ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業の危機は突然にやってくる。ソフトバンクグループのインターネット接続子会社を襲った、個人情報漏えい事件である。

 海外出張中のトップに代わって、読売新聞のスクープをきっかけとして記者会見に臨んだ私に対して、危機コンサルタントの田中辰巳は、「や役者不足の謝罪」と、著作で切って捨てた。

 他者は自らの鏡である。たとえその鏡に多少の歪みがあったとしても。広報パーソンは、ほまれもなく、そしりもなく、非難を甘受しなければならない。たとえ臍(ほぞ)をかむ思いであったとしても。

  危機管理の要諦は、まず事態の把握である、それは完全であることはありえないから、ある瞬間に決断がともなう。そして、対処方法に移る。さらに、それが適格かどうか、再び瞬間、瞬間に判断していくことになる。

 ソフトバンクの情報漏えい事件について、大量の資料がでそろった後の分析において、読売のスクープ時点で、犯人が逮捕されているにもかかわらず、そうではないことを前提して、田中は著作を進めている。

 それは無理もないことである。読売がスクープした情報漏えい事件と、同時並行的にもうひとつの情報漏えい事件が発生していて、巨額のカネを要求する恐喝事件が進行していたのである。田中はふたつの事件を混同して、著作の誤記につながったのではなかったか。

 読売のスクープを後追いした、毎日新聞などの報道によると、主犯格の容疑者は反社会的勢力である。

 その正体が明らかになるのは、週刊新潮と「しんぶん赤旗」の報道によってである。

 この男は、かつて共産党の宮本顕治・元委員長の自宅の電話を盗聴したグループの一員だったというのである。

 企業に対する犯罪としては、謀略の色彩を帯びた特異な事件であった。

 もうひとつの恐喝も同じ犯人グループなのか、あるいはそうではないのか。

「謀略」の強烈な匂いを感じて、わたしは霞ヶ関のトップクラスの官僚に電話をかけた。

「そちらの専門家に相談して、意見を聞きたい」と。

「わかった。ちょっと待ってくれ」と、彼は答えた。

 この友人の仲介によって、捜査当局の出身で政府の危機管理を担当している官僚と話ができた。

「謀略」の可能性を問うわたしに、その官僚はいう。

「それは断定できない。しかし、複雑な事情がからんでいるようだ。具体的な助言はできないが、そうした背景を考えて対処されたい」と。

 そうした背景とはなにか。それは当時の連立政権の構成にあったのではなかったか。

 共産党の宮本委員長宅の盗聴事件は、連立与党とつながりが深いといわれるある組織とからんでいる、と報道されていたのである。

 主犯格の男は、逮捕されながら、起訴されなかった。共犯として逮捕された他のメンバーの刑事裁判の冒頭陳述では、その名前が出てきた。事件の謎はいまだに解けない。

        (この項続く)

 エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

 定期購読は

 http://www.elneos.co.jp/order.html

 電子版は

 http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメディアンヌ ミムラ誕生

 小学校の教師である小守絵美(ミムラ)は6年間つきあった、同僚の男性教師と婚約して結婚間近であった。学芸会の舞台の準備をふたりでしているときに、相手から突然別れを切り出される。

 平凡だが幸せだった日常が崩れる。

 ミムラ演じる28歳の女教師は、ネットに依存している。日々の悩みをブログに書き込み、それに対する励ましによってひと時の安心を得ている。

 担任をしている児童を軽くしかったことをきっかけにして、ミムラの人生はまったくこれまでとは違った方向に向かっていく。

 それがドラマのスターティングのショットである。

  NHKよる☆ドラ「恋するハエ女」の第1回(2012年11月6日)と第2回(同月13日)を観た。

  ミムラのブログの書き込みにある日、ポルトガル語で「ハエ」を意味する言葉が書き込まれる。ネットで調べると誹謗中傷する意味があることがわかる。

 無視していると、その相手は、ネットにミムラが書き込んだ内容をもとにして、彼女のほとんどすべての個人情報を明らかにしてみせる。氏名、生年月日、住所、携帯電話そして、最近ネット通販で購入した真っ赤な下着まで。ミムラは驚きのあまり、胸を隠すしぐさをみせる。

