ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

野間の決意 下

 上智大学名誉教授の渡部昇一は、『野間清治に学ぶ運命好転の法則』のなかで、大震災の記録集について、それまでにない宣伝方法を評価する。いまでは一般的に行われている手法であるが、当時としては卓抜であった。

 

      ポスターを使うという方法だった。ポスターをいたるところに掲げたのである。それから、ダイレクトメールを出した。少年に金を持たせて各地の郵便局に使いに出し、まずハガキを60万枚集めた。いまのようにパソコンがあるわけではないから、宛名書きはすべて手作業である。それだけの数のハガキを出すのも大変だった。市内では受け付けてくれないところもあったから、少年たちを四方に飛ばして、浦和や熊谷まで行って投函させたものもあった。

 

 野間のそばにあった笛木は、野間と社員の奮戦ぶりを次のように活写する。

   ポスターなども印刷が間に合わないために、肉筆でどんどん書いて、それを書店に送るのだ。社長も陣頭に立って、立て看板などを書いた。本邸のひろいお勝手元の板の間に紙を広げて皆がポスター書きをやっていると、社長が奥から出てきて、「私がひとつ手本を示してやろう」などと言いながら筆を執って墨痕淋漓『大正大震災大火災』と書いた。それは実に見事がものであった。

   この記録集はどのぐらい売れたのか。完売であったのは間違いなさそうである

  渡部は諸説ある、としたうえで「部数は50万部と野間は書いているが、実際は50万部も刷れず、35万部だったという説もある」としている。いずれにしても、当時はもとより、今日でも大ベストセラーである。

 笛木は「売れ行き予想投票」という見出しを著作のなかで掲げて、野間の50万部説をとっている。野間の面目躍如のシーンである。

    ある晩、少年10人ばかりが社長の室に呼ばれ、

   「『大正大震災大火災』は、非常な売れ行きで喜んでいる。最初20万部造ったがとても足りない。此の上あとどの位売れると思うか、それぞれ自分の考えを書いて出してもらいたい」

    とそんな話があったので、皆自分のかんがえるところを紙に書いて提出した。開かれた結果は、5万から10万までが殆どであった。私だけが飛び抜けた30万であった。社長は「予想はなかなか難しいが、多分笛木の考えが一番近い結果となるであろう。私も大体そのように考えている」と言われた。社長の予想は的中し、講談社の盤石の基礎を堅める結果となったのであった。

 ――

参考文献

 

「仕事の達人」の哲学

野間清治に学ぶ運命好転の法則

渡部昇一

致知出版

2003年12月

 

私の見た野間清治

講談社創始者・その人と語録

笛木悌治

1979年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

野間の決意 上

  講談社の創業者である野間清治は、明治維新で没落した士族の三男として生まれ、苦学して地元の高等小学校の教師、旧制沖縄中学校の教師などを経て、東京帝国大学の書記となった。

 東大弁論部の設立にかかわったのが縁となり、その速記録の販売を思い立ち、1909(明治42)年、大日本雄弁会を設立した。その後、講談の速記録を販売して成功、1911(明治44)年講談社を設立した。両社はのちに、1925(大正14)年大日本雄弁会講談社となる。

 

 講談社設立から、「少年倶楽部」、「現代」、「婦人倶楽部」、「少女倶楽部」の草創期の4誌を発刊して、出版社としての地位を築いた。

 そのとき、大震災は起きた。

 講談社の草創期の社員でのちに「幼年倶楽部」編集長などを務めた笛木悌治は『私の見た野間清治』でその瞬間を記した。笛木は青年の社員とは別に「少年」と呼ばれた見習いで1919(大正8)年に入社した。

 

   社長は本邸の雁の間で、岡本洋紙店の岡本正五郎と対談中であったが、すぐ部屋から外に出られた。

   余震は絶え間なく襲って来る。社長は、社員や少年達に怪我はなかったかと、それを一番心配され、早く調べて報告するように言われたので、幾人かの少年に命じて、本邸にいる人たちを全部点検したら、誰もかすり傷一 つ受けた者はない。

     やがて本社からの使いが到着して、本社も無事であった、返品倉庫が潰れ ただけで誰も怪我をした者はなかった。この報告を受けた社長は、「全くこれは幸運であった。建物が潰れた事などより、社員や少年に怪我があっ てはならないと、そればかりを心配していたのだが、それは本当によかった」

 

 野間は無事だった社員たちを総動員して、『大正大震災大火災』の写真を多数使った、記録出版に向かうことになる。日本新聞協会の新聞博物館(横浜市)の常設展示場のなかで、新聞広告のコーナーで、大日本雄弁会の名称と住所、連絡先を掲載して、この記録集の購読を募る、縦が新聞の5段にも相当する広告はひときわ目立つ。「天皇皇后両陛下」「皇太子殿下、妃殿下」が見たという惹句が大きく躍っている。

 野間の出版に対する決意について、笛木は野間自身の言葉を引いている。

    「東京の大部分が灰燼に帰してしまった。日本の首都東京に縁故のある人達は、全国的に相当の数にのぼっているであろう。その人達は、東京は一体どうなっているだろうか。自分の知っているあの人はどうしたろうかと、心配をし、様子を知りたいと思っているであろう。

   東京の報道の機能は全滅に近い状態となり、新聞もでない、雑誌も出ない。しかし、何とかして此の実状を全国に知らせなければならない。それが出版人の責務ではないか。どんな苦労をしてでもこれをやらなければ、世間に申し訳けがない。否、お国対しても、、申し訳けない」

