ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

倒産の危機に立ち向かう7人の侍たち 「経済ドラマ」の新しい地平線を切り拓いたか

 倒産の危機にあるタクミ電機の会長である譲原三郎(岸部一徳)は、ひそかに7人の社員による再建のための戦略室を立ち上げる。営業部長から子会社に左遷の形をとって、その室長になる矢作篤志(唐沢寿明)らに彼はいう。

 「奇跡を起こせ」と。

  ドラマのナレーションは、これは過去の話ではなく現在も企業のなかで、進行形であると告げる。

  NHKのテレビ60年記念ドラマ「メイドインジャパン」である。1月26日(土)から3週連続で放映された。再放送に加えて、いずれ再々放送もあろう。

  「7人の侍」たちは、室長の矢作のもとに、技師長の西山慶吾(国村隼)、財務課長の柿沼雄二(吉岡秀隆)、過去の大量リストラを手掛けた宇崎英作(平田満)らである。

  東京・大田区の町工場から世界的な家電メーカーに成長したタクミが、テレビや半導体の不振によって、メインバンクから見放されて借り入れの返却を迫られ、その期限つまり余命は3カ月しかない。

  タクミが経営の立て直しにかけていたのは、電気自動車向けのリチウムイオン電池である。大手自動車メーカーとのまとまりかけていた契約が、中国の電機メーカーであるライシュの低価格の製品との競争に敗れる。

 そして、ライシュの製品の核となる技術が実は、タクミが開発したものであることがわかる。

 再建の方策をまかされた室長の矢作と同期で、8年前のリストラで切った迫田貴弘(高橋克実)がその開発にかかわり、ライシュに持ち込んだことがチームによって解明される。

  「経済ドラマ」というジャンルがあると、わたしは考える。ジャーナリズムとドラマの融合である。現実に起きている経済事件の本質が、虚構のドラマによって深い感動を呼ぶ。さらに、そのドラマは近未来を予言する。

 フィクションとノンフィクションの重なり合うところに、経済ドラマの限りない領域があると思う。

  NHKの経済ドラマなら、真山仁原作の「ハゲタカ」(2007年)である。銀行員として、中小企業を倒産に追い込んだ過去を持つ、ファンドマネジャーが日本企業に買収、再編を仕掛ける。その対象は大手電機であり、玩具メーカー、老舗の旅館など多岐にわたる。

 ジャーナリスト出身の真山氏の精緻な取材がベースにある、原作を巧みに生かしている。フィクションとジャーナリズムが融合されている。

  主役のファンドマネジャーを演じた大森南朋は、この作品が海外の賞を獲得したこともあって、一躍日本を代表する俳優の仲間入りを果たした。

 ラストシーンで、大森が倒産させた中小企業をひそかに訪れて、路傍に落ちたネジを拾う。彼がファンドマネジャーを辞めることが暗示される。

 リーマンショック後に、激烈なマネーの世界から抜け出す人々をみた。ドラマの予言性である。

  「メイドインジャパン」もまた、現実の企業の経営危機について取材した経緯が、チーフ・プロデューサーの高橋練によって、明らかにされている。

多方面に取材をした結果として、ドラマのなかにさまざまな企業が透けてみえるようである。パナソニック、シャープ、トヨタ……。

   「メイドインジャパン」は、創業者一族の経営判断の誤りが、経営危機を招いた大きな要因であるというシナリオである。テレビや半導体事業の継続のために、8年前にリチウムイオン電池の開発を、タツミ電機いったん中止した。その技術が中国企業に結果として移転し、競争に敗れる。

   「ハゲタカ」が企業買収や再編に関する、金融の新しい潮流をていねいに説明しながら、そのターゲットになった企業の業界の環境についても描いた。

   「メイドインジャパン」は、日本の製造業が直面している危機の要因について、経済ドラマの隠し味であるジャーナリズムの要素が弱いように映る。

   産業界で働く人々は、自らの身に降りかかっている運命が、なにによってもたらされたのかいま、ようやくわかってきている。

   インターネットによる情報革命をきっかけとして、製品のデザインやコンセプトを決めて、世界的に最適な部品調達と組み立て地を選ぶ、製造過程の革命に日本企業は遅れたのである。本社と下請けを垂直に統合した生産モデルが行き詰まった。

   「日本式モノづくりの敗戦」(野口悠紀雄著)のなかで、野口教授が指摘している「ファブレス化」である。本誌がなんどか取り上げている中国の巨大組み立て専門工場もまた、その生産過程のひとつのブロックである。

  そして円高である。「アベノミクス」の理論的主柱である、イェール大学の浜田宏一名誉教授が「アメリカ経済は日本経済の復活を知っている」のなかで、欧米のメディアを引用しながら説くように「日本の経営者ばかりを批判するのは間違いである」という視点である。

