ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

謄写版刷りから活字を求めて

 日本経済新聞の前身である中外商業新聞は、完成直前の社屋は倒壊をまぬがれたが1日夜、内部を焼失した。『日本経済新聞百年史』は謄写版刷りの号外の発行という非常手段を講じた経緯を振り返る。

    震災と同時に通信網は途絶し、工場も活字が散乱して手のつけられない状況の中で、取りあえず在社社員が手分けをして中央気象台から地震情報を取材、本社の前に停止したままの市電の中に謄写版を持ち込み、号外を刷って付近に配布あるいは貼り出しをした。

   本社としての第一着手は活字で刷った号外の発行であり、3日は四谷の町工場を探し当てて数回発行、翌4日から焼け残った市ヶ谷の秀英舎(現在の大日本印刷)工場で印刷する話がまとまり、号外発行からはじめて11日、ようやく2ページの新聞を発行、15日から4ページ建てとし、21日付からは応急修理のできた本社工場に切り替えることができた。

   復旧で最も苦労したのは活字の入手だった。郡山市で当時休刊中の「東北日報」を尋ね当て、強引に口説き落としてようやく9ポイント活字をケースごと手に入れた。

 

 

――

参考文献

 

読売新聞80史

読売新聞

1955年12月

 

朝日新聞社史 大正・昭和戦前編

朝日新聞社

1991年10月

 

別冊新聞研究 No.5

石井光次郎

1977年10月

 

毎日新聞七十年

毎日新聞社

1952年2月

 

日本経済新聞百年史

日本経済新聞社

1976年

 

新聞研究 別冊No.13

務臺光雄

1981年10月

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界に発信する

世界に大震災を発信すべき通信社であった、電通の前身の日本電報通信も被災したため、その役割は東京日日が果たすことになった。

    関東震災が欧米に伝えられたのは、第一震災直後、磐城無電局の放送がサンフランシスコ無電局に感受伝播されたのが第一報であった。しかし、叙述的な詳報は、本社が2日早朝UPに打電したのが第一報であった。それは欧米に伝えられ、意想外の災害に諸外国の深甚な同情を喚起した。

   UPは日本では電通と通信交換を行っていた。したがって、東京にも特派員を常設していたが、震災によって東京からは通信連絡が不可能となった。UPは本社に対して、高田元三郎氏(大毎外国通信部副部長)あてに震災報道の援助を要請してきた。かつてワシントン海軍軍縮会議報道にUPが本社のために非常に尽力、高田氏を通じて非公式関係が結ばれていた。高田氏は、大阪に集まってくる刻々の材料をまとめて、震災の模様を英文でUP本社に詳報した。そのなかにHeart of Japan Is Blooding(日本の心臓は出血している)という辞句があった。それは、全米のジャーナリズムおよび一般読者を著しく刺激した。

 ――

参考文献

 

読売新聞80史

読売新聞

1955年12月

 

朝日新聞社史 大正・昭和戦前編

朝日新聞社

1991年10月

 

別冊新聞研究 No.5

石井光次郎

1977年10月

 

毎日新聞七十年

毎日新聞社

1952年2月

 

日本経済新聞百年史

日本経済新聞社

1976年

 

新聞研究 別冊No.13

務臺光雄

1981年10月

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京唯一の新聞

震災による火災を免れた東京日日新聞はどうであったか。『毎日新聞七十年』は、「関東震災と東京唯一の新聞発行」の項目を立てる。

 

   東京の日刊紙17社のうち、火災をまぬがれたのは東日のほか報知新聞、都新聞、合わせて3社だけであった。東日では第一震によって事態が容易ではないことを察すると同時に、社屋を防衛する一方、城戸主筆の「新聞は絶対に休刊しない」との方針の下に、直ちに号外を発行することになった。

   しかし、すでに電気もガスも切断されていた。ケースがくつがえって散乱した活字を、苦心して拾い集め、第1号外数百枚を手刷り印刷、午後2時ごろ配布した。次いで午後5時すぎ、大型の第2号外を発行した。しかし、とっさの間のこととて基本活字を夢中に拾い集めたために、第1、第2号外とも見出しも本文も基本活字ばかりの号外となった。

   一方、右の手刷り号外はほとんど貼出し用、撒布用ぐらいの枚数しか発行できなかったので、印刷可能の場所を求めて、前橋上毛新聞に交渉、既発行の号外の記事をもととして、同工場で2日午後10時ごろから印刷開始、約10万枚(2分の1ページ大)を刷り上げた。うち約5万枚は各地主要言売捌店に分送、残りは東京、千葉に配布した。この2日附の東日は、非常事態のために体裁は整っていなかったが、その日の東京唯一の新聞であり、震災後の東京初めての新聞であった。

 

――

参考文献

 

読売新聞80史

読売新聞

1955年12月

 

朝日新聞社史 大正・昭和戦前編

朝日新聞社

1991年10月

 

別冊新聞研究 No.5

石井光次郎

1977年10月

 

毎日新聞七十年

毎日新聞社

1952年2月

 

