ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

  経済事件記者と呼ばれた時代があった。バブルの崩壊の過程で、企業はさまざまな事件に遭遇した。国家権力による捜査と一体となって取材を進める、社会部の調査報道に対して、企業の内部から事件に迫ろうと試みた。

 リクルート事件にもめげずに実は、同社は業績を拡大していた。しかし、マンションなどの不動産投資が行き詰まる。

 非上場企業の財務諸表を手に入れるのは当時、容易ではなかった。しかしながら、経済部の経営分析の手法によってこうした数字を追っていくと、リクルートの苦境が浮かび上がった。

 リクルートコスモスが手がけて、売れ残ったマンションも、現地にいってみた。

 そして経営陣に対する徹底した、インタビューである。

 「4年目に吹く逆風」と題した記事が掲載された直後、リクルートはダイエー傘下に入った。

 関西の中堅商社であるイトマンを舞台とした数々の経済事件は、日経新聞の調査報道によって、反社会的勢力と銀行の深い闇が明らかにされた。その軌跡は「ドキュメント イトマン・住銀事件」(日経新聞社)に譲りたい危機管理を担う。広報パーソンの必読の書である。

 わたしはやはり朝日ジャーナル誌上で、セゾングループがイトマン事件をはじめとする、バブル崩壊のなかで経営が悪化している実態に迫った。

 こうした反社会的な勢力と企業の関係を探った経験が、のちに生きる。バブル崩壊後、金融機関が機能不全に陥った、1990年代後半ことである。住宅金融専門会社(住専)に対する公的資金の投入問題で、世論は大きく揺れていた。

 「ヤクザ・リセッション(不況)」―金融不全の裏に、闇の勢力の存在が大きいことを最初に指摘したのは、初代内閣広報官で評論家の宮脇磊介氏であった。

 住専問題の取材に取り組んでいたわたしは、宮脇氏のインタビューを試みた。(1995年11月29日付・朝日新聞朝刊)

 ほまれもなく、そしりもなく企業の防衛にあたっている、広報パーソンに、あのときの宮脇氏の言葉はいまも色あせてはいない。

 「暴力団は『起業家』で、その時代にもっとも効率よくもうかる分野に力を入れる。バブルの時代は金融だった。暴力団対策法(暴対法)と不況によって、暴力団が経済犯罪に乗り出しているようなことがいわれるが、そんな生易しいものではない」

 この言葉を胸に刻んでその後、大阪に赴任し、チームを率いて取り組んだのが、関西を舞台とする経済事件の真相を探ったシリーズだった。「なにわ金融事件簿」(かもがわ出版)としてまとまっている。

 こうした経済事件を追っていたときには、自分自身が反社会的勢力と対峙しようとは思ってもみなかった。

 ソフトバンクグループのADSLサービスの子会社で起きた、個人情報漏えい事件である。

 企業としてどこに問題があったのか、調査してもらう外部委員会の委員長に迎えたのが、宮脇氏であった。

(敬称略)

エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

 定期購読は

 http://www.elneos.co.jp/order.html

  電子版は

 http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 誉れもなく

訾(そしり)もなく 荘子『山木篇』

(誉れにも、謗りにも気にかけず、 臨機応変にしてとらわれない)

 組織に迫る危機に対して、広報パーソンはその瞬間、瞬間の判断を迫られる。

 新聞記者から転じて一年半余り、二〇〇四年一月のこと。ソフトバンクの子会社のソフトバンクBBが運営しているブロードバンドサービスの顧客名簿が盗まれ、恐喝を受ける。「個人情報流出事件」である。

 事件の端緒は別の子会社の役員に犯人グループのひとりが接触してきて、二百四十二人分の名簿を示した。氏名と住所、電話番号、申込日、メールアドレスの5点が記載されており、信用情報は含まれていなかった。この男は大量の名簿を持っていることを匂わせて見返りを要求した。

 トップを含めた緊急の会議が即刻開かれ、トップによって、三つの方針が示された。「悪に屈しない」「嘘をつかない」「顧客の二次被害を防ぐ」である。その直後、警察に被害届を出して、捜査陣との連携のもとに、犯人グループとの攻防が始まる。

 彼らから約四百万人の顧客名簿が入っているという記録媒体を受け取り、そのまま警察に引き渡して分析を依頼する。犯人グループ三人を逮捕して、捜査当局が事件の輪郭をつかんだ一カ月後、読売新聞がスクープした。