  円高の正体が、浜田教授が指摘するように、日銀の無策にあるとしても、欧米の財務当局者からいま、円安の動きを容認する発言がなぜ出ているのか。

   これもまた、フィクションとジャーナリズムが融合して、経済ドラマとなるテーマである。

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉村作治先生 古希記念エッセー集 寄稿

2013年2月1日刊

 東日本大震災は、戦後の日本社会を問うばかりではなく、世界の人々がこれからの生き方について考える歴史的な転機になっていることは、いうまでもないことでしょう。

 2011年3月11日を境として、「戦後社会」は終わり、「災後社会」が始まる。作家の猪瀬直樹先生の歴史の見方です。冷戦後も日本人は、ディズニーランドのような、安逸な暮らしを続けてきましたが、震災後の日本人は厳しい内外の現実に向き合わなければならないというのです。

 こうした災後社会にあって、「知の巨人」として、吉村作治先生のこれからのありようがあるのではないかと思います。

 私事にわたりますが、会津若松で生まれ、幼少年、青年時代を仙台で暮らしました。東北出身者には、未曾有の災害がどうして故郷を襲ったのか、気持ちの整理がつかぬままに、いまだに心安らがぬ日々が続いています。

 そうしたみちのくの地である、岩手県花巻市博物館において、2012年9月から11月にかけて、「吉村作治の古代七つの文明展」が開かれたことは、故郷の人々をどれほど勇気づけたことでしょう。エジプト文明やオリエント、ギリシャ文明と並んで、東北の縄文時代の出土品の数々を展示して、「縄文文明」と名づけられたのです。

 三陸沿岸の震災地の取材を続けております私にとって、花巻での吉村先生のトークショーのご発言には、目を開かされました。

 吉村先生はいつものように優しいまなざしで観客を見渡されて、こうおっしゃったのです。

 「大震災を人は災害というが、自然からいわせるとしたら単なる『自然活動』なのです。人類の文明は、自然と戦うのではなく共生することによって育まれてきました」

 「戦後社会」は高度経済成長のなかで、自然をあたかも征服したかのようにして、豊かさを手に入れてきました。「災後社会」をどのように築いていくべきなのか。

 人類の数万年に及ぶ歴史のエッセンスをぎゅーっと絞って、吉村先生が発するお言葉が災後社会の指針となる予感がしています。

 古希をお迎えになられたことを心よりお喜び申し上げるとともに、いまだ衰えぬチャレンジ精神にただただ感服するばかりです。

 その吉村先生がまた震災地のいわき市に本部を置く、東日本国際大学と協力して「復興学」を2013年春から始めようとなさっていらっしゃいます。

 日本は、そして世界は、先生の思想から学ぶことになります。                            (了)

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKドラマ10「いつか陽の当たる場所で」 上戸彩の今日性とは

 古い日本家屋の薄暗い居間で、綾香(飯島直子)と芭子(上戸彩)がそれぞれニンジンと長ネギをマイクにみたたて手に握り、PUFFYのヒット曲である「アジアの純真」を歌う。

   白いパンダを どれでも 全部 並べて

   ピュアなハートが 誰かに めぐり会えそうに 流されて行く

   未来のほうへ

  NHKドラマ10「いつか陽の当たる場所で」第1回(1月8日放映)である。タイトルは「前科ある二人」。

 ドラマのスタートは、上戸が女子刑務所から7年間の刑期を終えて、出所するシーンから始まる。誰も迎えはなく寂しそうに道を歩み始めた上戸に、飯島が駆け寄ってくる。刑務所の仲間で先に出所したことがわかる。

 田園風景のなかを走る電車に乗り込んだふたりが目指すところは、上戸が住むことになる亡くなった祖母が残した、東京の下町である谷中の2階建ての住宅である。

 上戸の出所に備えて、自分も同じ町内に住み始めたことを飯島は告げる。

  第2回「強くなりたい」(1月15日放映)と合わせて、ふたりの過去と、上戸の隣りに住む老夫婦や飯島が勤めるパン屋の主人、そして上戸の家族たちが紹介されていく。

  女子大生時代にホストクラブにはまった上戸は、ホストに入れあげるカネを目当てにして、出会い系サイトなどで知り合った男たちに睡眠導入剤を飲ませて眠らせ、財布から金を抜き取る。

 朝帰りの上戸が警察に逮捕されるシーンでは、母親の妙子(浅野温子)と父親、弟が自宅の玄関でみつめる。

 「ごめんなさい」と上戸は泣き崩れる。

  飯島の刑事事件は、夫の家庭内暴力に苦しめられた末に息子を守るために、ネクタイで夫の首を絞めて殺す。

  「アジアの純真」は、上戸が刑務所の演芸会で披露して、仲間にほめられた歌である。飯島も歩きながら口ずさむ。その視線の先には、自分の過去を思い出させる、仲むつまじい母親と子どもの姿があった。殺人を犯した彼女は、息子と会えないのである。