  ミムラの最近の出演作品としては、朝の連続テレビ小説の下村松子の役であろう。「梅ちゃん先生」の姉役である。父母思いで、梅子に対してもあたたかい眼差しを注ぐ年上の落ち着いた役を演じた。ちょっとコミカルな梅ちゃんの堀北真希との姉妹コンビは、つい最近終わったばかりだというのにいまでは懐かしい。

  「ハエ女」のミムラの役どころは、人生の失敗の連続のなかで涙をうかべながら、なんとか生きていこうとするのだが、ふたたび予想をしない悪い事態に追い込まれていく。そのドラマの進行のなかで、観ているものからすると、コミカルにみえる。つまり、コメディアンヌである。

  ミムラは本来、その美貌ゆえに、「梅ちゃん」先生の松子のようなしっとりとした美人役がこれまでの出演歴のほとんどを占めているようにみえる。

 大河ドラマ「江」では、過去の映画やドラマで美貌の女優が演じる細川ガラシャを演じたことからもよくわかる。

 そのミムラがコメディアンヌの才能を豊かに花開かせそうな予感がするのが、この「恋するハエ女」である。

  ネット上の情報によって、ミムラをストーカーのようにつきまとっていた男はついに、ミムラの携帯電話に通話してくる。

  児童を叱った際に「バカね」と軽くいったことが、教師をつるしあげるモンスター・ペアレンツの攻撃をあびる。PTAの臨時会議で、ミムラは矢面に立たされることになる。

  ミムラが「ストーカー」と携帯のアドレス帳に登録した謎の男性は、「あやまることはない。あやまることは甘えることだ。そんなことをしていると、ただただ歳をとって不幸な人生に陥る」と、繰り返し電話をかけてくる。

  ストーカー男はある日、ミムラの個人情報をあばいた代償として、自分の名前も職業、住所、携帯電話番号をミムラに明かす。

 彼の個人情報が、あっという間にネット上に流出してしまう。

 筧の仕事は、首相のために、野党の情報を探ることになった。情報流出によって、それは困難になる。

  ストーカーの正体は、総理大臣の直属の高級官僚だった。内閣情報調査室の八重樫修治(筧利夫)である。

  第2回で、筧はミムラに正体を明かして、婚約を破棄された彼女に恋愛のてほどきをはじめる。ネット上に勝手にミムラのホームページを立ち上げて、交際相手を募集してしまう。タイトルの「八股をかけろ!!」のように、8人の男性との交際が始まる。

  ミムラが気に入ったのは、うさぎ好きの公務員の吉田純一(中村靖日)であった。高裁は順調に進んでいたかにみえたが、ミムラが八股をかけていたことを知って、中村は怒り、キャップ中にチェーンソーを持ってミムラを追う。

  「もてて大変だね」と携帯電話でからかう筧。その彼も、自分の個人情報が洩れて、仕事ができなくなり、ついに辞表を提出する。

  筧とミムラは、いまのところネット上のつながりだけにすぎない。演出は画面にふたりを登場させて、あたかも同じ場所で話し合っているかのように、ドラマを展開する。

 ネット社会の現実をとらえた、ある種の社会批評のぴりっとした隠し味のうまみもある。

 シリアスな芝居よりも、喜劇を演じるのが難しい。逆に深刻な劇だからこそ、コメディアンとコメディアンヌのようなちょっとほろ苦い味わいが必要なのである。

 コメディアンはあなどれない。渥美清を持ち出すまでもないだろう。

寅さんだけが、彼の代表作ではない。山田洋次監督の「家族」など一連のシリアスドラマでは脇役ながらも「山田組」には欠かせない。

 コメディアンは、シリアスな芝居もできる。シリアスな演技者がコメディアンをできるわけではない。

  ミムラのコメディアンヌ誕生をよろこぶ。

  (敬称略)

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 野田政権は支持率がさらに悪化して、政権末期の様相である。政府と日銀は共同文書を発表して、脱デフレの新基金を創設、与党民主党は来年度の税制改正にすでに手をつけて、予算編成をも視野に入れている。旧大蔵省、財務省の予算原案、そして政府原案の作成という、自民党政権下の年末の歳時記を与党はめくっている。