 そして、わたしが記者会見に臨むことになる。

 記者会見はどのようなものであったか。危機管理のコンサルタントである、田中辰巳の「そんな謝罪では会社が危ない」(文春文庫)を引く。ちなみに、わたしの会見は「こんなお詫びは許されない」の章立てのなかで、「役者不足の謝罪」に分類されている。

 「突如として読売新聞にスクープされてしまった。この段階では、まだ犯人が逮捕されていない(逮捕は五月三十日)。……寝耳に水の話だったのだろう。……心のどこかで記者団に対して親近感も覚えていたのか。それは、少し前まで同じ立場にいた仲間であり、対等な関係にあるという意識にもつながっていたのだろう」

 わたしの心境を断定するに足る、田中のインタビューはない。犯人逮捕について誤認もある。

 読売新聞の二〇〇四年二月二四日付夕刊はいう。

 「逮捕されたのは、北海道函館市、会社役員湯浅輝昭容疑者(六一)。……(ソフトバンク)グループ側は、湯浅容疑者と接触した二日後、ヤフーBB加入者二百四十二人分の情報が社外に流出していることを公表していた」

 わたしがこだわったのは上場企業の適時開示の原則である。読売新聞の報道は冷静にその点を押さえている。この二年余り後、KDDIが同様の事件に襲われたとき、このような適時開示がなかったため、報道陣が追及したと聞く。

 田中の記述の誤りは責められない。経済事件記者として遭遇した数々の犯罪と比べても、複雑怪奇なこと例をみない。

 読者に乞うて、次号以降もまた、事件の真相に迫りたい。 (敬称略)

 エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

 定期購読は

 http://www.elneos.co.jp/order.html

 電子版は

 http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「梅ちゃん先生」は青春ドラマの定番だった

  東京・表参道の地下鉄の駅は、新番組のドラマの広告が通路の壁を覆わんばかりである。夏日の気温を記録する日もあって、通り過ぎる若い女性の服装は、季節に戸惑っているように、はっきりとした秋の装いではないようにみえる。

  フジテレビは「結婚しない」である。いつもの番組広告の壁に映像装置が組み込まれて、主演の菅野美穂と天海祐希が、せりふであろう、タイトルの言葉を大きな声で叫んでいる。街頭広告は通りすがりの人の視線をとらえるのに、わずかな瞬間に賭ける。ポスターから進化した番組宣伝であることに感心する。

  「Wの悲劇」の武井咲は、日本テレビの「東京全力少女」の主役である。斜め上からの角度で撮影した、武井のポスターから飛び出しそうなスチルもまた、なかなかこっている。

  人気女優たちは、季節の改編期を迎えるごとに、テレビ局を移動しては新しい役に挑戦している。

 東宝と日活の青春映画のスターたちが、上映期間をまたぐようにして、次々と新作のクランクインを迎えていたように。

  朝の連続テレビ小説の「梅ちゃん先生」は、その人気の故に、ちょっと変わった路線をとった。

 最終週の「上を向いて歩こう」は、24日から29日まで。梅子の父親の下村建造が、NHKの素人のど自慢に参加して、坂本九のヒット曲であるタイトルを歌うシーンに登場人物たちが、梅子の家に集まってみるシーンがエンディングへの助走であった。ラストシーンは、梅子と夫の信郎が咲き始めた梅を見上げる。小さな花ではあるが、春を告げて人々に明るさをもたらす、名前にこめられたその花を夫婦でながめるのであった。

  「梅ちゃん先生」スペシャルは、BSプレミヤの枠で、「結婚できない男と女」がテーマである。10月13日(土)午後9時からの前編をみた。後編は、20日(土)午後9時からである。

  ときは昭和37年(1962年)、東京五輪に向けて、日本はその準備のなかで、高度経済成長にかけあがっていこうとしていた。

 梅子夫婦は、結婚から6年がたって、ふたりの息子がいる。診療所の経営は、周囲の人々の評判に支えられて順調である。信郎の町工場も開通の準備が進む、東海道新幹線の車両の重要な部品を受注して、忙しい。

 ふたりの間に、倦怠期の夫婦のすき間ができてきたようである。

 信郎の工場を取材に訪れた、雑誌の女性記者が信郎にほのかな好意を寄せる。

 そして、梅子の働いていた帝都大学医学部の研究室でも。友人の女性医師が、新人の研修女医と、同僚の男性をめぐって、恋のさや当てに発展しそうな雲行きである。

  朝のシリーズでは描かれていない、男と女の不倫の疑惑と、嫉妬が描かれている。「梅ちゃん」先生の成功は、それぞれの登場人物が新たなドラマを作り出していけることを示しているようである。

