ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

  アイドルの社会的役割のひとつは、「すっかりおばさんになっちゃったなぁ」と感じさせて、「若さのはかなさ」を「ファンだった人たち」に教えることである。

  2013年4月2日 – 1:35 Twitter 糸井重里

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の主人公の高校生・天野アキ(能年玲奈)の母・春子を演じる、小泉今日子を観ていると、糸井つぶやきが映像にかぶさるように聞こえてくる。

  ドラマの舞台は、三陸海岸の架空の町・岩手県北三陸市である。春子とアキの母娘は、実家の春子の母つまりアキの祖母である夏(宮本信子)が危篤、という偽の電報を受け取って帰郷する。

 差出人は春子の幼馴染である三陸駅の駅長である。海女のリーダーである夏が老いきたので、かつて後継者と目されながら、高校卒業後に東京に去った春子を呼び戻そうとした。観光振興のために、春子を海女にしたいと考えたのである。

  海女を目指すようになるのは、アキであった。東京に戻らずに母娘は夏の家に暮らすことになる。

 第3週「おら、友だちができた!」と第4週の「おら、ウニが獲りてぃ」は、アイドルという言葉がキーワードとなって、物語が綴られていく。

 アキが知り合った親友のユイ(橋本愛)は、上京してアイドルになることを夢見ている。町おこしのイベントとして開かれた、ミスコンテンストで、ユイは優勝して、夏祭りの山車に乗って一躍地元のアイドルとなる。

 潮が速くなる夕方から海に潜ることを、夏がアキに禁じたのに、それを破って溺れかかったために、アキは海女になる練習からはずされる。ユイがミスコンで輝いたのをみて、アキは勇気づけられ、夏に頭を下げて許しを得る。

  三陸沿岸の旧家には、複雑に入り組んだ廊下や隠し部屋がある。アヤが探索するように家のなかをめぐっていると、母の春子がかつて使っていた部屋が現れる。そこには、1980年代を彩ったアイドルたちの写真が壁に貼られている。春子役の小泉がアイドルだった時代である。

 アイドルを目指す高校生のユイと、ドラマが暗示する海女としてアイドルとなるアキの物語は、ふたりの美少女によって演じられる青春ドラマある。

  アキ役の能年玲奈とユイ役の橋本愛のふたりのやりとりは、若さの美しさと可憐さを感じさせる。その瞬間、瞬間の映像は、観る人々の無意識のなかにある、アイドルの青春ドラマと重なっているのではないだろうか。それは朝に放映される連続テレビ小説のも伝統的な持ち味である、こころに染み入るような余韻ともなっている。

  「あまちゃん」を観ているわたしは少なくとも、ふたりの物語から、薬師丸ひろ子や山口百恵、そして内藤洋子を思い浮かべるのである。主役である彼女たちとともに、脇役として絡み合った美少女たちの面影とともに。映画は「Wの悲劇」あり「伊豆の踊り子」である。

  脚本は演劇家であり、映画監督でもある宮藤官九郎が手がける。宮城県の旧若柳町(現在の栗原市)出身の宮藤が育った町と、卒業した県立築館高校の名前をみると、青少年時代を同じ県で過ごしたわたしには、その美しい田園地帯と名門高校のバンカラの気風がよくわかる。広大な穀倉地帯から北西を見上げれば、岩手県につながる奥羽山脈の名峰・栗駒山がある。

  大和朝廷が北方の守りとした宮城県の多賀城から北に向かうと、作家の宮沢賢治や太宰治、そして板画の棟方志功ら、京や江戸の文化の系列のくくりを超えるような芸術家が生まれるのではないか、というのはわたしの考えである。

  「宮藤ワールド」もまたそうした北の文明の地下水脈が表に出てきたのではないか。宮藤が脚本を手がけた、映画「木更津キャッツアイ」(金子文紀監督)や「GO」(行定勲監督)は、ドラマの筋立てばかりではなく、登場人物のユニークさと演技において、日本映画のどの系譜につながるのか、その位置づけがわたしには困難である。

