ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

電通は動いた 下

 1923(大正12)年9月1日午前11時58分、大震災は、電通の社屋も大きく揺さぶった。地震によって社屋は破壊されず、屋内の器物もほとんど倒れなかった、と『電通社史』(1938年刊)は記す。しかしながら、大火にまかれてついに午後5時ごろ焼け落ちてしまう。                                                                                 

   二階の通信部も、一階の営業部も別に震動のために、破損を受けたり、取り乱されたりはしなかったが、それでも掛け時計は全部横にひん曲がってしまって、運動を停止していた。余震がひっきりなしに来る。それに電話線が全部切断されて、外部との通話が一切出来ない、余震が来るたびに通信部の社員は全部浮き腰になる落ち着いて仕事ができぬ、外へ出ようと言って、電通の社屋の前の篠宮と言う俥宿のひさしの下に、卓をすえて、そこで原稿をとりまとめることにした。

   社屋が焼け落ちるのは間違いないとみて、光永社長が社員を連れて、まず新橋駅に、そして帝国ホテルの一室を借り、さらに9月13日には丸の内の10号館を駆り営業所をして借りて移転した。この仮本社から、銀座に本社を新築するまで12年間を要している。この新本社は現在の電通銀座ビルである。このビルが面している道を「電通道路」と俗称されているのは、これによる。

 電通の社員が避難する直前、宮内省の記者クラブと本社をつなぐ専用電話がなった。電話が不通になったなかで、これだけが通じたのである。宮内省担当の記者からもたらされたのは、昭和天皇となる摂政が無事であるとの一報であった。しかしながら、この記事を送る手段は絶えていた。

  電通は、謄写版による印刷によってニュースを伝えようと考える。『電通社史』は、「お手のものの謄写版号外」の見出しを立てる。「通信社のことととて、(謄写版の)印刷機は数十台あり、(謄写版印刷にかける蝋引きの紙に原稿を刻む)鉄筆係も十何名という多数、しかも本職の熟練社員のこととて、瞬く間に数千枚を刷り上げて」とある。

 先の波多の証言と合わせないと理解が難しい。通信社の電通は、原稿を新聞社に配る際に謄写版印刷をひごろから利用していたのである。

   震災のためどの新聞社も活字ケースはひっくり返されて、どうすることもできず、ことに電線の切断による動力の停止は印刷機械の回転を不能ならしめ、号外を出そうにとするにも出きないことになってしまった。

  我が社にとって、謄写版はお手のものであり、手際よく短時間に数千部を刷って、これをばら撒いたわけで、おそらく各社に先立って数時間早くこの号外を発行し得たことであろう。この号外には、摂政殿下の御無事であらせらるることを拝記して、まず国民に安心を与うるとともに、折りしも内務省にいっている係の記者から受電した、中央気象台発表「余震はあるが、これ以上のものは決してこないから安心せよ」のニュースを大書きして掲載したものであった。なおこの謄写版号外は翌日帝国ホテルに移転後も、時々これを出して、行人に手渡しいまだニュースに恵まれない市民たちに、干天の慈雨のごとく悦ばれたものであった。

 ――

参考文献

 

新聞研究 別冊No.14

波多尚

1982年9月

 

新聞研究 別冊No.22

石橋恒喜

1987年10月

 

電通社史

日本電報通信社発行

1938年10月

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

電通は動いた 上

  日本最大の広告代理店である電通が、大震災のそのとき、どのように動いたかを論じるためには、電通の略史を紐解いて補助線としたい。電通の前身である日本電報通信社は、通信社と広告会社の業態が一体化していたのである。創業者である光永星郎は、日清戦争の従軍記者とされ、戦地の通信事情が悪く記事を十分に送ることができなかったことから、通信社を創業しようと思い立ったという。通信社の経営を強固なものとするためにまず、新聞社に広告と配信することから始めたのであった。