  ドラマの原作は、乃南アサの「いつか陽のあたる場所で」と「すれ違う背中を」。上戸のこれまでのイメージをくつがえす、汚れ役である。

 飯島とともに刑期を終えた女ふたりが、過去の人生を背負いながら、陽の当たる幸せな場所に再びたどり着けるのか。

  上戸は歌手としてデビューし、数々のCMに登場し、テレビドラマと映画の間を行き来する女優である。

  「エースを狙え」「アタックNo.1」などのテレビドラマ、そして映画「テルマエ・ロマエ」と、その代表作にはコミックを原作とするものが多いように思う。

  愛くるしい美少女の風貌を20代後半まで崩さず、ユーモラスなしぐさが似合う上戸が、コミックと相性がいいのはよくわかる。

 2012年の邦画の興行成績ではトップクラスとなった、「テルマエ・ロマエ」は、いわゆるタイムスリップ物である。阿部寛のローマ人の浴場設計者が現代の上戸の前に現れる。上戸は売れない漫画家である。

 日本の銭湯に学んで、過去にもどってローマの浴場建設に新たなアイデアを盛り込む、阿部と上戸は、コミカルな演技をこなしている。

  コミックとテレビドラマ、映画がコンテンツとして、あるときはコミックが原作となり、テレビドラマが逆にコミックなり、テレビのアニメが映画の実写版になる。

 日本のコンテンツが、多様さを極めている「相互交流」である。

 これは現代に起きた現象ではない。江戸時代に遡れば、絵草紙が芝居になり、芝居が絵草紙になる。

 現代の映像作品は、江戸時代あるいはそれ以前からの日本の文化の伝統を引き継ぐものである。

  上戸の今日性は、優れたコンテンツといえるCMの世界と、テレビドラマ、映画を自在に行き来するところにある。

 演出家が使ってみたい女優なのである。彼らは次々に上戸に新しい挑戦の機会を与えている。美少女の面影を残す彼女もいつか30代を目前にしている。演出家からみれば、女優としての上戸が脱皮して新たな相貌をみせる瞬間をみたいのであろう。

  「いつか陽の当たる場所で」は、上戸が、友人である飯島や周囲の人々とのふれあいのなかで、人間として成長していくドラマでもある。

  休日の飯島と動物園に遊びに行った上戸は、そこで大学のゼミの友人とその息子に出会う。彼女の袖口からみえた、家庭内暴力による傷を飯島は見逃さない。

  飯島と上戸はその息子を預かることになる。友人が夫と食事にでかけるためだ。

 どしゃぶりの雨のなかを友人が、上戸の家に子どもを連れ戻しにやってくる。

 その直前に、上戸は自宅から宅急便で送られてきた自分のぬいぐるみについて、その子に説明する。

  「わたしはね、習い事も下手だったし。お母さんにほめられたことがなくて。いつもこのぬいぐるみに話していたんだよ。でもね、やっぱり、直接話さないとだめだよ」と。

  顔と洋服に明らかに新たな暴力の跡をとどめた友人が、どしゃぶりのなかを逃げるように立ち去ろうとしたとき、子どもが泣き叫ぶように呼びかける。

  「おかあさん、笑ってよ。僕は笑っているおかあさんが好きなんだ」

  女優上戸の成長ぶりを観るのが楽しみである。

 (敬称略)

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクの子会社から個人情報が漏えいした事件は、インターネットを熟知する社内の調査チームが、犯人を追いつめた。

 警視庁の「サイバーポリス」に対して全面的に社内情報と資料を提供したのは勿論である。

 捜査当局あるいは監督官庁との協調は、公明な広報活動のいうまでもない前提である。

リコールの問題をめぐって、三菱自動車は再び監督官庁である経済産業省と、その届け出について摩擦を起こしたかにみえる。

 広報パーソンとして学ばなければならない多くの教訓を含んでいる。

 本題の情報漏えい事件に戻る。ほぼ同時にふたつのルートから、顧客の個人情報を取得したことをもって、恐喝される事態に陥った、トップを委員長とする危機管理チームは当初、いい知れぬ恐怖感に襲われた。

 同一犯人によるものなのか、あるいはふたつのルートはそれぞれ犯罪者集団が異なるのか。

 最初に脅迫してきたグループは、危機管理チームの一員と接触して、警察との協力のもとに、金銭の取引を条件として、400万人分を超える個人情報が入った、記録媒体を受け取った。

