ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月11日の前日の夜明け前、福島県いわき市の新舞子浜に1000人以上の老若男女と浜辺の防波堤に並んで、海に向かって鎮魂の祈りを捧げた。ジャーナリストの下村満子さんが県内で主宰する私塾と中小企業の経営者の組織が、震災後1周年の昨年から始めた催しである。東京や浜松など県外からの参加者もいた。

  いわき市は地震と巨大津波に襲われ、さらに北にある町村が福島第1原発の事故の被害が直撃した地域である。

 「福島を忘れない 祈りの集い」の集会はその前夜、避難者や遺体の捜索にあった警察、消防団の体験談の報告などがあった。認知症の老人施設の女性経営者が、原発事故後の行政の混乱のなかで、富岡町から川内村、川俣町、福島市と、彷徨するように避難した様子が淡々と語られる。

  「福島は忘れられようとしているのではないか」という地元の人々の心配の声が、催しを毎年やろうという後押しになった。

 反原発や脱原発の演説があったわけではない。祈りの当日もそうであった。

 事実を事実として語らしめよう、というジャーナリズムの原点にこだわってきた下村さんらしい運営の方針である。

  3月10日に放送されたNHKスペシャルの3.11のシリーズである「メルトダウン」もまた、福島を忘れないジャーナリストたちによる「調査報道」である。福島第1原発の事故の原因が、政府や東京電力、国会事故調査委員会などによってもいまだにはっきりとしないなかで、調査の意欲が衰えてしまうことに、取材チームが危機感を抱いていることが繰り返し、進行役の報道局員によって伝えられる。

  ジャーナリズムはまず、読者や視聴者に判断の材料を提供することにある。事実を掘り起こすことと、それに対する評価は厳格に区別しなければならない。

  「メルトダウン」は、原発事故の各種の調査資料と関係者400人以上のインタビュー、原子炉設計者や流体力学などの学者チームを組織して、事故の深層に迫る。

 さらに、事故の原因と想定される事実を掘り起こしたうえで、実験装置を組み立てて、シュミュレーションを行うのである。

 「実験ジャーナリズム」とでもいえよう。

  取材班は、福島第1原発のメルトダウンンの原因について、第1号機、2号機、3号機のそれぞれについて詳細な検討を加える。

 第1号機と第2号機では、冷却装置が異なっていた。東電の現地の対策本部は、第1号機よりも第2号機の装置のほうが複雑な構造であるために、機能が失われることを懸念し、そちらに注視していた。

  第1号機の冷却装置が稼働していれば、建屋の壁から外に向かって開いていたふたつの「豚の鼻」と呼ばれる排気口から、水蒸気が出る。事故の記録をみると、「モヤモヤした蒸気」がでたことが報告され、安心感が広がる。

 ところが、この冷却装置は40年間にわたって、稼働したことがなく、原発の作業員たちは、どのような蒸気が出るか見た者がいなかったのである。

 取材班は、米国にある第1号機と同じ型の原子力発電所を訪ねる。そこでは、4年ごとに冷却装置を稼働させている。作業員にどのような状態になるか教育するためである。

 稼働すると建屋を覆わんばかりの水蒸気が発生し、轟音がでるという。「モヤモヤ」は、稼働が停止する際の状態である。

 この事実に対して、取材班はメルトダウンを防ぐチャンスを見逃した、と断定する。

  第3号機のメルトダウンは、消防車による炉心への注水によって、防禦が図られようとした。炉心にいたる複雑なパイプラインをそこかしこで、バルブを閉めることによって、一直線に水を注ぐラインがつくられる。冷却に十分な水量が流れ込んだはずだったが、炉心はメルトダウンした。

  学者のチームとの連携によって、このラインが本来ならまっすぐに炉心に水を入れる、直通の管となったはずが、その途中で別のルートに水が流れたことがわかる。このルートに水の浸入を防ぐポンプが、電源の喪失によって稼働しなかったのである。

  取材班は、この点について、イタリアの定評のある実験施設で、当時の再現を図る。その結果、注水した水の55%が脇のルートに流れたことがわかった。

  しかも、消防車による注水は、実際のところ「ぶっつけ本番」だったのである。

 福島原発の事故後、炉心冷却の最後の拠り所として、各地の原発に消防自動車が配備され、建屋の注水工につなぐ訓練はなされている。しかしながら、現実に注水した場合に、どのようなルートで炉心まで達するのか、途中で脇に水が逃げることはないのか、その検証は行われていない。

