ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・新橋はサラリーマンの街である。猛暑の黄昏時、雑居ビルの地下にある、九州料理の居酒屋に入ると、テーブル席は満員で、カウンターとなる。開店して間がない店に連れてきてくれたのは、都市銀行の役員だった。もう25年近く前になる。

  「新橋の支店長をしているときにね、この店を出したいって、融資を頼みに来た若い経営者に、見どころがあって貸したんですよ。どうです、満員でしょ」

 あの時の彼のうれしそうな顔を思い出す。

  「金融は経済の血液だ」と自信を持って言い切る、銀行家たち。それは銀行が、地域に信頼される時代でもあったろう。

 都心の繁華街に近いメガ・バンクの支店の窓口を訪れる。母の老後の資金である定期預金を更新するためだ。「こちらへ」と、男子行員はテーブル席に誘導する。机上には、さまざまな金融商品のチャート図がある。

  「保険はいかがでしょうか」。一時払い終身保険の説明を始める。

 契約時に保険料を全額払い込むと、死亡保障とともに貯蓄性がある。ただし、中途解約を行った場合に、経過年数によっては払い込んだ保険料を下回る。つまり元本保証でない。

  いわゆる銀行の窓口販売、「窓販」である。生命保険ばかりではない、国債や投資信託、金投資など、あらゆる金融商品が購入できる。

 「定期預金でいいんです。母が老後のために苦労して貯めたおカネなんですから」と私はこたえる。

  国民生活センターは、こうした「窓販」による一時払い終身年金保険について、注意喚起するリポートを4月にまとめている。「相談事例を見ると、高齢者がトラブルに遭うケースが多い。消費者は保険であることを理解できず、預金と誤解したまま契約が結ばれるケースが目立った」と。全国銀行協会が東京、大阪など各地に設けている相談と苦情の受付窓口の件数も、2011年度は3年前のざっと2倍の約2万2000件にのぼっている。

  金融の自由化は1990年代から、金利の自由化とともに、普通銀行や信託銀行、長期信用銀行などの専門性の垣根をとっぱらう業態の自由化が進んだ。それと同時に「窓販」の取り扱い金融商品の種類が拡大した。銀行の店舗は、元本保証の商品ばかりを売る場所ではなくなったが、お年寄りたちはいまだに銀行を信じ、それがまだわかっていない。

  「護送船団時代」の銀行家然とした大銀行の役員たちを懐かしがっているのでない。いま顔の見える、信頼できる銀行家はいるのであろうか。おカネとは、人間の人生の喜怒哀楽の結晶である。それを託するにはそれなりの人物が求められる。

 ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の設定をめぐる不正をめぐる事件は、世界のトップバンクもまた、「銀行家」なき時代であることを物語る。「バークレイはまさに始まりにすぎない」――ニュース週刊誌タイム最新号のカバーストーリのタイトルである。その金利を決めるシティのメンバーに日本のメガ・バンクがいることが記事にある。そのトップの顔が思い浮かばない。

   (2012年7月30日 フジサンケイビジネスアイ フロントコラム に加筆しました)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ある大学のシンポジウムに参加するため、シンボルの講堂を脇にみながら、緑あふれる並木道を歩く。ベンチャーの勉強会の参加を勧誘するポスターがあちらこちらに。大学闘争の余韻が残るたて看板が乱立していた母校を思うと、歳月を感ぜずにはおかない。

 団塊の世代が駆け抜けた、祭りのあとの1970年代末、ポスト団塊の我々世代は、石油危機後の不況のなかで、就職氷河期を生き抜かなければならなかった。

  我々の子どもの世代である大学年生たちはいま、実質的には入社試験といえるインターンシップや就職セミナーで、親の世代と同じように氷河期を戦っている。

 「ベンチャー」を立ち上げた慶応大学4年生の男子大学生が、投資名目で資金を集めたまま海外に出国していることが明らかになったのは、そんな時である。少なくとも数億円単位の資金を集めた可能性があるという。

  男子大学生は自らが開発したという株式投資の自動売買機械によって、資金を集めたという。元本保証で、預かった資金は1年間で5倍にする、がうたい文句だった。

 高級ブランドのスーツに身を固め、外国車を乗り回し、六本木のクラブでシャンパンを振る舞う。集めた資金は、投資に回されなかった可能性が高いという。

  経済犯罪は時代相を映し出す。三島由紀夫が昭和25(1950)年に出版した『青の時代』は、前年に起きた「光クラブ事件」がモデルである。東京大学法学部3年生だった山崎晃嗣は、貸金業の光クラブを設立、高利回りをうたい文句に資金を集めたが、破綻し、青酸カリによる自殺を図った。20代の三島は自らの青春を重ねわせていたのだろうか。

  「戦争のおかげで永保ちのする理想を失った人たちが、今日買えば明日腐るかもしれない果物のような夢想のための、理想的な一時期をもったのであった。明日をもしれぬものはかなげな紙幣の風情が、明日をも知れぬ欲望にとってふさわしい道連れのように思われた」