 光永は1901(明治34)年、日本広告株式会社を設立、その4カ月後に通信社機能を持つ電報通信社を併設したのだった。その後、1906(明治39)年、電報通信社を改組する形で、電通の前身である株式会社日本電報通信社とした。

 この通信部門は、新聞社と競うと同時に、同業の新聞聨合社と激しい特ダネ競争を繰り広げた。

 1931(昭和6)年、満州事変が起きると、政府は国内の通信機能の統一を企て、日本電報通信社の通信部門と、新聞聨合社の合併を促した。光永はこれに反対したが、抗し切れず、通信部門を切り離して広告専業となった。「電聨合併」と称される。この結果誕生したのが、同盟通信である。

日本電報通信社は当時から、略称として電通といわれていた。正式に社名として、株式会社電通となるのは、戦後の1955年(昭和30)年のことである。 しかしながら、戦前の1938年発刊の社史も『電通社史』と題して、電通の名称を誇っていることもあり、これからの記述も電通とする。

  電通の通信社としての機能は、大震災の前後でどのようなものであったろうか。通信部門を通信部といった。その部門に大学卒業生としては第1期生にあたらる波多尚は、次のように証言している。波多は、「電聨合併」後、同盟通信で働き、戦後は新しい新聞の創業にかかわった。

 大震災の前年の1922(大正11)年9月に東京市内15社の新聞社と同時送稿用の専用線「同報電話」が開設された。

   「号外物、号外物」と言ってガラガラとやってました。満州事変のころは、この回線でしきりに号外ものを送ってました。

  ガラガラ、とは通話するまえに、専用電話にとりつかれた相手方にベルを鳴らす小さなとってのようものを操作する音である。専用線のことを「ガラガラ」と通称した理由でもある。原稿は「電話で吹き込む」という。つまり、電話で読み上げる原稿を相手先の新聞社は書き取ったのである。

  この同報電話がなかった時代はどうしていたのか。波多によれば、自転車で原稿を新聞社に運んでいたという。

  東京と大阪間など幹線に専用電話網が引かれるのは、大震災の翌年1924(大正13)年7月1日のことである。それ以外の都市にはどのように原稿を送っていたのか。

    予約電話です。大阪から支線で北へ回すとか、北陸や東北は東京から予約電話で回すとか。朝刊時間、夕刊時間、締め切りをにらみ合わせてみなでるようになっている。

  「予約電話」も解説が必要である。回線が少ない通信事情のなかで、あらかじめ通話することを予約しておいて、回線を予約しておくのである。新聞社の支局や通信局・通信部から戦後しばらく、締め切りをにらんで、その日の記事の出稿を連絡する「定時連絡」もまた、通信のインフラの整備がなされていなかった時代のなごりである。

  さらに、そのときの電通について振り返る前に、その後の昭和史のなかで、通信社として最後の光りをみせたエピソードについて証言を通じて綴りたい。大震災の際の電通の通信社としての矜持を持った活動を知るうえで、電通の記者たちが特ダネをとった瞬間を見ることは意味がある。広告代理店としての電通の現在のイメージをいった払拭したうえで、大震災に戻りたいからである。

 東京日日の社会部記者として長く陸軍を担当した石橋恒喜は、電通が放った満州事変勃発のスクープについて語っている。石橋は戦後、日本新聞協会に入って、業界を支える功労者となった。

    満州事変勃発のニュースは、朝刊1面トップはみんな奉天発「電通」です。というのは、攻城砲でドカーンとやっているので、当時の特派員の連中は知らんはずはありません。ところが関東軍で電報を抑えちゃって、「打ってはいかん」ということになり、電報はすべて握り潰されたんです。

   そこで、「電通」の奉天の支局長が、頭を働かして、京城と連絡をとったらどうかということを考えたらしいんです。それで京城の支局を呼び出してみたら、真夜中のことですから、すぐに出たわけです。で、実は「奉天で日支両軍が衝突せり」という電報を京城経由で打ったんです。だからほかの社は、電報が着いているものと思っているのに、実は全部握り潰されていた。