  国土交通省が政府税制調査会に提出している、景気浮揚策は消費税増税に伴って、住宅の新規着工戸数が減ることを防ごうと、住宅ローン減税を拡充する案である。

 国会議事堂を振り返りながら、政党の本部や政治家の事務所が林立する永田町の坂を少し下って、国立劇場にたどり着く。政局に揺れる政治の街を取材がてら、歩き回っていたために開演に遅れる。会場は満員で席につくまでちょっと苦労する。

  歌舞伎の通し狂言の芝居小屋となっている劇場の演目は、「塩原多助一代記」である。落ちぶれた浪人の子として生まれ、豪農の養子となり悲惨な人生を歩んだ多助が、炭屋として成功する物語である。

 多助を演じるのは、坂東三津五郎。苦労して小さな店を出しながらも量り売りの行商をする、多助が仲間と茶店で一休みする。

 「お金が溜まると贅沢をしたくはないのかい」と尋ねる仲間に対して、多助は次のように答える。

 「なに、食べられるものを食べていればいいですよ。天が恵んでくださったものを食べていれば」と。

  多助の言葉にはっとする。新約聖書のマタイ伝の有名な一節と同じではないか。イエスはいう。「飛ぶ鳥を見よ。撒かず、刈らず、収めず生きているではないか」と。天が与えてくれるものを鳥は食べている。なにを食べるものに、人は煩うことがあろうか、と。

 「落語を聴いていれば、人生は生きていける」といったのは、天才噺家の故・立川談志家元である。「塩原多助一代記」は実は、明治時代に活躍した噺家の三遊亭円朝の人情話が下敷きになっている。

  欧米の人々が、シェイクスピアの演劇や聖書から人生を学んだごとく、江戸や明治そして戦前、戦争直後も日本人は、歌舞伎や落語によって人生訓を得ていたのである。

 「日本人は戦後、芝居を忘れた」といったのは、コラムニストの故・山本夏彦である。娯楽の時間とそれに遣うおカネを削って、日本人が得たものは持ち家ではなかったか。戦前は借家の時代である。作家の森鴎外の旧居を記念する地が、ひとつではないことからもよくわかる。

  戦後の自民党の持ち家政策によって、日本人の8割近くが自宅を持ったが、少子高齢化のなかで、空き家が15%近くになっている。

寺山修司にならっていうならば、「ローンを捨てよ、町に出よう」である。芝居や落語、そして映画には人生がある。ついでに食事をしたり、買い物をしたりすれば、立派な景気浮揚策である。人々はすでにそのことをわかっているようである。興行会社の松竹の8月中間決算は、歌舞伎など演劇部門の増収が貢献して、営業利益が黒字転換している。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

  経済事件記者と呼ばれた時代があった。バブルの崩壊の過程で、企業はさまざまな事件に遭遇した。国家権力による捜査と一体となって取材を進める、社会部の調査報道に対して、企業の内部から事件に迫ろうと試みた。

 リクルート事件にもめげずに実は、同社は業績を拡大していた。しかし、マンションなどの不動産投資が行き詰まる。

 非上場企業の財務諸表を手に入れるのは当時、容易ではなかった。しかしながら、経済部の経営分析の手法によってこうした数字を追っていくと、リクルートの苦境が浮かび上がった。

 リクルートコスモスが手がけて、売れ残ったマンションも、現地にいってみた。

 そして経営陣に対する徹底した、インタビューである。

 「4年目に吹く逆風」と題した記事が掲載された直後、リクルートはダイエー傘下に入った。

 関西の中堅商社であるイトマンを舞台とした数々の経済事件は、日経新聞の調査報道によって、反社会的勢力と銀行の深い闇が明らかにされた。その軌跡は「ドキュメント イトマン・住銀事件」(日経新聞社)に譲りたい危機管理を担う。広報パーソンの必読の書である。

 わたしはやはり朝日ジャーナル誌上で、セゾングループがイトマン事件をはじめとする、バブル崩壊のなかで経営が悪化している実態に迫った。

 こうした反社会的な勢力と企業の関係を探った経験が、のちに生きる。バブル崩壊後、金融機関が機能不全に陥った、1990年代後半ことである。住宅金融専門会社(住専)に対する公的資金の投入問題で、世論は大きく揺れていた。

 「ヤクザ・リセッション(不況)」―金融不全の裏に、闇の勢力の存在が大きいことを最初に指摘したのは、初代内閣広報官で評論家の宮脇磊介氏であった。

 住専問題の取材に取り組んでいたわたしは、宮脇氏のインタビューを試みた。(1995年11月29日付・朝日新聞朝刊)

