ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKがUstで流れた

 ユーストリームでNHKの放送が流れるという、歴史的な出来事をつくったのは、広島県内に住む中学2年生の男子生徒だった。それは、後日わかる。時刻は、地震発生直後の午後3時3分だった。

  ユーストリームアジアは、違法な利用がないかどうか、24時間体制で監視している。NHK総合テレビの地震の特別番組が流れていることをつかんだのである。通常の判断であれば、地上波の放送をユーストリームで同時に流すことは違法であり、即座に遮断することができるシステムになっている。ユーストリームアジアは、緊急事態だとして、遮断を保留して、NHKに要請した。

  ジャーナリストの高瀬毅のインタビューに対して、ユーストリームアジア(本社・東京)の代表取締役社長の中川具隆は次のように述べている。

  「ユーストリームで配信しているユーザーがいることを確認したが、万単位の人がフォローしていることがわかった。

 そこで、これは国民が必要としている重要な情報であるということと、電気が切れてテレビが観られない人や帰宅難民でユーストリームでしか情報が取れない人がいることを踏まえて判断してほしいということ。それに、NHKさんが自 身でも始めて欲しいということを伝えた」

 この要請に対して、NHKのデジタル部長の兄部純一はすぐに上層部に伝えた。そして30分後には了承の返事があったのである。兄部は、高瀬に次のように述べている。

 「本来なら認められないが、人を助けることができるなら黙認しようと即座に思った」

 ユーストリームによるNHKの地震の特別番組は、総合テレビが午後9時30分から開始された。これと並行して、NHKにはニワンゴからも同時送信の可能性の打診があり、午後7時40分、ニコニコ生放送を通じて配信が始まった。 さらに、13日午前0時過ぎから、ヤフーの同時配信も始まった。

 

――

参考文献

放送メディア研究 No.9 2012  (NHK放送文化研究所、丸善刊)
東日本大震災でテレビとネットはどう協力したか 高瀬毅

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

デスク志願する

 TBSテレビの報道局政治部の筆頭デスクだった龍崎孝は、地震から2週間ほど経った3月下旬、報道局長の星野誠に「現場に行かせてほしい」と懇願した。大規模な取材陣もいずれは徐々に撤収していく。そうではなく、現地に駐在して、デジカメを手に震災から再生の過程を報道、記録したい、と思ったのである。

 龍崎には記者として苦い思い出がある。前任の毎日新聞記者時代の1985年、浦和支局の警察担当として遭遇したのは、日本航空123便が御巣鷹山で墜落した事故だった。そして、TBS入社2週間目の95年1月の阪神淡路大震災である。いずれのときにも十分な取材をできなかったという思いが龍崎をつき動かした。

 龍崎の提案は、1週間後、宮城県気仙沼にTBS系列のニュース取材網の拠点として、「JNN三陸臨時支局」開設、そして支局長として赴任という、例のない形で実現した。

 

 残念ながら「憧れた」駐在の一記者ではないが、支局長として最低1年にわたって、全国の若手、ベテラン記者と協同しながら被災地の今を伝え続けるという「望外」の立場をいただいた。

  津波被害を受けた被災地に置かれる支局にはおのずと二つの使命が考えられる。ひとつは継続的な映像取材で、復興に向けた足取りや息遣いを伝えていくことだ。さらには最大余震の発生が大学の研究者などから指摘されているように、再び起きるかもしれない「悪夢」に備え、可能なかぎり海辺に近い場所から、その映像をいつも届けることができる態勢を構築することだ。

  5月1日に支局を開設してから3カ月、被災地の真っただ中に位置する支局からの報道にひとつの方向性が出てきた。それは「行政に頼りきらない取材と報道」、そして「命を守るための放送」ということだ。支局は気仙沼という宮城県の最北端にあるため、仙台や盛岡からアクセスが悪い。このため国や県の情報密度が薄い分、記者たちは自らの足で街を回ってネタを稼ぐしか、放送に結びつける手がない。

 臨時支局の原点として「寄り添う」というキーワードを設けた。わたしなりのひとつの答えは「被災地の今をどんな小さな話でも、また生煮えの話であっても、必要な放送する」というものだ。ニュースが伝えられる「今」に視点をおけば「質」が求められるのは当然だ。未曾有の災害を、ミクロの視点で継続的に記録に残していくという作業をやり抜くためには、少々の「質」には目をつぶっても出し続ける努力も、続けなければならない。それはJNNが「歴史に参加する」作業だと思っている。