 

――

参考文献

 

「仕事の達人」の哲学

野間清治に学ぶ運命好転の法則

渡部昇一

致知出版

2003年12月

 

私の見た野間清治

講談社創始者・その人と語録

笛木悌治

1979年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

謄写版刷りから活字を求めて

 日本経済新聞の前身である中外商業新聞は、完成直前の社屋は倒壊をまぬがれたが1日夜、内部を焼失した。『日本経済新聞百年史』は謄写版刷りの号外の発行という非常手段を講じた経緯を振り返る。

    震災と同時に通信網は途絶し、工場も活字が散乱して手のつけられない状況の中で、取りあえず在社社員が手分けをして中央気象台から地震情報を取材、本社の前に停止したままの市電の中に謄写版を持ち込み、号外を刷って付近に配布あるいは貼り出しをした。

   本社としての第一着手は活字で刷った号外の発行であり、3日は四谷の町工場を探し当てて数回発行、翌4日から焼け残った市ヶ谷の秀英舎(現在の大日本印刷)工場で印刷する話がまとまり、号外発行からはじめて11日、ようやく2ページの新聞を発行、15日から4ページ建てとし、21日付からは応急修理のできた本社工場に切り替えることができた。

   復旧で最も苦労したのは活字の入手だった。郡山市で当時休刊中の「東北日報」を尋ね当て、強引に口説き落としてようやく9ポイント活字をケースごと手に入れた。

 

 

――

参考文献

 

読売新聞80史

読売新聞

1955年12月

 

朝日新聞社史 大正・昭和戦前編

朝日新聞社

1991年10月

 

別冊新聞研究 No.5

石井光次郎

1977年10月

 

毎日新聞七十年

毎日新聞社

1952年2月

 

日本経済新聞百年史

日本経済新聞社

1976年

 

新聞研究 別冊No.13

務臺光雄

1981年10月

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界に発信する

世界に大震災を発信すべき通信社であった、電通の前身の日本電報通信も被災したため、その役割は東京日日が果たすことになった。

    関東震災が欧米に伝えられたのは、第一震災直後、磐城無電局の放送がサンフランシスコ無電局に感受伝播されたのが第一報であった。しかし、叙述的な詳報は、本社が2日早朝UPに打電したのが第一報であった。それは欧米に伝えられ、意想外の災害に諸外国の深甚な同情を喚起した。

   UPは日本では電通と通信交換を行っていた。したがって、東京にも特派員を常設していたが、震災によって東京からは通信連絡が不可能となった。UPは本社に対して、高田元三郎氏(大毎外国通信部副部長)あてに震災報道の援助を要請してきた。かつてワシントン海軍軍縮会議報道にUPが本社のために非常に尽力、高田氏を通じて非公式関係が結ばれていた。高田氏は、大阪に集まってくる刻々の材料をまとめて、震災の模様を英文でUP本社に詳報した。そのなかにHeart of Japan Is Blooding(日本の心臓は出血している)という辞句があった。それは、全米のジャーナリズムおよび一般読者を著しく刺激した。

 ――

参考文献

 

読売新聞80史

読売新聞

1955年12月

 

朝日新聞社史 大正・昭和戦前編

朝日新聞社

1991年10月

 

別冊新聞研究 No.5

石井光次郎

1977年10月

 

毎日新聞七十年

毎日新聞社

1952年2月

 

日本経済新聞百年史

日本経済新聞社

1976年

 

新聞研究 別冊No.13

務臺光雄

1981年10月

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京唯一の新聞

震災による火災を免れた東京日日新聞はどうであったか。『毎日新聞七十年』は、「関東震災と東京唯一の新聞発行」の項目を立てる。

 

   東京の日刊紙17社のうち、火災をまぬがれたのは東日のほか報知新聞、都新聞、合わせて3社だけであった。東日では第一震によって事態が容易ではないことを察すると同時に、社屋を防衛する一方、城戸主筆の「新聞は絶対に休刊しない」との方針の下に、直ちに号外を発行することになった。

   しかし、すでに電気もガスも切断されていた。ケースがくつがえって散乱した活字を、苦心して拾い集め、第1号外数百枚を手刷り印刷、午後2時ごろ配布した。次いで午後5時すぎ、大型の第2号外を発行した。しかし、とっさの間のこととて基本活字を夢中に拾い集めたために、第1、第2号外とも見出しも本文も基本活字ばかりの号外となった。

   一方、右の手刷り号外はほとんど貼出し用、撒布用ぐらいの枚数しか発行できなかったので、印刷可能の場所を求めて、前橋上毛新聞に交渉、既発行の号外の記事をもととして、同工場で2日午後10時ごろから印刷開始、約10万枚(2分の1ページ大)を刷り上げた。うち約5万枚は各地主要言売捌店に分送、残りは東京、千葉に配布した。この2日附の東日は、非常事態のために体裁は整っていなかったが、その日の東京唯一の新聞であり、震災後の東京初めての新聞であった。

 

――

参考文献

 

読売新聞80史

読売新聞

1955年12月

 

朝日新聞社史 大正・昭和戦前編

朝日新聞社

1991年10月

 

別冊新聞研究 No.5

石井光次郎

1977年10月

 

毎日新聞七十年

毎日新聞社

1952年2月

 

日本経済新聞百年史

日本経済新聞社

1976年

 

新聞研究 別冊No.13

務臺光雄

1981年10月

 

このエントリーをはてなブックマークに追加