ブログ

京浜工業地帯はラストベルトならず 「川崎方式」のベンチャー支援

2018年11月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加

フジサンケイビジネスアイ 10月19日付 寄稿

 さいたま市大宮駅から東京駅を経由して、川崎駅から横浜駅を結ぶJR京浜東北線は、日本有数の京浜工業地帯を貫くように走る。平成27年度版大都市データランキングによれば、川崎市は工業分野において、授業員1人当たりの製造品出荷額が1位の9400万円、学術・開発研究機関の従業員数の割合が1位の1.64%で他都市を圧倒している。京浜工業地帯の中核都市は、米中西部と大西洋岸中部地域の「ラストベルト(錆びた地帯)」ではない。

 川崎駅から再開発地区の落葉が近い並木道をしばらく歩くと、川崎市産業振興財団はある。設立30周年を迎えた財団は、「川崎方式」と呼ばれる中小企業の支援の拠点である。

 なかでも、「かわさき起業家オーディション」は平成13年から始まった、ベンチャーや新規事業を発掘する催し。10月5日に開かれた選考会で115回を数える。年に6回もある。応募者から審査委員会が事前に選考し数社が、最終選考会のプレゼンテーションに臨む。主要な賞に賞金はない。金融機関などから、融資を得られたり、ベンチャー支援の団体からエンゼル資金を得られたりする。

 最新の受賞者をみると、地場の中堅印刷会社が開発したCO₂ゼロの印刷方法を地球温暖化対策に拡大したいという新規事業、地域コインをLINEのアプリケーションと連動して導入して普及する事業などが最終選考会を勝ち抜いた。

 前回114回の受賞者である小松和徳さん(55)はフリーのテレビディレクターとして個人事務所を経営する異色の応募者だった。ペットの樹木葬のための植木鉢というアイデアも、本業とは畑違いだ。愛犬を亡くしたのは2年ほど前、ペットロス症候群のなかで、亡骸をどのように弔うのか悩んだという。ペット専門の火葬業者にいったん骨にしてもらい、骨壺を受け取った。埋葬方法は、庭に埋めるのがいいのだが、小松さんはマンション暮らし。ペット専用の墓地に入れれば費用がかなりかかる、骨壺のまま自宅に置いておくと骨にカビが生える可能性があることもわかった。

 植木鉢に骨を入れて、樹木葬にしたらどうか、と閃いた。知り合いの陶芸家にペットの名前入りの陶器の鉢を焼いてもらい、樹木はライムなどの柑橘系が適していることなどを研究して、ビジネスの骨格は固まった。受賞によって、地元の地域金融機関から融資も得られ、クラウドファンディングも始めた。並行して、実用新案の登録や「ペットの樹木葬」などの商標登録も済ませている。年明けから本格的にネット販売する予定である。

 「川崎方式」の中小企業支援は、専門のコーディネーターが事業の指導をするとともに、大企業や中小企業同士を結びつける活動を恒常的に行っている。コーディネーターが見つけ出した企業を起業家オーディションに送り出すこともある。隣接する東京都大田区や横浜市とのきずなも強い。行政の境を超えて、中小企業を紹介し合っている。京浜工業地帯は錆びつかないで、いまだに輝いている。   

このエントリーをはてなブックマークに追加