  ――

参考文献

調査情報(TBS刊)2011年7-8月号
未だ蘇る声 東北放送・報道部 武田弘克

調査情報2011年9-10月号
結局私は、記者ではなかった TBSテレビ・報道ニュース部「Nスタ」 森岡梢

月刊民放 2012年1月号
ふるさとは負けない!
IBC岩手放送 取締役会長 阿部正樹


被災地のメディアは何を伝え、被災者にどう利用されたか

新聞研究 2011年8月号
「伝え続ける」放送の責任を自覚
JNN三陸臨時支局長(TBSテレビ) 龍崎学
TBSテレビ 報道局統括次長 西崎裕文

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

編集手帳子の告白

 新聞を舞台として執筆を続けるコラムニストの最高峰と敬意を集める、読売新聞論説委員の竹内政明の率直な告白に耳を傾けたい。竹内は読売新聞の1面のコラム「編集手帳」の担当である。

 東日本大震災に直面した記者たちが「書く」という行為とどのように格闘したのか、うかがい知ることができる。

 震災翌日の3月12日付から数えて計56本の「編集手帳」はすべて震災 関連のテーマを取り上げている。焼き肉店で生肉料理ユッケを食べて6歳  の男児を含む4人が死亡する食中毒事件(5月7日付)が起きていなければ、震災コラムは途切れることなく続いていただろう。

 喜怒哀楽の「哀」のみを来る日も来る日も独り言のようにつぶやきつづける精神耐久レースがいかなるものかは、経験した人でなければ分かってもらえまい。

 たとえ一夜でも「哀」を離れようと、あすの希望を無理して語ってみた日もある。3月31日付を引く。

 生まれてまもない君に、いつか読んで欲しい句がある。<寒き世に泪そなえへて生れ来し>(正木浩一)。君も「寒き世」の凍える夜に生まれた。列島におびただしい泪が流れた日である◆震災の夜、宮城県石巻市の避難所でお母さんが産気づいた。被災者の女性たちが手を貸した。停電の暗闇で懐中電灯の明かりを頼りに、へその緒を裁縫用の糸でしばり、君を発泡スチロールの箱に入れて暖めたという◆男の子という以外、君のことを知らない。それでも、ふと思うときがある。僕たちは誕生日を同じくしうるきょうだいかもしれないと◆日本人の一人ひとりがあの地震を境に、いままでよりも他人の痛みに少し敏感で、少し涙もろくなった新しい人生を歩みだそうとしている。原発では深刻な危機がつづき、復興の光明はまだ見えないけれど、「寒き世」は「あたたき世」になる。する。どちらが早く足を踏ん張って立ち上がるか、競争だろう◆原爆忌や終戦記念日のある8月と同じように、日本人にとって特別な月となった3月が、きょうで終わる。名前も知らぬ君よ。たくましく、美しく、一緒に育とう。

  われながら何ともクサい文章で、書き写していて嫌になる。苦しまぎれに明るく振る舞おうとしても、出来はこんなものだろう。

  <書くといふことは何かヒキョーに似たりけり>は話術家の徳川夢声が戦争中に詠んだ一句だが、常習の詐欺師になってしまったようなわが心境を表していると思い、表題に掲げた。

  日ごと、「おれは一体何を書いているのか」と自問し、その問いを夜ごとの酒に沈めてきた3.11以降の日々を、さりとて、ほかに取り繕う言葉もない。

 

――

参考文献

新聞研究2011年7月号
未曾有の災害連鎖を伝える報道  福島民友新聞社・編集局長 加藤卓哉

新聞研究2011年7月号
総合力で新聞の力を示すために  読売新聞東京本社・編集局総務 松田陽三

新聞研究2011年12月号
東日本大震災と報道
(若手記者の経験)被災地取材から学んだこと
多くの死と生に接して-記事で地域再生の後押しも
河北新報 石巻総局 大友庸一