  テレビ朝日の人気ドラマで、秋の改編によって、水谷豊の相手役が入れ替わった「相棒」でも、鑑識係を主人公にした、いわゆるスピンアウト・ドラマが製作されている。

  梅子と信郎の夫婦の物語は、年齢を経るにして新しい展開をみせる。

 父親の下村建造は、大学を退官後、千葉の病院長として夫婦で家をでたが、ときどきは戻ってくる。

 つまり、三世代同居、そして、娘の夫、息子の妻、そのこどもたちが多く集まるシーンは、スペシャルでも変わらない。

  「梅ちゃん先生」は、東日本大震災で日本人が改めてその大切さに気づいた、家族の愛の物語であった。梅子を演じる、堀北真希が昭和生まれの女優であったのは、偶然ではない。堀北が終戦直後のシーンと、大震災後の風景を重ね合わせてみていることについては、このコラムのシリーズですでに述べた。

  今回のスペシャルをみると、「梅ちゃん先生」が改めて、「青春映画」の定番だったことに気づかされる。

 そして、地下鉄の駅の壁に張り巡らされた、ドラマのポスターの脇を通り過ぎながら、どこか懐かしさを感じていた理由もわかったのである。

 若い女優と男優が織りなす、テレビドラマは、「青春映画」である。

 それは、高度経済成長時代に、道路の脇の家の壁に映画のポスターが貼ってある光景と同じである。

 「梅ちゃん先生」の人気の底流には、シニアがかつてみた「青春映画」の残像が二重映しになっている。

 堀北真希の表情と、若き日の日活青春映画のスターである、浅丘ルリ子が重なる人もいるだろう。あるいは、東宝の酒井和歌子であろうか。

 わたしはどうか。内藤洋子であろうか、あるいは山口百恵であろうか。

  そして、現代のテレビの女優たちは、軽々と映画の境界を越えて、スクリーンとテレビの間を往復するのである。

  「梅ちゃん先生」を終えた、堀北真希はその後、映画「県庁おもてなし課」のクランクイン、11月にはクランクアップの予定のようである。高知県庁に実際にある課の物語である。

  さて、「梅ちゃん先生」スペシャルの後編で、梅子と信郎の浮気騒動の行方はどうなるであろうか。そして、梅子の親友たちの群像が繰り広げる、恋愛劇のドタバタは。

                                                                   (敬称略)

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Shall we ダンス?」から16年   どこへ向かうのか?

 中年のサラリーマンである役所広司が、帰宅中の満員電車からみあげると、ダンス教室の窓辺にたたずむ草刈民代に気づく。途中下車をして、役所がダンスを習いに通うきっかけである。

  草刈の映画デビューとなった、「Sall we ダンス?」(1996年)の登場シーンである。世界的なバレリーナとして知られていた、草刈はこの作品によって、数々の映画賞を受賞した。

  ダンス教室の教師役を演じた、草刈の清楚な美貌とダンスシーンの美しい印象があってのことであろう。

 バレリーナの演技力は十分であったにしても、女優のデビューは30歳代に入ってからであった。メガホンを握り、夫となった周防正人監督の慧眼に驚いた記憶が蘇る。

 あれから16年、草刈が実年齢の主婦を演じる。NHK「眠れる森の熟女」である。9月4日にスタートし、9回の完結予定である。

 第3回の「王子様は、二重人格」と第4回「女の人生、やりなおせますか?」を観た。

  草刈が演じる相沢千波は、銀行に入社し、夫と知り合って結婚、息子が生まれて幸せな生活を20年近く過ごしてきた。

  夫がある日突然、離婚を言い出す。ソーシャル・ネットワーク・サービスをきっかけに、交際が始まった中学校の同級生と再婚したいというのである。相手は女性誌の編集長である。

 そのショックからホテルのバーで酒によって、泥酔してしまった草刈が、解放してくれた匿名の男性によって高級ホテルの掃除婦として働くようになる。その男性の名前も顔も知らない。草刈は、ホテルの総支配人の秘書を通じて、その男性に手紙を書くようになる。

  実はその男性とは、その高級ホテルのオーナーの長男である総支配人の高岡裕輔役の瀬戸康史である。第3回のタイトルの「王子」とは、瀬戸である。従業員からそう呼ばれている。草刈とは20歳近くも若い。瀬戸は、自分が雇い主であることを隠して、草刈に返事を書く。