 「あまちゃん」もそうした宮藤ワールドで繰り広げられるドラマである。

  そのなかで、アイドル・小泉今日子は笑顔を隠した、奇妙な母親役を演じて、観る者を飽きさせない。歌手でデビューした彼女の女優としての可能性を見せたのが映画「怪盗ルビイ」(1988年・和田誠監督)である。作家の小林信彦が、アイドル映画の最高傑作としてあげる作品である。スタイリスト役の小泉が、実は怪盗で、相手役の隣人の真田広之を相棒に誘い込んで盗みを企てる。

 イラストレーターとしての卓越した才能のほかにも、宮藤同様に多彩な活躍で知られる和田誠が、監督として小泉の魅力を引き出した。

  「あまちゃん」の小泉は、糸井のいうように「若さのはかなさ」を感じさせるばかりではなく、アイドルが成熟して、日本を代表する女優としての存在感を示している。

 アイドルが演技派女優に生まれ変わる。ファンの喜びである。

  「あまちゃん」の物語の設定は、2008年夏から始まる。三陸の青い海の風景をあしらいながら、陽気なテーマ曲で毎回開幕するドラマは、東日本大震災の2011年春に向かっていくのであろう。                            (敬称略)

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

  「首相動静」

 「自民『女性の悩み聞きます』ネットワーク機関創設へ」

 それぞれのタイトルのURL(ネット上の掲載位置の情報)をクリックすると、新聞社のニュースサイトに飛ぶ。

 ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)のツイッターである。

 それでは誰がいったい「つぶやいている」のであろうか。

 なんと民主党の「公式アカウント」つまりツイッターによる広報戦略の窓である。自民党ではない。

 美術家にして作家の赤瀬原平氏がかつて、三省堂の「新明解国語辞典」の改定新版について言葉の意義を読み解いて、「新解さんの謎」(文春文庫)のベストセラーを書き記した。犯罪の容疑者を割り出すプロファイリングのように「新解」の編集意図を読み解いていく。「女性に厳しく、カネを持っていない」と。

 「政党ツイッターの謎」がそれぞれの党のアカウントにあふれている。ライバルの党の動静について、ニュースなどを「リツイート」つまり転送している。所属議員などのブログなかりではなく、有識者のブログをリツイートしている現象も多くみられる。

  日本維新の会は、選挙の際に推薦した首長のツイッターをしばらくしてから、要約の形でつぶやいている。即時性や同時性が特性であるツイッターの使い方としては、やはり謎である。

  企業広報の戦略を練った広報パーソンなら読み解くことは容易である。

  政党そのものに広報戦略がないかあるいは、ツイッターなどのSNSについてできる人、おそらくは若手に任せきりなのである。

  政党に限った現象ではない。政治家のツイッターの謎も多い。その政治家との関係がうかがえない人のツイッターをリツイートしたり、関係のない本の紹介についてリツイートしたりする。

  政治家ではなく担当者のアカウントと化している。政治家のつぶやきは、口頭の言葉か書いた文章を代理でつぶやいているのであろう。

  インターネットを使った選挙運動を解禁する公職選挙法の改正案は、このコラムを執筆中の四月中旬に衆議院本会議を全会一致で通過した。今夏に予定されている参議院選挙がその解禁後の初の選挙となる。

  この改正案に至る過程で、メールによる選挙活動をどの範囲まで認めるか、あるいはなりすましや中傷についてどのような措置をとるのかが論議の中心となった。

  バーチャルとリアルの世界の間になにか隔たりや壁があるかのような問題の設定ではないかと思う。

  インターネットはすでに二十年近い歳月を経て、ふたつの世界は混然一体となっている。

  企業広報の専門家たちには常識である。ホームページやSNSのアカウントを持たないのは、ひとつの世界の半分を失う、つまり企業の存在感は不完全となる。

  いったい何を、どのような手段で、どのように伝えていくのか。広報戦略こそが重要である。

  政党も政治家も企業広報が至っている地点まで、たどり着いていない。

(この項続く)

エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

定期購読は

http://www.elneos.co.jp/order.html

 電子版は

http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 宵闇に包まれた東京湾を望んで、スカイツリーの点滅が遠くに、間近にはライトアップされた東京タワーが。森ビルの六本木ヒルズの展望フロアから眺めると、皇居に向かって放射状に走る広い幅員の道と、それらをつなぐ環状の道が、光の筋となる。暗く浮かび上がるのは、公園などの緑地である。

 人々の生活する住宅地が、働く場である都心から遠ざかって光の海となった。こうした職住分離型の都市に対して、職住隣接型の「垂直の庭園都市」を提唱したのが、昨年3月に亡くなった森ビル社長の森稔氏だった。港区内で大規模な地域を地権者たちと長い年月をかけて「共同建築」する手法によって、緑地を広く取り入れたアークヒルズと六本木ヒルズを造った。

 森ビルは終戦後に、稔氏と父親で横浜市立大学商学部教授であった故泰吉郎氏が設立した。森家はもともと、港区内で米穀商のかたわら貸家業を営んでいた。

 森親子のふたつのヒルズに至る人生と、首都の都市計画の歴史は織りなされて、震災地の復興にも役立つ街づくりの道筋を照らし出す。

 大正12(1923)年9月の関東大震災は、森家の実家とその家作のすべてを灰にした。泰吉郎氏は自伝のなかで、復興院総裁の後藤新平が手掛けた「帝都復興計画」の区画整理事業を評価する。土地の所有者に対して、道路などの公共用に一部を提供させた。家作が立っていた土地は借地が多く、焼失によってその権利も失ったが地権者を説得して回った。

 戦後の森ビルの草創期に虎ノ門地区に次々に建設した賃貸ビルが、自社の土地の周辺の地権者を稔氏が説得して「共同建築」方式を取り入れた原点が、そこにはある。

 首都の都市計画の権威である越澤明博士は今回の大震災後、「後藤新平―大震災と帝都復興」によって、復興計画が大きな成果を上げたことを明らかにして洛陽の紙価を高めた。

 復興事業によって、震災で焼失した面積の約9割の約3119㌶が区画整理された。放射状・環状の道の新設や拡張、公園の整備もその成果である。

 戦後の都市の戦災復興計画は、首長の意欲の有無で大きな差異を生む。首都は弥縫策に終わった。昭和39(1964)年の東京五輪に向けたインフラ整備は、帝都復興計画の遺産を食いつぶした。シンボルロードとして拡幅した美しい道に、高速道路が覆いかぶさった。

 ふたつのヒルズが立つ赤坂・六本木地区は、関東大震災と戦災で焼け残った民家が多かった。森ビルはアークに20年、六本木に17年の年月を費やした。地権者が前者で2割、後者では8割がそれぞれのヒルズに住み続けている。

 帝都復興計画以来、実は都市計画が不在だった首都において、港区という地域のなかで、地元で生まれた企業とその経営者が住民を説得しながら、街づくりを進めてきた。

 行政にかかわる人々にとってもやりがいがある仕事ではないか、と稔氏は自著のなかで述べている。震災地復興に取り組んでいる人々に対する遺言とも読める。

 六本木ヒルズは4月25日に開業10周年を迎える。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

  テレビ放送が始まってから、今年2013年は60周年である。NHKの本放送の開始は1953(昭和28)年2月 1日午後2時、祝賀番組は尾上梅幸と松緑らによる「道行初旅(みちゆきはつねのたび)」。日本放送が開局した同年8月28日の記念番組のトップも歌舞伎に題材をとって、宝塚の天津乙女と南悠子による舞踏「寿式三番叟」であった。