日本経済新聞百年史

日本経済新聞社

1976年

 

新聞研究 別冊No.13

務臺光雄

1981年10月

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

泥だらけで大阪に到着

  通信が断絶する中で、東京朝日は大阪朝日に大震災の情報を伝えようと、独身者を中心に3班を編成して、地震発生の当日に西を目指させた。翌日第4班も出発した。横浜から東海道線を目指す班、中央線沿い、東海道沿い、そして最後の班は北陸から大阪に向かった。

 4日午前8時半、徒歩と自動車、列車を乗り継いで、大阪朝日にどろだらけの姿で到着したのは、東海道沿いのルートをとった東京社会部の福馬謙造だった。

 『朝日新聞社史』は、福馬の手記をもって綴っている。

 

   玄関から入ろうとすると、忽ち守衛にとめられた。全身泥まみれ、風来坊のような侵入者を、守衛がとめたのはもっともである。「どこへ行くのだ」「編輯へ行くのです。編輯室は二階ですか」「勝手に入られては困る。何の用事かね」「東京から来たのだ。急いでいるんだ」「そんなこと言っても……、手に持っているのは何かね」「写真の包みだ。僕は東京朝日の記者だよ」

  広い編輯室は人で一ぱいであるのに驚かされた。 「東京を1日夜立って、やっとやって来ました」というと、「やぁ、ご苦労、すぐ号外を出すから、東京を立ってから大阪に着くまでのことを書いてくれ給え」

  私は鉛筆をとり上げた。すぐそばには大江さん(社会部長大江素天)が立っている。社会部も整理部も原稿の出来るのを待って、一枚々々書くそばから持って行く。私は張り切って一気呵成に、新聞一頁の原稿を書きなぐった。書き終えて飲んだサイダーがうまかった。編輯局長室に連れて行かれた。そこには村山社長が居られた。私はこの時初めてお目に掛かった。社長は「御苦労じゃった」と言って私の手をとって堅く握った。

  福馬が書いた4日朝の1頁の号外には、東京本社から大事に持ってきた大震災の被害を写した未現像の写真が4枚使われた。「日比谷公園松本楼の焼失」「初震より3時間後の中央気象台――大時計は11時50分辺でピッタリと止まっている」「崩壊した京橋電話局――屋上飾がまず落下し下を通行中の人馬が惨死したところ」「芝浦の避難民」である。その後、福馬とは別班の記者たちも次々に大阪朝日に到着した。東京の震災の写真は、4日の夕刊、5日の朝刊にも多数掲載された。大阪のライバル紙は5日朝刊になっても1枚もなかった。

 福馬は泥だらけの服装のままで、5日夜、中之島公会堂で開かれた「震災報告大講演会」の壇上に立った。会場は超満員となり場外にまで聴衆はあふれた。

 

 東京朝日は新聞用紙の確保に幹部が奔走するとともに、社外の日清印刷と博文館の協力と得て、新聞発行の再開を果たした。9月6日から号外を出し、12日には11日ぶりの朝刊となる4頁をだした。25日には夕刊4頁も復刊した。

 ――

参考文献

 

読売新聞80史

読売新聞

1955年12月

 

朝日新聞社史 大正・昭和戦前編

朝日新聞社

1991年10月

 

別冊新聞研究 No.5

石井光次郎

1977年10月

 

毎日新聞七十年

毎日新聞社

1952年2月

 

日本経済新聞百年史

日本経済新聞社

1976年

 

新聞研究 別冊No.13

務臺光雄

1981年10月

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

皇居前広場に避難

 『読売新聞八十年史』は、大震災直前までに、部数の増加や広告料金を引き上げるのに成功したことを述べたあとに、「関東大震災で画べい(餅)に帰す」との見出しを掲げる。

読売新聞は、大正12(1923)年8月19日鉄筋3階建ての新社屋が、現在の銀座に完成し、新築記念号を発行するとともに、大震災が発生した9月1日午後6時から丸の内の東京會舘で落成祝賀会を開こうとしていたのである。

 

   第一回の激震と同時にわが社の電気、ガス、水道は一斉に停止して輪転機の運転は不可能となり、活字ケースは全部転覆してこれまた使用不可能となった。しかし、新築の社屋そのものはさしたる被害がなかったので、関係社員は通信機能を失った社屋内に踏みとどまり、その後も断続的に襲来する激しい余震をおかしてガリ版ずりの号外を数回にわたって発行し、危険をおかして各方面に配布した。また、特報ビラ・ニュースを市中の主要な場所にはりつかるなど、地震の実況と情報報道に奮闘した。だが、同日夜に入って、日本橋方面を一なめにした大火は銀座方面に延焼し、本社を護っていた社員らはついに二重橋広場に避難するの余儀なきにいたり、新築早々の本社社屋は無残にも焼失するに至ったのである。