  この手紙のやりとりが、草刈と瀬戸の心理ドラマの重要な小道具となっている。古風な文通によって、あるときは励ましとなり、またあるときには気持ちのすれ違いを表す手法は新鮮である。

  瀬戸は徹底した合理主義者である。お客や従業員に対してはにこやかな好青年ぶりを発揮している。それは計算しつくされた演技である。

 第3回のなかで、草刈がたまたま客室の廊下で聞いた母子の会話から、宿泊しているその父親が誕生日であることを知り、その話を聞いた瀬戸が、バースデーカードと花を届けた後のシーンである。総支配人室に入っていた草刈に気づかずに、お客がよろこんだことを知らせる秘書に対して、瀬戸は「こころがこもっていなくても客が喜べばいい」という。

 それを聴いた草刈は愕然とする。

 第4回で、瀬戸が政略結婚の相手とバーで飲むシーンがある。愛のない結婚であることに、相手も納得している。瀬戸の複雑な家族関係が暗示される。

  「Sall we ダンス?」のなかで、草刈を一気にスターダムに押し上げた、あの清楚な美しさは、「森のなか」の主婦の表情からは消し去られている。しかしながら、瀬戸との関係が深まる予感が漂いはじめ、その草刈が美しさを輝かせる瞬間がくるであろうと思わせる。

  第4回のタイトルは、夫を奪った女性編集長の雑誌の特集の「女性はやりなおせる」と言葉遊びのように、合わせたものである。女性編集長は、雑誌に顔写真が掲載されている。その雑誌をみて、草刈は初めて夫の相手の顔を知る。

  女性編集長が、仕事の忙しさから草刈が働く高級ホテルの一室を昼間使ってリフレッシュする。その部屋の掃除にきた草刈は、忘れ物の携帯電話をみつける。編集長が部屋にあわてて戻ってくる。鉢合わせした草刈が、立ち去ろうとする彼女を呼び止める。

 「女性はいくつになってもやりなおせるのでしょうか?」と。

 「雑誌を読んでくださったのね」と彼女はこたえる。

 草刈は続ける。

 「大事なひとと20年も過ごした暮らしを奪われても・・・・」

 相手は、草刈が誰であるかを悟る。そして、深々と詫びの礼をする。

  「もう行ってください」

 草刈がそういった瞬間、カメラは、ふたりの足元をクローズアップする。編集長は派手なヒールである。草刈は掃除婦であるから、仕事用の底の低い靴である。

  この出来事があって、草刈は、瀬戸に手紙を書く。「女の人生は、やり直せますか?」と。やり直せる、という返事を期待して。

 瀬戸は書く。「やり直せない」と。そして、「そこから出発することが大切です」と加える。

 翌日、職場で生き生きと働く草刈のシーンと、それをみる瀬戸の表情のアップで、この回は終わる。

  草刈のミュージカルのデビュー作である、「9時から5時まで」を東京の銀河劇場で観たのは、今春のことである。宝塚出身の紫吹淳を相手役に回して、子持ちの未亡人のバイオレット役を歌と踊りで堂々とこなしていた。

 バレリーナ引退の舞台で全国を回った直後、新劇の舞台にデビューしたのは2009年のことである。

  遅咲きの女優である、草刈民代はどこに行こうとしているのであろうか。楽しみである。

                                                                                                                                                               (敬称略)

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

宝塚の娘役が花咲く時代とは

  「黒い十人」のタイトルでまず、もしや、と思う。街頭の黒木瞳がストップモーションで一瞬止まり、そのコマが飛んで。やはりそうだ。

  NHK BSプレミアムのドラマ「黒い十人の黒木瞳」の冒頭シーン、市川崑監督の手法である。このドラマは「黒い十人の女」(1961年)に捧げる、オマージュの刻印が押されている。

  この映画の2年前、市川は日本テレビの演出顧問となり、当時は一般的であった生放送のドラマ「恋人」を製作した。63年まで9作品を演出している。

  「黒い十人の女」は、テレビドラマを製作した経験が生きている。主人公の船越英二はテレビ局のプロデューサーである。美貌の妻の山本富士子に、愛人たちがからむ。女優役の岸恵子、CMガールの中村玉緒、ディレクターを目指している岸田今日子……。