 歌舞伎の名優たちと人気スターがともに、新しいメディアの誕生にあたって、江戸の文化の風を吹かせるように祝った。

  テレビの歴史の60年は長くはないが、短くもない。番組のジャンルの栄枯盛衰があった。江戸の風を感じる時代劇もそのひとつである。

噺家の立川談志家元が落語について、「江戸の風を感じる」と定義していた言葉を引いた。

  時代劇の魅力は落語に似て、江戸という時代設定のなかで、現代の雑多な社会の仕組みや風景が消し去られて、人とひととの人情の機微が映し出されるところにある。それは親子の情愛であり、お店や長屋の助け合い、ご隠居の世間知などさまざまである。

  NHK BSスペシャルドラマ「大岡越前」の第1回(3月30日放送)「名奉行誕生」を観た。毎週土曜放映の全9回シリーズである。

  テレビ時代劇の「大岡越前」は、TBSが1970年から99年にかけて放映した人気番組である。主演は加藤剛である。

  今回の「大岡」の配役は、大岡越前に東山紀之、徳川吉宗に平岳大、越前の友人の蘭方医に勝村政信である。

  伊勢の新任の奉行として巡視していた東山は、知行地の農民たちが、隣接する紀州藩の農民による「水泥棒」に悩まされていることを知る。深夜ひそかに堰を切って、紀州領に水を流すのである。

 法に則って、東山は紀州藩に水泥棒の犯人の引き渡しを、書面で求める。相手は徳川御三家であることから、部下たちは反対するがそれを押し切って。

 

  紀州藩からの答えはなく、東山は一計を案じる。紀州藩主の吉宗(平)が夜陰に乗じて、禁漁を破って魚取りに興じていることを知って、奉行所の船で捕手を寄せ、吉宗を捕える。

 

  奉行所の裁きの白洲の場で、縄目の恥をさらす吉宗に対して、東山は一貫して吉宗にはあらず、という態度で臨む。最後は、友人の蘭方医(勝村)に吉宗を診断させ、しれ者であることを理由にして解き放つ。

 「覚えておれ」という吉宗に東山は言い放つ。「紀州様は禁漁の地で魚など捕らぬ」と。

   八代将軍となった吉宗から江戸表に呼び出された東山に対して、周囲は伊勢時代の怨念を吉宗が晴らすものと思い、東山の切腹は免れないと考える。許嫁との婚約も破棄されることになる。

   江戸城における吉宗と東山の緊迫する対面の場面。「あのとき、覚えておれといったのを忘れまい」と吉宗は迫る。

  平然として、東山は答える。

  「あのときのしれ者と上様は似てはいらっしゃいますが、天下の祭りごとを司る上様があのようなことはなさいませぬ」と。

  破顔一笑、そして大笑いする吉宗。

  東山に向かって厳粛な面持ちとなる。

  「南町奉行を命ず」と。

   東山越前のさっそうとした登場ぶりである。

   ドラマは一気に展開して、最初の「大岡裁き」のストーリーに突き進む。

  吉宗の将軍就任によるご赦免によって、八丈島の遠島から16年ぶりに江戸にもどってきた飾り職人が、殺したはずの友人の小間物屋が生きていたことを知る。島流しの間に母親を失った職人は、小間物屋を殺そうとする。

  同心たちの調べが進み、ふたりは白洲に引き出される。

  小間物屋が婿入りした先のお店の娘が見初めていたのが、実は島流しにされた飾り職人であることが明らかにされる。小間物屋はそれを阻止するために、職人を酔わせたうえ、偽装殺人を仕立てあげ、自らは名前を変えて婿入りした。