 この時点で犯人グループは、会社として警察に届け出て捜査に協力していることを知らない。

 危機の発生に際して、トップが指示した三つの方針を達成する端緒についたわけである。方針とは、①悪に屈しない②(対外的に)嘘をつかない③二次被害すなわち個人情報が犯人グループの手から第三者あるいは、ネット上に流出するのを防ぐ、であった。

 手に入った記録媒体の個人情報の分析と、個人情報のデータベースに接触した記録などから、業務委託会社の社員が浮かび上がった。

 この男は恐喝あるいは、個人情報を盗み出したことによって、逮捕されたか。「刑法の壁」に突き当たって、この男は逮捕を免れたのである。

 刑法上、窃盗は「財物」を盗むことが、犯罪の構成要件である。明治時代に電力網が張り巡らされるようになった時、いわゆる「電気泥棒」が現れた。電線から勝手に線を引いて、電気を使用したのである。従来の財物とはみなされないことから、刑法改正によって、電力を財物とする、としたのである。

 個人情報は財物ではない。犯人が個人情報を会社の紙に印刷して持ち出せば、この紙を盗んだという容疑によって、窃盗犯で逮捕することができる。

 調査チームが突き止めた男は、社外からいわゆる「踏み台サーバー」を悪用して、データベースにアクセスして瞬時に記録媒体に落とし込んだのである。

 この男は、ネット上のペンネームともいえる「ハンドルネーム」でインターネットに関する評論を書いていた。

 事件の全体像がみえた時点で、記者会見したトップは、記者の質問に答える形で、この男のハンドルネームを明らかにした。

 このような行為によってしか、情報漏えい事件の実行犯の社会的責任を問えなかったのである。

(この項続く)

エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

 定期購読は

 http://www.elneos.co.jp/order.html

 電子版は

 http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「この国はどこで間違ったのだろう」。東京の下町の居酒屋のカウンターに酔いつぶれそうになって、平山周吉役の橋爪功はつぶやく。山田洋次の監督50周年記念作品の「東京家族」のシーンである。東銀座の松竹本社の試写室のいすにからだを沈めた。

周吉は瀬戸内の島に住む元教師、妻と連れ添って東京の子どもたちを訪ねる。郊外に開業した長男、美容院を営む長女、舞台芸術のアルバイト暮らしの次男。

 学生時代の親友と酒を酌み交わしている周吉は、「医師の長男を持って幸せだ」と何度もいわれる。しかしながら、言葉はかみ合わない。

 「この国はもう立ち直れないではないだろうか」とこたえる。

 終戦後の貧しい日本を知り、高度経済成長のなかで家庭を築いてきた老人の述懐である。同じ時代を生きてきた、父の世代、団塊の世代、それに続くわたしたちの世代の嘆きともいえるだろう。

 同世代の安倍晋三首相は「日本を取り戻す」という公約を掲げて、再び印綬を帯びた。

 そして、「アベノミクス」である。国土強靭化計画はケインズ、通貨供給量の増加によるデフレ克服はマネタリスト、規制緩和や新産業の創造はシュムペーターであろうか。過去の経済理論を総動員したかのようだ。

 東京株式市場はそのアベノミクスを囃すように、4日の大初会は活況となり11年ぶりの上げ幅となった。

 さらに、東証と大証が経営統合した日本取引所もこの日、東証1部に上場した。戦時統制下の昭和18(1933)年に東証株が上場を廃止されて以来のことである。

 戦争に突入する前まで、兜町と北浜は相場師たちが闊歩する資本市場のるつぼだった。獅子文六の原作で映画のシリーズとなった「大番」のなかで、牛ちゃんと呼ばれる主人公のあだ名は、強気の相場を英語で雄牛の「ブル」にたとえるところからきている。

 「家族」の試写会を終えて、地下鉄で兜町を訪れる。遅い昼食となって、うなぎ屋に入る。縁起をかつぐこの町の人々は、ブルの相場と「うなぎのぼり」をかけてよく食べる。座敷は満員で、値の張る重箱を抱え込むようにしている。

 兜町では金融記者として、87年のニューヨーク市場に端を発した大暴落も、89年末の時価総額590兆円からつるべ落としに下落する相場も、山一証券の倒産もみた。

 アベノミクスはいったいこれから、どのような幸せをもたらすのか。わたしたちは、なにを取り戻すのだろうか。

 「家族」の主人公である周吉は、東京の旅の途中で妻を亡くし、遺骨を抱えて島の実家に戻る。その葬儀を終えて、最後まで残ってくれた次男の恋人にこういう。

 「これから厳しい時代になると思いますが、息子と一緒にがんばって暮らしていってください。ありがとう」と。

 批評家が多いであろう会場に、すすり泣くような気配が満ちた。 

 経済理論を超えた地平にみえる時代の気分に、安倍首相が目をこらすとき、アベノミクスに血が通うに思う。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加