  「光クラブ事件」は石油危機後に再び、ベストセラーと映画によって甦る。高木彬光の『白昼の死角』である。高度経済成長の右肩上がりの夢はついえた。石油危機は「終戦」と同じように、青年たちは価値観の転換を迫られた。メディア・ミックスの天才である角川春樹の仕掛けは、時代相に合致した。光クラブの残党という設定の、主人公である映画は、経済犯罪を繰り返して仲間を死に追いやる、暗澹たるピカレスク・ロマンである。あの時代の青年だった筆者の心象風景である。

  大学の教壇に立っている友人たちに頼まれて、講演する機会は少なくない。ベンチャー企業で働き、自らも社内起業した経験があるからだ。講演を終えると、ベンチャーを立ち上げたいという青年たちが駆け寄ってきて、質問攻めになる。

 「失われた20年」のあまりにも長き敗戦期間のなかで、青年たちはまじめに生きている。海外逃亡中の大学生は小説のモデルにはならない。勘違いのはねっかえり者である。

   (2012年7月11日 フジサンケイビジネスアイ フロントコラム に加筆しました)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「欧州の国々では、政府債務が過大になった結果、返済能力に疑問符がついてきて、金融システムのほうに飛び火をしていく。それが実体経済に影響し、財政のバランスシートにも影響してくる。負のフィードバックが働いている」

 日本銀行の白川方明総裁は昨年8月、危機に揺れる欧州市場の現状について、こう分析している。

 国際決済銀行(BIS)の年次総会が、例年通りなら6月下旬ごろに開かれる。BISは第一次世界大戦のドイツの賠償の問題を契機として生まれた中央銀行の協力機関だ。BISは、国際金融資本が実質的に設立した。メンバーは退任後も、厳格な秘密保持を求められる。年に少なくとも6回は会合を開き、ファーストネームで互いを呼びあう。金融マフィアの陰謀説に絡められること数限りない。「バーゼルクラブ」と呼ばれるゆえんである。

 そこで白川総裁は副議長を務める。白川氏は1972年に日銀入行、バブルの崩壊から金融不安に対する資金の供給など企画や調査部門の中心にいた。理事で退職、京都大大学院教授から2008年4月に総裁に就任した。

 米国の住宅バブルが崩壊しつつあった07年9月発行の「金融財政」に投稿した大学教授時代の論文をみる。

 「金融市場を基点とする経済の変動や混乱の発生頻度が、以前に比べて高まる傾向にある……『バブルの存在は事前的には分からない』といわれることが多いが、筆者も資産価格の上昇は、渦中にあってバブルであるかどうか分からないという立場に立っている」

 翌年に刊行した『現代の金融政策』は、その頻発するバブルに金融政策がどのように対処すべきか、その渦中にあった経験を振り返りながら記している。「物価が安定状態を続ける下で、金利引き上げに対しては理解を得られず、日本銀行が引き上げに踏み切ったのは、1989年5月であった……金融政策はもう少し早めに引き締める方向に転換すべきであった」

 米連邦準備制度理事会(FRB)のエコノミストが2002年に発表した、「1991年から95年初めの時点で金利を2.5%下げていれば、デフレには陥らなかった」とする論文に対しては「適切な教訓の引き出し方であるとは思えない」と反論している。サブプライム、リーマン・ショック、そして欧州危機……欧米各国の政策当局の対策は、日本のバブル後のビデオの「早戻し」のようだ。

 バーゼルクラブで、副議長の白川氏が信認をかけて、挑んでいる論点は明らかだろう。

 冒頭の講演で、白川総裁は日米のバブル崩壊後の経済指標を示してこう語っている。

 「バブル崩壊後の4年間という期間に限って見ると、むしろアメリカのほうがパフォーマンスが悪い」

  (2012年6月15日 フジサンケイビジネスアイ フロントコラム に加筆しました)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

  企業の平穏な日常はある日、突然破られる。

 東京地検特捜部をはじめとする捜査当局の検事と検察事務官であり、あるいは東京国税局の国税査察官(マルサ)が捜査令状を示して踏み込んでくる。ときに頭上に取材のヘリコプターが舞い、テレビと新聞のカメラの列が捜査陣の後ろにつき従っている。

 ほまれもなく、そしりもなく、メディアの攻勢から組織を守ろうとしてきた広報パーソンは、非日常の騒乱のなかにたたき込まれる。捜査当局と国税当局が内偵に着手したきっかけが、広報パーソンの日常すなわちメディアの取材にあったと知ったら愕然するであろう。

 東京、大阪地検特捜部の元検事にして、詐欺容疑で実刑判決を受け、収監された元弁護士、田中森一の言葉に耳を傾けよう。『闇社会の守護神と呼ばれて 反転』(幻冬舎アウトロー文庫)は、広報パーソンの日常に潜む陥穽を衝く。

 「東京には、情報がいくらでもある……メディアも大手新聞から各種雑誌、はてはブラックジャーナリズムにいたるまで、いろんなジャンルがあり、それらをチェックしているだけで、かなりのことがわかる」