 ほまれもなく、そしりもなく企業の防衛にあたっている、広報パーソンに、あのときの宮脇氏の言葉はいまも色あせてはいない。

 「暴力団は『起業家』で、その時代にもっとも効率よくもうかる分野に力を入れる。バブルの時代は金融だった。暴力団対策法(暴対法)と不況によって、暴力団が経済犯罪に乗り出しているようなことがいわれるが、そんな生易しいものではない」

 この言葉を胸に刻んでその後、大阪に赴任し、チームを率いて取り組んだのが、関西を舞台とする経済事件の真相を探ったシリーズだった。「なにわ金融事件簿」(かもがわ出版)としてまとまっている。

 こうした経済事件を追っていたときには、自分自身が反社会的勢力と対峙しようとは思ってもみなかった。

 ソフトバンクグループのADSLサービスの子会社で起きた、個人情報漏えい事件である。

 企業としてどこに問題があったのか、調査してもらう外部委員会の委員長に迎えたのが、宮脇氏であった。

(敬称略)

エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

 定期購読は

 http://www.elneos.co.jp/order.html

  電子版は

 http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 誉れもなく

訾(そしり)もなく 荘子『山木篇』

(誉れにも、謗りにも気にかけず、 臨機応変にしてとらわれない)

 組織に迫る危機に対して、広報パーソンはその瞬間、瞬間の判断を迫られる。

 新聞記者から転じて一年半余り、二〇〇四年一月のこと。ソフトバンクの子会社のソフトバンクBBが運営しているブロードバンドサービスの顧客名簿が盗まれ、恐喝を受ける。「個人情報流出事件」である。

 事件の端緒は別の子会社の役員に犯人グループのひとりが接触してきて、二百四十二人分の名簿を示した。氏名と住所、電話番号、申込日、メールアドレスの5点が記載されており、信用情報は含まれていなかった。この男は大量の名簿を持っていることを匂わせて見返りを要求した。

 トップを含めた緊急の会議が即刻開かれ、トップによって、三つの方針が示された。「悪に屈しない」「嘘をつかない」「顧客の二次被害を防ぐ」である。その直後、警察に被害届を出して、捜査陣との連携のもとに、犯人グループとの攻防が始まる。

 彼らから約四百万人の顧客名簿が入っているという記録媒体を受け取り、そのまま警察に引き渡して分析を依頼する。犯人グループ三人を逮捕して、捜査当局が事件の輪郭をつかんだ一カ月後、読売新聞がスクープした。

 そして、わたしが記者会見に臨むことになる。

 記者会見はどのようなものであったか。危機管理のコンサルタントである、田中辰巳の「そんな謝罪では会社が危ない」(文春文庫)を引く。ちなみに、わたしの会見は「こんなお詫びは許されない」の章立てのなかで、「役者不足の謝罪」に分類されている。

 「突如として読売新聞にスクープされてしまった。この段階では、まだ犯人が逮捕されていない(逮捕は五月三十日)。……寝耳に水の話だったのだろう。……心のどこかで記者団に対して親近感も覚えていたのか。それは、少し前まで同じ立場にいた仲間であり、対等な関係にあるという意識にもつながっていたのだろう」

 わたしの心境を断定するに足る、田中のインタビューはない。犯人逮捕について誤認もある。

 読売新聞の二〇〇四年二月二四日付夕刊はいう。

 「逮捕されたのは、北海道函館市、会社役員湯浅輝昭容疑者(六一)。……(ソフトバンク)グループ側は、湯浅容疑者と接触した二日後、ヤフーBB加入者二百四十二人分の情報が社外に流出していることを公表していた」

 わたしがこだわったのは上場企業の適時開示の原則である。読売新聞の報道は冷静にその点を押さえている。この二年余り後、KDDIが同様の事件に襲われたとき、このような適時開示がなかったため、報道陣が追及したと聞く。

 田中の記述の誤りは責められない。経済事件記者として遭遇した数々の犯罪と比べても、複雑怪奇なこと例をみない。

 読者に乞うて、次号以降もまた、事件の真相に迫りたい。 (敬称略)

 エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

 定期購読は

 http://www.elneos.co.jp/order.html

 電子版は

 http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加