  草創期のテレビ局の喧騒と熱気を背景として、船越をめぐって十人の女たちの個性がぶつかり合う。山本富士子が船越英二をピストルで偽装殺人する事件から、ドラマの展開はスピードをあげて、宮城まり子の自殺に至る。

 場面の転換は、芥川也寸志の女の情念がうねるかのような音楽である。

  「黒い十人の黒木瞳」の演出家は、市川監督らしいスピード感にあふれる映像の転換と、テンポのよい会話が連続する、あの映画の魅力を十分に知っている。

 脚本と演出は、タカハタ秀太である。映画からテレビのバラエティー番組、CM製作と活動の場は幅広い。

  タカハタは、十人の女を黒木瞳ひとりに演じさせる。放映時間の1時間30分のなかで、長短10本のドラマが展開する、オムニバスである。

 すべてに「黒い」のタイトルがつく。

  「黒い餃子の女」のなかで、黒木は高級マンションに住むサラリーマンの妻を演じる。夫の大杉漣はイカ墨のスパゲティが好物である。愛人の井上和香のマンションでそれを食べ、そして自宅に戻って黒木に作らせて同じものを食べる。

 井上は筆と墨を売る銀座の店の従業員である。黒木がその店を何度も訪ねて、最高級の墨を買う。

 大杉と井上が愛し合うきっかけの約束の言葉は「シェアする?」。現実の場面は省略されて、卓上カレンダーにピンクのハートマークがついていく。大杉を玄関から送り出す井上をカメラが後ろから撮影して、スタイルのよい彼女の姿をクローズアップする。

 自宅に帰った大杉は、黒木がいつものイカ墨スパゲティではなく黒い餃子を作っているので、ちょっと不信な表情を浮かべる。サラダを取り分けながら、黒木はいう。

 「シェアする?」

 餃子を黒木は食べない。大杉は、スパゲティも一緒に食べなかったことを思い出す。

 黒木は、黒い液体が入った調理用の容器をみせる。井上の店で買った墨を、黒木が硯でするシーンがフラッシュバックする。

  「黒い娘。二十四の瞳」は、黒木が本人と同じ福岡出身の24歳の娘役を演じている。父親は独身の娘を結婚させようと見合い話を持って、上京する。食事の途中も上司や取引先からひっきりなしに携帯に電話がかかってくる娘をみて、そのまま福岡に戻る。

 父親が幼馴染と思われる大杉に電話する。大杉の娘は黒木の友人で同い年である。携帯電話で話し終わったシーンが転換して、ホテルで大杉と黒木がたわむれるシーンで終わる。

  弁当づくりのパートを演じる「黒いパートタイマー」、道路の脇に座ってカウンターを持ってリサーチの人数を数える「黒いカチラー」、かつて愛人だった男の息子の婚約者としてその家に現れる、整形美人の「黒いママ~結婚~」……

 それぞれ楽しめた。ドラマが転換するごとに流れる軽快な音楽もまた、市川映画における芥川也寸志に対するオマージュであった。

  黒木はいうまでもなく、宝塚の娘役のトップスター出身である。その養成所である、宝塚音楽学校の時代に、いくつかの例外はあるものの、男役と娘役に分かれる。

 筆者の知り合いの宝塚出身の元娘役によれば、娘役は勝気で男性気質で、男役は逆に女らしいという。

 娘役の黒木はさっぱりとした性格のゆえに、どんな役でもこだわりなく、こなしているようにみえる。

  宝塚の娘役も男役もそのトップを極めれば、スターである。退団した後の活躍具合はどうであろうか。

 戦前から戦後にかけては、娘役の時代であった。黒澤明監督の「姿三四郎」で三四郎の藤田進があこがれる轟夕起子は、日活の石原裕次郎映画では母親役として欠くことのできない女優である。淡島千景、乙羽信子、月丘夢路……銀幕を彩った女優たちであった。

 男役の時代になる分岐点は定かではない。そして、その理由も考えなければならない、芸能史のテーマであろう。麻実れい、大地真央、天海祐希……

  時代は再び、娘役の時代に戻ろうとしているのではないか。黒木の活躍をみてそう思う。筆者の視野には、壇れいも入る。

  男役と女役のスターの変遷とその理由とは。筆者には残念ながら宝塚の観劇の経験がない。このテーマは別の方にお任せしたほうがよいようである。

 「黒い十人の黒木瞳」は、9月9日のNHK BSの放映をみた。再放送が待たれる。 

                                                                      (敬称略)

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

このエントリーをはてなブックマークに追加