人とのつながりを財産に-被災者の思い受け、課題と向き合う
福島民友新聞社 報道部 渡辺哲也


「風化させない」を合言葉に-伝えたい中越・中越沖地震の教訓
新潟日報社 報道部 小熊隆也


声なき声に耳を澄ます-相手の身になり、根気よく
毎日新聞東京本社 社会部 竹内義和

記者は何を見たのか-3.11東日本大震災
読売新聞社   2011年11月

新聞研究 2012年1月号
書くということは何かヒキョーに似たり――コラムニストの見た震災
読売新聞東京本社 論説委員(「編集手帳」執筆者) 竹内政明

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「町が消えています」

 岩手県をカバーしているIBC岩手放送会長の阿部正樹は、商工会議所の会議室で地震に遭遇した。急きょ会社に戻った。

  社内は混乱の極みでした。全県停電、ライフライン消失、道路寸断、大津波警報下の避難など、一切訓練では想定していませんでした。沿岸部に設置していた3台の情報カメラは、停電で2台が使用不可。沿岸部のスタッフの安否確認もできない状況が続きました。

  やがて私たちは宮古市に設置した情報カメラから信じられない映像を見ることになります。しかし、あのときに誰が映像を見ていたのか。災害報道の最大の使命は、地域住民の命を守ることです。停電がなく津波映像が各家庭に届いていれば、より多くの人命を救えたのではないか。被災地以外の全国の視聴者は状況を的確に捉えていたと思います。その意味では放送の使命は果たしたと思いますが、地元局の放送マンとしては無念の思いが強く残っています。

 3月11日深夜、大船渡市に入った中継車は、やっと陸前高田を見下ろせるであろう場所に入りました。翌朝、そこから映像が全国に中継されました。「町が消えています」。リポーターの一声でした。衝撃でした。この後続く長い戦いを覚悟しました。

 ろくな食糧もなくマイクロバスで寝泊りするスタッフはがんばってくれました。その使命感に心打たれたものです。取材も大変だったろうと思います。

 泥だらけのお母さんが子どもの遺骸を見つけて抱き上げ、周りに「水はありませんか」と言ったそうです。洗ってあげたいが、水はない。そのお母さんは自分の舌で子どもの顔の泥をなめてあげたそうです。こういう報告を聞いて、そんな被災者にマイクは向けられないと思ったわけです。地獄をみたスタッフが多かったと思います。

 ――

参考文献

調査情報(TBS刊)2011年7-8月号
未だ蘇る声 東北放送・報道部 武田弘克

調査情報2011年9-10月号
結局私は、記者ではなかった TBSテレビ・報道ニュース部「Nスタ」 森岡梢

月刊民放 2012年1月号
ふるさとは負けない!
IBC岩手放送 取締役会長 阿部正樹


被災地のメディアは何を伝え、被災者にどう利用されたか

新聞研究 2011年8月号
「伝え続ける」放送の責任を自覚
JNN三陸臨時支局長(TBSテレビ) 龍崎学
TBSテレビ 報道局統括次長 西崎裕文

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

声なき声に耳を澄ます

 

 河北新報の石巻総局の若手記者である大友庸一は、牡鹿半島にある石巻市の漁協の支所にいた。

 

 地響きとともに建物が激しく揺れた。取材していた漁師の後を追って外に飛び出した。

 鳴り響くサイレン。津波から船を守ろうと漁師たちは全速で船を沖に出した。第1波が静かに岸壁を越えた。急斜面を 車 で上り、高台の小学校に移動した。

   津波が白い帯になって沖合いから押し寄せてくるのが、亀裂の入った校庭から見えた。白い帯は黒い固まりになっ て集落を襲った。斜面に張り付く家々が沖に流され、防波堤が崩れ落ちた。

 石巻市中心部にある会社に戻ることにした。途中、女川原子力PRセンターによった。道路は津波で寸断され、半 島 から出ることは不可能だという。

 

 13日早朝、十数人と約30キロ離れた石巻市まで徒歩で向かった。女川町中心部まで数キロのところでトラックの荷台に乗せてもらった。人の親切が身にしみた。

 女川町中心部はすべてが破壊され、変わり果てた姿をさらしていた。車を3台乗り継ぎ、石巻市郊外の自宅に着いた。自転車で向かった市中心部は冠水。自転車をかつぎ、線路を歩き、1階が泥で埋まった会社にたどり着いた。

