向性が出てきた。それは「行政に頼りきらない取材と報道」、そして「命を守るための放送」ということだ。支局は気仙沼という宮城県の最北端にあるため、仙台や盛岡からアクセスが悪い。このため国や県の情報密度が薄い分、記者たちは自らの足で街を回ってネタを稼ぐしか、放送に結びつける手がない。

 臨時支局の原点として「寄り添う」というキーワードを設けた。わたしなりのひとつの答えは「被災地の今をどんな小さな話でも、また生煮えの話であっても、必要な放送する」というものだ。ニュースが伝えられる「今」に視点をおけば「質」が求められるのは当然だ。未曾有の災害を、ミクロの視点で継続的に記録に残していくという作業をやり抜くためには、少々の「質」には目をつぶっても出し続ける努力も、続けなければならない。それはJNNが「歴史に参加する」作業だと思っている。

  ――

参考文献

調査情報(TBS刊)2011年7-8月号
未だ蘇る声 東北放送・報道部 武田弘克

調査情報2011年9-10月号
結局私は、記者ではなかった TBSテレビ・報道ニュース部「Nスタ」 森岡梢

月刊民放 2012年1月号
ふるさとは負けない!
IBC岩手放送 取締役会長 阿部正樹


被災地のメディアは何を伝え、被災者にどう利用されたか

新聞研究 2011年8月号
「伝え続ける」放送の責任を自覚
JNN三陸臨時支局長(TBSテレビ) 龍崎学
TBSテレビ 報道局統括次長 西崎裕文

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

編集手帳子の告白

 新聞を舞台として執筆を続けるコラムニストの最高峰と敬意を集める、読売新聞論説委員の竹内政明の率直な告白に耳を傾けたい。竹内は読売新聞の1面のコラム「編集手帳」の担当である。

 東日本大震災に直面した記者たちが「書く」という行為とどのように格闘したのか、うかがい知ることができる。

 震災翌日の3月12日付から数えて計56本の「編集手帳」はすべて震災 関連のテーマを取り上げている。焼き肉店で生肉料理ユッケを食べて6歳  の男児を含む4人が死亡する食中毒事件(5月7日付)が起きていなければ、震災コラムは途切れることなく続いていただろう。

 喜怒哀楽の「哀」のみを来る日も来る日も独り言のようにつぶやきつづける精神耐久レースがいかなるものかは、経験した人でなければ分かってもらえまい。

 たとえ一夜でも「哀」を離れようと、あすの希望を無理して語ってみた日もある。3月31日付を引く。

 生まれてまもない君に、いつか読んで欲しい句がある。<寒き世に泪そなえへて生れ来し>(正木浩一)。君も「寒き世」の凍える夜に生まれた。列島におびただしい泪が流れた日である◆震災の夜、宮城県石巻市の避難所でお母さんが産気づいた。被災者の女性たちが手を貸した。停電の暗闇で懐中電灯の明かりを頼りに、へその緒を裁縫用の糸でしばり、君を発泡スチロールの箱に入れて暖めたという◆男の子という以外、君のことを知らない。それでも、ふと思うときがある。僕たちは誕生日を同じくしうるきょうだいかもしれないと◆日本人の一人ひとりがあの地震を境に、いままでよりも他人の痛みに少し敏感で、少し涙もろくなった新しい人生を歩みだそうとしている。原発では深刻な危機がつづき、復興の光明はまだ見えないけれど、「寒き世」は「あたたき世」になる。する。どちらが早く足を踏ん張って立ち上がるか、競争だろう◆原爆忌や終戦記念日のある8月と同じように、日本人にとって特別な月となった3月が、きょうで終わる。名前も知らぬ君よ。たくましく、美しく、一緒に育とう。

  われながら何ともクサい文章で、書き写していて嫌になる。苦しまぎれに明るく振る舞おうとしても、出来はこんなものだろう。

  <書くといふことは何かヒキョーに似たりけり>は話術家の徳川夢声が戦争中に詠んだ一句だが、常習の詐欺師になってしまったようなわが心境を表していると思い、表題に掲げた。

  日ごと、「おれは一体何を書いているのか」と自問し、その問いを夜ごとの酒に沈めてきた3.11以降の日々を、さりとて、ほかに取り繕う言葉もない。

 

――

参考文献

新聞研究2011年7月号
未曾有の災害連鎖を伝える報道  福島民友新聞社・編集局長 加藤卓哉

新聞研究2011年7月号
総合力で新聞の力を示すために  読売新聞東京本社・編集局総務 松田陽三

新聞研究2011年12月号
東日本大震災と報道
(若手記者の経験)被災地取材から学んだこと
多くの死と生に接して-記事で地域再生の後押しも
河北新報 石巻総局 大友庸一


人とのつながりを財産に-被災者の思い受け、課題と向き合う
福島民友新聞社 報道部 渡辺哲也


「風化させない」を合言葉に-伝えたい中越・中越沖地震の教訓
新潟日報社 報道部 小熊隆也


声なき声に耳を澄ます-相手の身になり、根気よく
毎日新聞東京本社 社会部 竹内義和

記者は何を見たのか-3.11東日本大震災
読売新聞社   2011年11月

新聞研究 2012年1月号
書くということは何かヒキョーに似たり――コラムニストの見た震災
読売新聞東京本社 論説委員(「編集手帳」執筆者) 竹内政明

このエントリーをはてなブックマークに追加