  原発の複雑な配管のなかから、注水ルートと、別のルートに水が流れるルートを、映像で描いていく。実験施設を使って、消防自動車から注水した水を赤く色づけて、炉心にその半分もいかないことが、超高速度カメラのスローモーションによってわかる。

  番組の最後に、原発の事故の原因をこれからも調査報道していくことが淡々と語られる。

 「実験ジャーナリズム」が可能なのは、テレビだけではないだろう。3.11の新聞のページをくくりながらそう思う。

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

   石巻の名勝地である、日和山からは太平洋に向かって海辺の町が見える。振り返ると、北上川の河口から上流沿いに扇を大きく開いたように街並みが広がる。

  日本海側が吹雪に見舞われた3月初め、石巻を訪ねた。震災後は半年ぶりである。この地方特有の春先の嵐のような突風が吹きすさぶ。瓦礫の撤去が進んで、半年前の埃っぽさはない。東洋一の水産加工団地を誇った魚市場周辺には、工場が再建されつつある。

  少年時代から青春を仙台で過ごした私が、友人たちに訪れることを薦める場所がふたつある。北上川の河口から仙台の南の閖上(ゆりあげ)浜まで、太平洋と並行するように走る、日本最長の人口運河である「貞山(ていざん)運河」。伊達政宗が掘削を命じた。16世紀から明治17(1884)年まで400年にわたる歳月をかけて掘り進められた。総延長は49㎞に及ぶ。

   もうひとつが、仙台市博物館の支倉(はせくら)ルーム。ここには、国宝の「慶長遣欧使節資料」がある。1613年10月28日、政宗の命により、藩士の支倉常長が石巻に近い月ノ浦を帆船で出航し、メキシコのアカプルコを経て、スペインのバルセロナなどを通ってローマに至った。その間にスペイン王やローマ教皇に拝謁し、洗礼を受けた。現地で描かせた自身の肖像画やパウロ5世の肖像画、自らのローマ市公民権証などが展示されている。

   政宗が使節を送った意図には諸説がある。常長研究の権威で「和辻哲郎文化賞」の受賞者の大泉光一博士によれば、スペインとローマ教皇と結ぶことによって、日本国内のキリシタン勢力を糾合して、徳川幕府を打倒するための密使だったという。

   震災地の故郷はいま、新たな歴史の物語を掘り起こしつつある。巨大津波が去った後、運河が恐ろしい速度の引き波を防いだということがわかる。政宗が掘削を命じた直前、マグニチュード8.5以上と推定される「慶長大地震」によって巨大津波が打ち寄せ、仙台藩内で約5000人が犠牲になった。運河建設にかけた政宗の意図は防潮にあった。

   今回の震災によって、貞山運河も被害を受けた。宮城県が中心となって修復して、観光資源にしようという計画が策定されようとしている。

   そして、常長の新しい物語である。月ノ浦を出帆してから400年に当たるのを記念して、日本とスペインは2013年6月から翌年の7月にかけて、交流年のイベントを繰り広げる。日本側の名誉総裁は皇太子殿下がお務めになる。

   石巻市渡波の海辺にある宮城県慶長使節船ミュージアムに、常長が乗船した「サン・ファン・バウティスタ号」の復元船がある。巨大津波に襲われて、原型をとどめながらもマストの上部などが破損したため復旧が急がれている。

   東日本大震災は869年の貞観地震以来、1000年に一度の巨大地震である。戦後の日本経済の繁栄の成果は、一瞬にして震災地から消えた。記憶の時間軸を過去にさかのぼらせて、震災地は足元の歴史をあらためて見つめている。そこには、心の支えになるばかりではなく、復興の大きな梃となる観光資源が埋もれていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

  サスペンスの謎解きは、幕が下りる瞬間にすべての出来事が、すーっと1本の線で結ばれる。まるで幾何学の補助線を引いて問題が解けるかのように。

  NHKよる☆ドラ(火曜日夜)の「書店員ミチルの身の上話」は、連続10回の最終回にあたる3月12日放映に向けてドラマはクライマックスを迎えようとしている。

 このコラムのシリーズは、ドラマを紹介するにあたって、初回あるいは第2回からうかがえるストーリーと俳優について批評してきた。

 今回はちょっと趣向を変えてみよう。「書店員」は第7回までみた。回を重ねるごとに、このドラマは緊張感が高まって、最後の謎解きがどうなるのか、その展開に引き込まれているからである。