 3月22日、火葬が限界に達し、やむを得ず土葬が始まった東松島市。話を聞いた女性(77歳)は、臨月だった孫娘(30歳)を弔った。「小学4年のひ孫には母親の死をきょう伝えた。私の一人息子も孫娘の夫も行方がわからない。涙も枯れ果てた」。返す言葉が見つからなかった。

 

 読売新聞の宇都宮支局員である清武悠樹は、地震発生の1時間半後、仙台総局に応援に行くよう指示された。後輩の記者が指名されかけたのをさえぎって手を上げた。

 栃木県北部を抜け、福島県、宮城県と進むうち、信号機が点灯しない交差点が増えた。カーラジオからは「仙台市若林区で数百人の遺体が発見」「福島で原発事故」と読み上げるニュースが次々に入る。

 仙台市に到着したのは、出発から26時間後の12日午後6時頃だった。

 翌日、東北総局の指示で宮城県気仙沼市に入った。同市鹿折地区はがれきで道路がふさがれて車で入れず、隣の地区から線路を歩いて入った。トンネルを抜けると、むっと熱気を感じた。真っ黒に焦げたがれきの山に、漁船が転がっていた。かれきからは炎と黒煙が上がっている。

 線路沿いに何かを見つけたのはそのときだった。長い2本の物がそろえて置いてあると思い、その先をみてどきりと した。黒いゴム長靴。遺体だった。長袖に長ズボン、袖から出た青白い手。おそるおそる目線を動かすと、顔にはタオルケットがかけられていた。

 我に返って手を合わせた後、消防隊員に知らせようと見回すと、近くにいた被災者から「もう伝えてある。昨日からそのままで、どうしようもないんだ」と声を掛けられ、がくぜんとした。

 

 毎日新聞東京本社の社会部の竹内良和は、地震発生から4週間ほど、岩手県陸前高田市の避難所を取材していた。竹内は、10年、20年先まで継続して取材に応じてくれる人を探していた。取材記者として12年目になる。被災者の再生の歩みを追いたいと、考えたのである。

  たまたま炊き出しの鍋を運んでいた女性の声をかけた。「店は流されました。夫は亡くなりました」。声を詰まらせて、両手で抱えた大鍋に大粒の涙を落としていた。これが「お女将さん」との出会いだ。

   2歳年上で70歳になる夫、3代目の長男と共に「やぶ屋」というそば店を営んでいたという。結婚から45年。先代が間 口1間半で始めた店を県外からも客が来る人気店に育て上げた。

 インターネットで店名を検索すると、飲食店の紹介サイトに店の写真が投稿されていた。写真を引き伸ばして、額に入れて手渡した。

 取材を切り出すと、なぜか表情はさえない。よくよく聞くと「息子から『こんな大変なときにマスコミの取材なんて何を考えているんだ』と叱られた」という。

 5月下旬、職人気質の長男が「被災地のことを多くの人に伝えてください」。記事化のOKサインをくれた。翌日、カメラ マンと避難所を訪ねた。髪をセットし、きれいな花柄の服を着た女将さんが笑顔を待っていてくれた。記事は社会面に大きく掲載された。女将さんからお礼の電話が入り、ある親族が「泣きながら記事を読みました」と言ってくれたのがうれしかった。

 誰もが記者に思いを語る勇気や、流ちょうな言葉を持っているとは限らない。伝えたいことがあっても、口をとざす人もいる。だからこそ相手の身になり、根気よく話を聞かねばならない。声なき声に耳を澄ませたい。

  ――

参考文献

新聞研究2011年7月号
未曾有の災害連鎖を伝える報道 福島民友新聞社・編集局長 加藤卓哉

新聞研究2011年7月号
総合力で新聞の力を示すために 読売新聞東京本社・編集局総務 松田陽三

新聞研究2011年12月号
東日本大震災と報道
(若手記者の経験)被災地取材から学んだこと
多くの死と生に接して-記事で地域再生の後押しも
河北新報 石巻総局 大友庸一


人とのつながりを財産に-被災者の思い受け、課題と向き合う
福島民友新聞社 報道部 渡辺哲也


「風化させない」を合言葉に-伝えたい中越・中越沖地震の教訓
新潟日報社 報道部 小熊隆也


声なき声に耳を澄ます-相手の身になり、根気よく
毎日新聞東京本社 社会部 竹内義和

記者は何を見たのか-3.11東日本大震災
読売新聞社 2011年11月

このエントリーをはてなブックマークに追加