   当時、私は、夜中に社から呼び出されて、駆けつけて来た時に、「おい、ゲラを持っていけ」と言われてゲラを見たら、「奉天発、日支両軍交戦中」という記事が「電通発」で、載っているのです。「電通」の大特ダネですよ。

 

――

参考文献

 

新聞研究 別冊No.14

波多尚

1982年9月

 

新聞研究 別冊No.22

石橋恒喜

1987年10月

 

電通社史

日本電報通信社発行

1938年10月

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

野間の決意 下

 上智大学名誉教授の渡部昇一は、『野間清治に学ぶ運命好転の法則』のなかで、大震災の記録集について、それまでにない宣伝方法を評価する。いまでは一般的に行われている手法であるが、当時としては卓抜であった。

 

      ポスターを使うという方法だった。ポスターをいたるところに掲げたのである。それから、ダイレクトメールを出した。少年に金を持たせて各地の郵便局に使いに出し、まずハガキを60万枚集めた。いまのようにパソコンがあるわけではないから、宛名書きはすべて手作業である。それだけの数のハガキを出すのも大変だった。市内では受け付けてくれないところもあったから、少年たちを四方に飛ばして、浦和や熊谷まで行って投函させたものもあった。

 

 野間のそばにあった笛木は、野間と社員の奮戦ぶりを次のように活写する。

   ポスターなども印刷が間に合わないために、肉筆でどんどん書いて、それを書店に送るのだ。社長も陣頭に立って、立て看板などを書いた。本邸のひろいお勝手元の板の間に紙を広げて皆がポスター書きをやっていると、社長が奥から出てきて、「私がひとつ手本を示してやろう」などと言いながら筆を執って墨痕淋漓『大正大震災大火災』と書いた。それは実に見事がものであった。

   この記録集はどのぐらい売れたのか。完売であったのは間違いなさそうである

  渡部は諸説ある、としたうえで「部数は50万部と野間は書いているが、実際は50万部も刷れず、35万部だったという説もある」としている。いずれにしても、当時はもとより、今日でも大ベストセラーである。

 笛木は「売れ行き予想投票」という見出しを著作のなかで掲げて、野間の50万部説をとっている。野間の面目躍如のシーンである。

    ある晩、少年10人ばかりが社長の室に呼ばれ、

   「『大正大震災大火災』は、非常な売れ行きで喜んでいる。最初20万部造ったがとても足りない。此の上あとどの位売れると思うか、それぞれ自分の考えを書いて出してもらいたい」

    とそんな話があったので、皆自分のかんがえるところを紙に書いて提出した。開かれた結果は、5万から10万までが殆どであった。私だけが飛び抜けた30万であった。社長は「予想はなかなか難しいが、多分笛木の考えが一番近い結果となるであろう。私も大体そのように考えている」と言われた。社長の予想は的中し、講談社の盤石の基礎を堅める結果となったのであった。

 ――

参考文献

 

「仕事の達人」の哲学

野間清治に学ぶ運命好転の法則

渡部昇一

致知出版

2003年12月

 

私の見た野間清治

講談社創始者・その人と語録

笛木悌治

1979年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

野間の決意 上

  講談社の創業者である野間清治は、明治維新で没落した士族の三男として生まれ、苦学して地元の高等小学校の教師、旧制沖縄中学校の教師などを経て、東京帝国大学の書記となった。

 東大弁論部の設立にかかわったのが縁となり、その速記録の販売を思い立ち、1909(明治42)年、大日本雄弁会を設立した。その後、講談の速記録を販売して成功、1911(明治44)年講談社を設立した。両社はのちに、1925(大正14)年大日本雄弁会講談社となる。

 

 講談社設立から、「少年倶楽部」、「現代」、「婦人倶楽部」、「少女倶楽部」の草創期の4誌を発刊して、出版社としての地位を築いた。

 そのとき、大震災は起きた。

 講談社の草創期の社員でのちに「幼年倶楽部」編集長などを務めた笛木悌治は『私の見た野間清治』でその瞬間を記した。笛木は青年の社員とは別に「少年」と呼ばれた見習いで1919(大正8)年に入社した。