  『八十年史』は、関東大震災の項の最後に当時の松山社長が翌大正13(1924)年2月、経営不振の責任をとって退いたことを記して、「讀賣新聞社史は、ここにその前史を終わり」として、灰燼に帰した新聞社を立て直す正力松太郎による社業に筆を継いでいる。関東大震災が読売新聞に致命的な打撃を与えたことを物語っている。あるいはこういう言い方もできるだろう。大震災がなかったとしたら、内務官僚だった正力が新聞業界に入ることはなかったかもしれない。

  東京朝日の経理部長だった石井光次郎もまた、皇居前広場に避難した新聞人のひとりである。石井は内務省の官僚で警視庁勤務の経験もある。創業者の村山龍平に乞われて、大震災の前年の大正11(1922)年7月に朝日新聞社に入社、編集部門を担った緒方竹虎とともに日本の代表紙に育てた功績者である。専務まで務めた後、政界に入り閣僚を経験し、衆院議長までなった。

 当時の東京朝日の本社は、京橋区滝山町にあった。大正9(1920)年11月に新築されたばかりの鉄筋コンクリート四階建だった。

石井はそのときを振り返る。

    「朝日」の社屋に火が入ったのは夕方でしたね。わたしは最後までおりました。とにかく独身ものだけ残れ。家族持ちはいっぺん家へ帰って様子をみてこい。そして無事だったら帰ってこいといって独身者だけのこしった。そのうち、火が新橋の方に向いていたのに、銀座を回って、逆に新橋の方から滝山町の裏側に燃えてきた。若い奴らが暫くは、もみ消していたが、そのうち回りが焼けて「朝日」だけが残ってしまった。そこで皆、大事なものだけを持って、二重橋の真ん前に逃れ、「朝日」の本部とした。

  火の回りが早くて、3~4時間たって、どうなっているか見ようとしたら、「朝日」はすっかり焼けて、巻き取り紙(新聞用紙)なんかすっかり燃えてしまっていた。その晩のうちに帝国ホテルに使いをやって食糧を分けてもらい、部屋を借りた。警視庁に使いをやって、正力松太郎が官房主事をやっていたので、元の役人仲間だから正力のところへ行って「あそこ非常食があるだろうから、できるだけ食糧をもってこい」といってパンと、なにがうんともらってきた。二重橋前、何もありませんからね。

  『朝日新聞社史 大正・昭和戦前編』は、そのときの東京朝日の内部を証言によって再現している。

    通信部長美土路昌一は「東京版」を創設するため、記者や印刷要員を増員することになり、その日午後1時に面接のため、応募者20人を集めていた。窓外に目をやると、隣家の壁がバケツで水を流すように、ザーッとくずれ落ちてゆく。美土路はとっさに「活字台が倒れていはしないか」と考えた。活字が散乱しては、号外が出せぬ、夕刊発行もあぶない。まだゆれている社内を工場へかけ下りた。工場は予想どおり、活字が床に散乱し、みな呆然自失の有り様だった。「号外は出せるか」と美土路はどなった。「子の有り様です。無理かも知れない」という声が返ってきた。美土路はその声を後ろに編輯局へかけ上がった。「そうだ。一刻も早く『大阪朝日』へ連絡せねば」と思ったのである。しかし、電話はすでに普通で、回復の見込みは不明ということだった。

  号外は出た。しかしながら、その部数は300枚ほどだった。工場内の活字ケースのほとんどが大音響とともに倒れ、見出し用の大きな活字と本文用の活字が混ざったような状態になったのである。できあがった号外は、本文用の2号活字がそろわなかったので、見出し用の活字が混じったものであった。

    整理部長緒方竹虎は1日の前夜、会社に泊まっていた。ちょうど加藤友三郎内閣がつぶれ、後任の首相山本権兵衛が組閣中だったので、かれは社内で夜を徹することになttなおである。その緒方の話はこうだ。「朝、編輯局に出て早版の整理をやっていたら、地震がきた。しばらくたって、揺り返しがやってきたが、その時がとてもひどく、写真室の硫酸が流れだしたり、社内はひどい有り様だった。工場の連中には、割合に社の近い月島あたりから通っている者が多かったので、“家がつぶれているかも知れないから、近い人は帰ってみろ。無事だったら戻って来てくれ、やられていたらもどらなくてもよいが――”といって帰した。しかし大体全員もどって来た。あの時はほうとうに涙ぐましい気がした」

 

 大震災が起きた時、東京朝日の編輯局長の安藤正純と、社会部長の原田譲二は欧米視察に海外出張中で不在だった。そして、社長の村山龍平は本拠地である大阪にいたのである。しかし、のちに社長となる緒方と美土路、そして石井という朝日の経営を担う人材がいたのである。

 ――

参考文献

 読売新聞80史

読売新聞

1955年12月

 

朝日新聞社史 大正・昭和戦前編

朝日新聞社

1991年10月

 

 別冊新聞研究 No.5

石井光次郎

1977年10月

 

毎日新聞七十年

毎日新聞社

1952年2月

 

日本経済新聞百年史

日本経済新聞社

1976年

 

新聞研究 別冊No.13

務臺光雄

1981年10月

 

このエントリーをはてなブックマークに追加