  戸田恵梨香が演じる書店員のミチルが、街角の小さな宝くじボックスでバッグから取り出した宝くじが当たっているかどうか、読み取り機で調べてもらうシーンから、ドラマは始まる。

  売り場の中年の女性(田島令子)が驚きの表情を浮かべる。

 「お嬢さん、1等の2億円です」

  ドラマのタイトルバックに戸田恵梨香の上半身が流れるように映し出されて、語りが入る。ミチルが長崎の小さな町の書店員であることを告げ、宝くじに当たったことが彼女の人生を暗転させることが予言される。

  語りの主は、ミチルを妻と呼ぶ。第7回に至るまで、ミチルは独身であり、しかも「妻」と呼ぶ夫役は登場していない。この夫はいまのところ声だけで、配役は大森南朋である。

  よる☆ドラは、1回が30分である。タイトルバックと次回の予約、そして前回の要約部分を除けば20分のドラマの展開である。全10回であるから、長めの映画1本分といえるだろう。

  普通の日常を生きる人物が、ある出来事を契機に不条理ともいえる事件に巻きまれていく。それがサスペンスの醍醐味ではないか。

  いまさら、ヒッチッコックを持ち出すまでもないが。「北北西に進路を取れ」は、広告会社の社長役のケイリ―・グラントが打ち合わせに入ったホテルで、ベルボーイが名前を読んだ人物とスパイ組織に間違われる。無実の殺人犯として警察に追われる身となる。そして謎の美女エバ・セイント・マリーとのラブストーリーとなる。その果てに彼女との結婚という幕切れが訪れる。

  「書店員」のドラマの展開は、1話ごとにミチルの運命が暗黒に包まれていく。

  ミチルが当たりくじかどうか確認した宝くじは、勤務する書店の同僚から頼まれて買ったものである。冒頭のシーンは働いている長崎の町ではなく、東京である。

  宝くじを買った直後に、不倫関係にある東京の出版社の社員、豊増(新井浩文)が帰京するのに、気まぐれについていってしまったのである。

 長崎の実家と勤務先に、嘘に嘘をかさねるうちに、会社も首になって東京に住むことになる。

  そして、第1の殺人が起きる。ミチルは同じ町出身で弟のようにかわいがっていた、東京の大学生である竹井(高良健吾)を頼る。新たに借りたアパートの一室で惨劇は起きる。

 結婚を約束した地元の宝飾店の跡継ぎの久太郎(柄本佑)が訪ねてきたとき、たまたま部屋にいた竹井を慕う女子大生の高倉(寺島咲)が、けんかの末にミチルともみあう久太郎をフライパンで殴り殺してしまう。

 竹井と高倉は、冷静に布でくるんで、竹井のアルバイト先の料理学校の車で、久太郎の死体を富士山麓の樹海に捨てにいくのである。

  第2の殺人はそのように直裁的な描写は避ける。ミチルの不倫相手である豊増が、会社の使い込みがバレて追いつめられる。穴埋めのために、ミチルが宝くじの当選金のなかから500万円を用立てて、自分の部屋に置き、翌日にはなくなっている。

 殺人は、部屋に入るミチルを尾行するようにゆっくりと走る、竹井のアルバイト先の車によって暗示される。

  そして、竹井はミチルに携帯電話をかけて、一緒にミチルのフィアンセを処理した高倉が自殺したことを告げるのである。

  上京後に頼って、竹井の部屋にころがりこんだミチルであった。不倫相手の豊増に対して、竹井は「ゲイ」だから大丈夫といっていた。

 その竹井に恋人の高倉が現れる。

 子どものころは、ミチルにまとわりつくように従っていた竹井が、殺人現場の血で汚れた床を冷静にふき取る様に、意外な感じにとらわれる。

  長崎の小さな町の書店員だった、明るい性格のミチルが、竹井によって追いつめられていく。

  戸田恵梨香は、子役からの演技歴は長い。成人になってからも、脇役で演技力を磨いて、主演級になった女優である。現代を代表する美貌の女優のひとりであることは間違いない。