 

   社長は本邸の雁の間で、岡本洋紙店の岡本正五郎と対談中であったが、すぐ部屋から外に出られた。

   余震は絶え間なく襲って来る。社長は、社員や少年達に怪我はなかったかと、それを一番心配され、早く調べて報告するように言われたので、幾人かの少年に命じて、本邸にいる人たちを全部点検したら、誰もかすり傷一 つ受けた者はない。

     やがて本社からの使いが到着して、本社も無事であった、返品倉庫が潰れ ただけで誰も怪我をした者はなかった。この報告を受けた社長は、「全くこれは幸運であった。建物が潰れた事などより、社員や少年に怪我があっ てはならないと、そればかりを心配していたのだが、それは本当によかった」

 

 野間は無事だった社員たちを総動員して、『大正大震災大火災』の写真を多数使った、記録出版に向かうことになる。日本新聞協会の新聞博物館(横浜市)の常設展示場のなかで、新聞広告のコーナーで、大日本雄弁会の名称と住所、連絡先を掲載して、この記録集の購読を募る、縦が新聞の5段にも相当する広告はひときわ目立つ。「天皇皇后両陛下」「皇太子殿下、妃殿下」が見たという惹句が大きく躍っている。

 野間の出版に対する決意について、笛木は野間自身の言葉を引いている。

    「東京の大部分が灰燼に帰してしまった。日本の首都東京に縁故のある人達は、全国的に相当の数にのぼっているであろう。その人達は、東京は一体どうなっているだろうか。自分の知っているあの人はどうしたろうかと、心配をし、様子を知りたいと思っているであろう。

   東京の報道の機能は全滅に近い状態となり、新聞もでない、雑誌も出ない。しかし、何とかして此の実状を全国に知らせなければならない。それが出版人の責務ではないか。どんな苦労をしてでもこれをやらなければ、世間に申し訳けがない。否、お国対しても、、申し訳けない」

 

――

参考文献

 

「仕事の達人」の哲学

野間清治に学ぶ運命好転の法則

渡部昇一

致知出版

2003年12月

 

私の見た野間清治

講談社創始者・その人と語録

笛木悌治

1979年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

謄写版刷りから活字を求めて

 日本経済新聞の前身である中外商業新聞は、完成直前の社屋は倒壊をまぬがれたが1日夜、内部を焼失した。『日本経済新聞百年史』は謄写版刷りの号外の発行という非常手段を講じた経緯を振り返る。

    震災と同時に通信網は途絶し、工場も活字が散乱して手のつけられない状況の中で、取りあえず在社社員が手分けをして中央気象台から地震情報を取材、本社の前に停止したままの市電の中に謄写版を持ち込み、号外を刷って付近に配布あるいは貼り出しをした。

   本社としての第一着手は活字で刷った号外の発行であり、3日は四谷の町工場を探し当てて数回発行、翌4日から焼け残った市ヶ谷の秀英舎(現在の大日本印刷)工場で印刷する話がまとまり、号外発行からはじめて11日、ようやく2ページの新聞を発行、15日から4ページ建てとし、21日付からは応急修理のできた本社工場に切り替えることができた。

   復旧で最も苦労したのは活字の入手だった。郡山市で当時休刊中の「東北日報」を尋ね当て、強引に口説き落としてようやく9ポイント活字をケースごと手に入れた。

 

 

――

参考文献

 

読売新聞80史

読売新聞

1955年12月

 

朝日新聞社史 大正・昭和戦前編

朝日新聞社

1991年10月

 

別冊新聞研究 No.5

石井光次郎

1977年10月

 

毎日新聞七十年

毎日新聞社

1952年2月

 

日本経済新聞百年史

日本経済新聞社

1976年

 

新聞研究 別冊No.13

務臺光雄

1981年10月

 

このエントリーをはてなブックマークに追加