ブログ

NHKスペシャル「メルトダウン 危機の88時間」

2016年5月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加

人類が未経験の惨事に現場の事実を積み重ねる

吉田昌郎所長の未公開調書も

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本 寄稿    http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 東日本大震災から5年目の彼岸も過ぎる。人類が未経験だったメルトダウンの連鎖という惨事のなかで、現場はどのように判断して動いたのか。

  NHKスペシャル「メルトダウン 危機の88時間」(3月13日)は、福島第1原子力発電所の事故について、その責任を追及することを急がず、現場の事実を積み上げてみせた。亡き吉田昌郎所長が国会事故調査委員会の聞き取りに答えた、未公開の証言に加えて、関係者約500人の証言が裏付けになっている。当時の現場の状況を再現するドラマが、事実をより理解しやすくいる。

  大震災と巨大津波から88時間目とは、第1号機と第3号機がメルトダウンを引き起こして、緊急冷却装置が稼働してかろうじてメルトダウンが免れていた第2号原発が原子炉格納容器の爆発の危機に陥った瞬間だった。

  格納容器が爆発すれば、大量の放射能汚染物質が拡散して、周囲に拡散するばかりか、第1機に立ち入りができなくなり、原発事故の収拾は困難になる。さらに、放射能汚染物質は隣の福島第2原子力発電所にも流れ込み、この発電所の地震と津波による被害対策もできなくなる。

  さらには、東電関係者の証言として、「東日本に人が住めなくなる」と思った瞬間であった。「日本がダメになる。そのことを死ぬまで忘れない」と別の証言者は語る。

  第2号機の格納庫の爆発を避ける方法は、ふたつあった。ひとつは、第1、3号機で行ったように格納庫の圧力を下げるために、庫内の空気をいったん水に通して放射能汚染物質を少なくしたうえで放出する「ベント」である。もうひとつは、SR弁と呼ばれる弁を開放して圧力を下げるとともに、水を注水する方法である。

  注水については、第3号機で、マニュアルにはない消防車で海水を原子炉に送り込んでいた。ただ、この際に推定しているように原子炉の水位が上がらなかった。吉田所長には消防車による注水の効果に疑問が生じていた。のちに、わかったことは、消防車による注水はパイプの水路をつなぎながら、一直線にすべての流量が流れ込まず、4カ所で漏れていたのだった。この結果として注水した水量の半分しか原子炉に到達していなかった。

  SR弁で圧力を下げて、注水に失敗すれば、原子炉は「空焚き」状態となって原子炉格納庫の爆発の危険は高まる。

  最大の危機に陥った第2号機に対して、吉田所長をはじめ現場は「ベント」を選択しようとした。

  しかし、3月14日午後4時15分、官邸と当時の原子力安全委員会の班目春樹委員長は、SR弁によって圧力を下げたうえで注水するように指示した。

  吉田所長の未公開証言は「最後はしかたなかったけど、やむをえなかった」と述べている。

  SR弁を開ける作業によって、原子炉内の圧力は下がった。しかし、消防車の水が入らなかった。消防車の燃料が切れて、注水が停止していたのだった。第1、3号原発の水素爆発などによって、構内はがれきが散乱して、消防車の点検ができなかったのである。

  同日午後9時すぎ、第2号機がメルトダウンする。ベントもできず、格納庫の圧力は高まる。

  吉田所長は「「討ち死になる。第2(原子力発電所)のほうも作業ができなる。あとは神に祈るだけだ」と考える。

  東京電力の本店が考えていたのは、「ドライウェル・ベント」だった。放射能汚染物質を水に通さずにそのまま外に放出する、禁じ手ともいえる方法である。

  本店 「ドライウェル・ベントをやれ!責任はこっちでとる」

 吉田所長 「やってますから。ディスターブ(邪魔)しないでください!」

  現場からは「ドライウェルベンドできません!」という声が。作業区域内に人が入れば、15分以内に死亡する放射線量に達していたのだった。

  3月15日6時14分、格納容器の圧力がゼロとなった。つまり容器が壊れたと考えられた。同7時過ぎ、現地本部の入っていた建物が大きく揺れる。吉田所長は所員たちに放射線量が少ない地域への退避を命じる。

  結果として、第2号機の原子炉格納容器は爆発を免れた。建物の揺れは第4号機の水素爆発によると推測されている。同機は運転休止中だったが、第3号機から漏れた水素が建屋内に充満したらしい。

  第2号機の格納容器は上部の継ぎ目付近がひび割れたようになって、それによって内部の気体が外部に排出されて圧力が下がったと考えられている。ただし、その部分を直接確認するには至っていない。第2号機はその後1週間にわたって大量の放射能汚染物質を放出した。

  吉田所長は「10人くらい昔から知っているやつ、こいつらだったら死んでくれるかなと思った。すさまじい状態だった。天の助けがないと、もっとひどいことになった」と証言している。

  現場の認識と判断が生かされないままに、原発事故は危機一髪の状態にまで進行した。

  「本店と現場の認識の差ができている。一番遠いのは官邸ですね」と、吉田証言が語っているのは、当時の菅直人首相の現地視察である。

  今回のNHKスペシャルは過去のシリーズの成果も盛り込みながら、その継続の必要性を物語っている。それなしには、教訓は生まれない。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加