 それでありながら、平凡な女性の感情の揺れを表現できる演技派でもあると思う。

  「女優の恐怖の表情を撮るのが楽しみである」と、ヒッチコックは語ったという。

  「書店」のなかで、 戸田恵梨香はラストに向かってどのような恐怖を味わうのであろうか。そして、語りの夫役の大森南朋はどのように登場して、ミチルを幸せに導くのだろう。

  極上のサスペンスは、ハッピーエンドに決まっているだが。

 (敬称略)

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済事件の闇は、容疑者の逮捕によってもそのすべてが明らかにはならない。

 広報パーソンは具体的な経済事件から、感覚を研ぎ澄まして、自らが属する組織のために役立つ教訓を得ようと務める。

 経済事件の連鎖のなかで、広報パーソンが正気を失わないためには、犯罪の裏に潜む伏流を知っておかなければならないだろう。

 筆者が敬意を払っているのは、初代内閣広報官の宮脇磊介氏の箴言である。このシリーズでも紹介した。

 バブル経済崩壊後の不況のカゲには、反社会的勢力が巣食っている。「ヤクザ・リセッション」と宮脇氏は呼ぶ。

容疑者の有罪が確定したとしても、事件の闇の全体像が必ずしも明らかになるものではない。

 ソフトバンクの子会社である、インターネット接続サービス会社を襲った「個人情報漏えい事件」もまた、その闇はいまも深い。

 広報パーソンが経済事件から、教訓を引き出す、新しい手がかりとして『マネーの闇』(講談社oneテーマ新書・一橋文哉)を勧めたい。ペンネームの筆者はこれまでその個人情報をいっさい明らかにしない。デビュー作でグリコ・森永事件を追及した『怪人21面相の正体』などで知られる。大手新聞社の事件記者たちのチームのペンネームであるともいわれるが、その真偽はわからない。

 ただ、その作品に一貫しているのは、反社会的勢力による企業に対する攻撃の深層をえぐろうとする取材力のすさまじさである。

 最新作は、その集大成ともいえる。戦前、戦後を通じた数々の経済事件をとりあげて、その闇をかぎりなく暴こうとしている。

 最近のスマートフォンのアプリを悪用して、個人情報を無断で外部に送信させる事件について、一橋はいう。

 「実は今、こうした個人情報を売買するビジネスが、闇社会で大流行しているのだ。

 住所や家族構成から車のナンバー、携帯電話番号まであらゆる情報を扱う。入手先は役所や大企業をはじめ、パソコンや携帯電話を売るメーカーの人間や、取り締まりに当たる警察官、法的手続きをする司法書士まで含まれる」と。

 闇の勢力に対する捜査陣の体制はどうだろうか。

 「警視庁によると、11年に警察が解析した情報量は約330万ギガ・バイトで、4年前に比べて6・6倍に増えている。こうした事態に対応するため、警視庁は警視庁をはじめ主要警察本部を中心にサイバー犯罪に関わる専従捜査員を、ここ2年間で650人増員し、計1000人としたが、全く足りていないのが現状だ」と、指摘している。

 いわゆるサイバーポリスは増強されている。当たり前の話ではあるが、彼らは犯罪を捜査するのであって、企業などの組織は独自に防御の構えをとらなければならない。

 ソフトバンクグループは、内部の強力なネット技術者たちが犯人を追い詰めた。個人情報は犯人たちの手に渡りはしたが、警察が押収し、2次流出には至らなかったのである。

エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

定期購読は

http://www.elneos.co.jp/order.html

 電子版は

http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

倒産の危機に立ち向かう7人の侍たち 「経済ドラマ」の新しい地平線を切り拓いたか

 倒産の危機にあるタクミ電機の会長である譲原三郎(岸部一徳)は、ひそかに7人の社員による再建のための戦略室を立ち上げる。営業部長から子会社に左遷の形をとって、その室長になる矢作篤志(唐沢寿明)らに彼はいう。