 メディアの記事をきっかけとして捜査に着手した事件について、田中は述べる。経済雑誌「財界」に掲載された大手証券会社の会長のインタビューである。大企業の調達規模が大きい転換社債の引き受けをめぐって、総会屋にその一部を渡したと読める下りがあったという。田中によれば、この転換社債事件を糸口にして、つながりのある政治家までたどりつく自信があったという。検察上層部からの圧力によって、事件は強制捜査まで至らなかったとしている。

 誤解なきように願いたい。広報パーソンにメディアの取材において、事実の隠蔽を勧めているわけではない。企業の経営を自動車に例えるとするならば、広報と法務部門はブレーキの役割を担っている。法令違反は糾さなければならない。

 企業とその経営者の行動と言動は、メディアに記録された瞬間に、国家権力のファイルに入る。特捜であり、マルサあるいは経済捜査にあたる、警察の書架に並ぶ。田中森一が述べているように、東京のメディアは多岐にわたる。広報パーソンはそれらのすべてを総合的にみていかなければならない。国家権力のファイルに、守るべき組織の情報はひとつに収められる。

 メディアのなかで、ブラックジャーナリズムの烙印を勝手に押して、総務部門などに任せてはいないか。あらゆる情報の交差点に立ってこそ、広報パーソンは守勢を整える。

 「四年目にきた逆風 あのリクルートはいま」(朝日ジャーナル・1992年3月31日号)は、筆者が記者時代、リクルート事件後も順調だった経営が悪化した実態に迫った。この直後、ダイエーが株式を取得する。リクルートの役員に対するインタビューについて、広報部門の注文は詳細を極めた。江副浩正の裁判において、検察側が証拠とする可能性をみていた。国家権力と対峙して、教訓を得たのである。 (敬称略)

 エルネオス ほまれもなく そしりもなく

田部康喜 広報マンの攻防 ③

エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

 定期購読は

 http://www.elneos.co.jp/order.html

  電子版は

 http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

  「真の友は友の役に立つことを常に待っている。……友の悲運が回復するのを喜ぶことひとかたでないのも、一回にとどまらない。……

 東大出の友も同じ東大出の友を見放なすときがある。一人で見放せば友情がないことになるから、見放なすときは一せいに見放なす」(『夏彦の写真コラム傑作選Ⅰ』・新潮文庫)

   ×    ×    ×

 誉れもなく 訾(そしり)もなく 荘子『山木篇』

(誉れにも、謗りにも気にかけず、 臨機応変にしてとらわれない)

 メディアの標的となった組織にあって、広報パーソンが、そのように任務を完遂できたとしたら、人知れず胸のうちに熱いものがこみあげる。

  『リクルート事件 江副浩正の真実』(中央公論新社)は、メディアのなかに友あり、という幻想を抱いた経営者が綴った痛恨の物語である。

  「リクルート事件は……私について連載で特集を組んでいた週刊誌もあった。ジャーナリズムの片隅にいた私としては、これほどまでにニュースバリューがあることだったのだろうかと、いまも思っている」

  「ジャーナリズムの片隅にいた」という江副の言葉に、筆者は何度も立ち止まって読み返した。  この言葉に違和感を覚えるのはなぜなのだろうか。ジャーナリズムとは「権力のチェック」とすると、リクルートの諸雑誌はその範疇にない。江副の著作を何度もくくってみるうちに、問題の所在はジャーナリズムの定義にあるのではないことがわかる。メディアに対するトップの認識の誤りが、広報パーソンを追い詰めた。

  「『AERA』と朝日の本紙からインタビューの申込みがリクルートの広報室に入っていたが、広報担当常務の生嶋誠士郎が断っていた。(一九九八年)七月七日、コスモの広報担当役員で社長室長の松原弘から……編集長の富岡隆夫さんから『単独インタビューに応じてくれたら“打ち方やめ”にする』との申し入れがきました、との電話が入った。……担保が必要だと考え、その日のよる赤坂の料亭『口悦』で会食中だった中江(利忠・朝日新聞社長)さんに電話口に出てもらい『AERA』だけにしてもらえますよねと念を押した。……それでも常務の生嶋と広報室課長の深谷泰久はその話に乗ることを心配していた」

  この記述に先立って、江副は『AERA』の創刊にあたって富岡に助言を求められ、かつ準備号のサンプルに寄稿し、社長の中江とともにピアノバーで一緒に歌ったと。 インタビューにやってきたのは、『AERA』の編集部員ばかりではなく、事件を追っていた社会部のチームが主力だった。翌日の朝日の朝刊一面と社会面は、江副のインタビューでほとんどが埋め尽くされた。

   メディアの単独インタビューに応じるか否か、危機管理において極めて難しい選択である。リクルート広報室課長の深谷はよく戦った。結果はすべて将の判断に帰する。

  冒頭は「友の憂いにわれは泣く」と題する山本夏彦の週刊新潮連載のコラムの引用である。「友にも一流と末流がある」と。   (敬称略)

 

 

 

エルネオス ぼまれもなく そしりもなく

田部康喜 広報マンの攻防 ②

エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

 定期購読は

 http://www.elneos.co.jp/order.html

  電子版は

 http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

このエントリーをはてなブックマークに追加