ブログ

情報共有の失敗

2017年12月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加

政治経済情報誌・ELNEOS 9月号寄稿 ほまれもなく そしりもなく 「田部康喜」広報マンの攻防」

 歴史学者の戸部良一氏らによる『失敗の本質』(中公文庫)は、太平洋戦争における日本軍の戦略と組織を分析して、その敗因を探った名著として、組織の危機管理を担当する人々の必読の書とされてきた。

 ただ、現代企業の広報パーソンにとっては、戦争という極限状態にあった軍隊と、自らの企業の組織とを結びつけて理解するためには、熟考のひと段階が必要である。

 福島第一原子力発電所の事故に焦点を当てた、最新刊の『失敗の本質』(講談社現代新書)は、2011年3月11日に起きた事故以来、NHKスペシャル「メルトダウン」シリーズをてがけてきたチームによる力作(以下、NHKの『失敗の本質』)である。

 企業の広報パーソンは、ふたつの『失敗の本質』によって、危機管理について考えるバイブルを得たといえる。

 NHKのチームはまず、先人の著作に対して敬意を表する。

 「日本軍という組織は、実は平時に有効に機能したが、危機、すなわち不確実性が高く、不安定な状況で有効に機能しなかった。それゆえ、危機に直面した日本の現代組織にとっても重要な教訓になりうる、と繰り返し記されている」

 そのうえで、NHKの『失敗の本質』は、原発事故の取材の過程で既視感を感じるのである。

 「あの事故への対応も、巨大地震が起きた直後は、マニュアルに従って、ほぼ有効に機能していた。ところが、巨大津波の到達で全電源喪失という、不確実性が高く、不安定な状態が続く本当の危機を迎えた途端に、リーダーや現場の個人個人が懸命の努力を尽くしても、その集合集団である組織が機能不全に陥り、事故の進展を食い止めるチャンスを失っていく」

「福島第一原発事故の進展のなかで、最大のターニングポイントではなかったか。この問題意識にこだわって、取材班は6年にわたって検証取材を続けてきた」という。

 それは、全電源を失っても原子炉を冷却できる装置をめぐる対応である。「非常用復水器」(Isolation Condenser)略して「イソコン」と呼ばれる。原子炉で発生した高温の水蒸気で駆動し、電気がなくとも動き続けて冷却水タンクを通っても冷やされた水が原子炉に注がれる。少なくとも8時間程度は稼働して、その間に他の方策を探ることができる最後の砦だった。

 イソコンの操作を熟知しているのは、制御室の運転員たちであった。彼らは懸命にイソコンの稼働に取り組んでいたが困難を極めた。全体の指揮を執っていた吉田昌郎所長にその情報は伝わらなかった。東電のキャリアである吉田はそもそも、イソコンという複雑なシステムはわかっていなかった。原子炉の冷却は続いていたと思っていたのである。

「情報共有の失敗」こそ、福島原発事故のメルトダウンの原因である、とNHKの『失敗の本質』は断じる。

 イソコンが稼働していれば、建屋の壁に空いた「ブタの鼻」と呼ばれるふたつの穴から水蒸気が出るはずだった。所員はほのかにあがる蒸気をみた。しかし、本来は轟音をあげてたちのぼるものであり、イソコンは動いていなかった。稼働試験を約40年も行っていなかったので、所員は実は、本当に確認できていなかったのである。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加