 「奇跡を起こせ」と。

  ドラマのナレーションは、これは過去の話ではなく現在も企業のなかで、進行形であると告げる。

  NHKのテレビ60年記念ドラマ「メイドインジャパン」である。1月26日(土)から3週連続で放映された。再放送に加えて、いずれ再々放送もあろう。

  「7人の侍」たちは、室長の矢作のもとに、技師長の西山慶吾(国村隼)、財務課長の柿沼雄二(吉岡秀隆)、過去の大量リストラを手掛けた宇崎英作(平田満)らである。

  東京・大田区の町工場から世界的な家電メーカーに成長したタクミが、テレビや半導体の不振によって、メインバンクから見放されて借り入れの返却を迫られ、その期限つまり余命は3カ月しかない。

  タクミが経営の立て直しにかけていたのは、電気自動車向けのリチウムイオン電池である。大手自動車メーカーとのまとまりかけていた契約が、中国の電機メーカーであるライシュの低価格の製品との競争に敗れる。

 そして、ライシュの製品の核となる技術が実は、タクミが開発したものであることがわかる。

 再建の方策をまかされた室長の矢作と同期で、8年前のリストラで切った迫田貴弘(高橋克実)がその開発にかかわり、ライシュに持ち込んだことがチームによって解明される。

  「経済ドラマ」というジャンルがあると、わたしは考える。ジャーナリズムとドラマの融合である。現実に起きている経済事件の本質が、虚構のドラマによって深い感動を呼ぶ。さらに、そのドラマは近未来を予言する。

 フィクションとノンフィクションの重なり合うところに、経済ドラマの限りない領域があると思う。

  NHKの経済ドラマなら、真山仁原作の「ハゲタカ」(2007年)である。銀行員として、中小企業を倒産に追い込んだ過去を持つ、ファンドマネジャーが日本企業に買収、再編を仕掛ける。その対象は大手電機であり、玩具メーカー、老舗の旅館など多岐にわたる。

 ジャーナリスト出身の真山氏の精緻な取材がベースにある、原作を巧みに生かしている。フィクションとジャーナリズムが融合されている。

  主役のファンドマネジャーを演じた大森南朋は、この作品が海外の賞を獲得したこともあって、一躍日本を代表する俳優の仲間入りを果たした。

 ラストシーンで、大森が倒産させた中小企業をひそかに訪れて、路傍に落ちたネジを拾う。彼がファンドマネジャーを辞めることが暗示される。

 リーマンショック後に、激烈なマネーの世界から抜け出す人々をみた。ドラマの予言性である。

  「メイドインジャパン」もまた、現実の企業の経営危機について取材した経緯が、チーフ・プロデューサーの高橋練によって、明らかにされている。

多方面に取材をした結果として、ドラマのなかにさまざまな企業が透けてみえるようである。パナソニック、シャープ、トヨタ……。

   「メイドインジャパン」は、創業者一族の経営判断の誤りが、経営危機を招いた大きな要因であるというシナリオである。テレビや半導体事業の継続のために、8年前にリチウムイオン電池の開発を、タツミ電機いったん中止した。その技術が中国企業に結果として移転し、競争に敗れる。

   「ハゲタカ」が企業買収や再編に関する、金融の新しい潮流をていねいに説明しながら、そのターゲットになった企業の業界の環境についても描いた。

   「メイドインジャパン」は、日本の製造業が直面している危機の要因について、経済ドラマの隠し味であるジャーナリズムの要素が弱いように映る。

   産業界で働く人々は、自らの身に降りかかっている運命が、なにによってもたらされたのかいま、ようやくわかってきている。

   インターネットによる情報革命をきっかけとして、製品のデザインやコンセプトを決めて、世界的に最適な部品調達と組み立て地を選ぶ、製造過程の革命に日本企業は遅れたのである。本社と下請けを垂直に統合した生産モデルが行き詰まった。

   「日本式モノづくりの敗戦」(野口悠紀雄著)のなかで、野口教授が指摘している「ファブレス化」である。本誌がなんどか取り上げている中国の巨大組み立て専門工場もまた、その生産過程のひとつのブロックである。

  そして円高である。「アベノミクス」の理論的主柱である、イェール大学の浜田宏一名誉教授が「アメリカ経済は日本経済の復活を知っている」のなかで、欧米のメディアを引用しながら説くように「日本の経営者ばかりを批判するのは間違いである」という視点である。

  円高の正体が、浜田教授が指摘するように、日銀の無策にあるとしても、欧米の財務当局者からいま、円安の動きを容認する発言がなぜ出ているのか。

   これもまた、フィクションとジャーナリズムが融合して、経済ドラマとなるテーマである。

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加