 東山は職人に生まれ変わって生きることを諭すのであった。

 自分が一度は婿入りできる直前までいったことを知り、「嫁など思っていた俺がそんなことだったら、おっかさんもよろこんでくれるだろう」と泣き崩れる。

 下手人の小間物屋に遠島を命じて、一件落着となる。

  歌舞伎も落語も演じる人によって、所作やセリフ、口調が変わるばかりではなく、登場人物の描き方に陰影が加えられる。

 「大岡」に挑んでいる東山はこれまで、藤田まことの人気シリーズのリメイクの主役も務めた。「必殺仕掛人2010」は、藤田の追悼ドラマになった。

  歌舞伎役者も負けてはいない。BS時代劇「妻はくの一」で、市川染五郎が平戸藩主の天文掛を演じている。密偵として送り込まれた幕府の「くの一」と1カ月の新婚生活を送るが、その妻に去られ、江戸に出る。妻を探すラブスト―リーと、天文学を使った事件の謎解きが絡み合う、新しいタイプの時代劇である。

  事故から立ち直った染五郎の復活の舞台となった「二月歌舞伎」で、父親の松本幸四郎、息子の松本金太郎の三代による「新皿屋舗月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)」を観た記憶がよみがえる。酒乱の若殿を演じた彼が、「妻はくの一」では軽妙な演技をみせる。

  東山の「大岡」と、染五郎の「妻は」が競うように並行して放映されている。              (敬称略)

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

http://wedge.ismedia.jp/category/tv

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャーロック・ホームズの物語はなぜ、何度もテレビドラマや映画になるのだろう。 アーサー・コナンドイルの原作は、精緻な翻訳ばかりではなく、少年少女向けの翻案によって、そのストーリーは広く知られている。

 人々が繰り返し見ることを望む原作の数々が、新たに書き起こされた脚本と配役によって輝きをみせるとき、そのドラマ化は成功に導かれる。

  フジテレビの「月9」の愛称を持つ、月曜日のゴールデン・タイムのシリーズ「ビブリオ古書店の事件手帖」は、原作は三上延のベストセラーである。11回連続のドラマは3月25日に最終回を迎えた。

  このコラムのシリーズで取り上げる理由は、読者に再放送を観ていただきたいという思いだけではない。原作者の三上によれば、この物語はこれから書き継がれて、後半にさしかかるという。つまり、近い将来にドラマの第2シリーズがあるだろう。

  わたしは第9回「タヌキとワニとイヌが出てくる、絵本みたいな本」から、このドラマに魅かれた。さらに原作の「ビブリオ古書店の事件手帖」(メディアワークス文庫)シリーズの既刊4冊を一気に読んだ。

 このドラマは初主演となる剛力彩芽は、鎌倉の古書店主人の篠川栞子役である。古書店のアルバイトの五浦大輔役はAKIRA、栞子の母で10年前に家を出て行った母親の智恵子役は安田成美である。

 原作もドラマも、この三人の関係がストーリーを綴っていく構図は同じである。ただ、栞子と大輔の年齢の設定が、原作では栞子が年上であるのに対してドラマでは逆になっている。しかしながら、大輔はフリーターから古書店のアルバイトになった設定であり、栞子を母親はともに、古書を手がかりにして事件の謎を読み解いていく才能を持っているところは変わらない。

  「ライトノベル」といわれるジャンルから、三上の原作シリーズは生まれた。ライトノベルの定義がはっきりとしたものではないが、漫画のキャラクターのようなイラストをあしらった小説である。「ラノベ」ともいう。

  「コンテンツに上下はない。どのジャンルでも一流のものがある」という趣旨をとなえたのは、作家の井上ひさしである。純文学とか大衆文学とか、なにか上下関係を暗示するような命名とは無縁のところに、コンテンツの力がある、と洞察したものである。

  「ビブリア」はラノベとしては、初めてのゴールデン・タイムのドラマ化である。フジの編成と制作の担当者にもまた、井上ひさしのいう、ジャンルにこだわらずによいものはよい、という感覚があったと思う。

  原作は第1巻から第3巻まで、短編によって構成されている。ひとつひとつの話はそれぞれ、古書が事件の下敷きとなっている。それは、夏目漱石「漱石全集・新書版」(岩波書店)であり、ロバート・F・ヤング「たんぽぽ娘」(集英社文庫)などである。短編はそれぞれ事件の解決に向かってストーリーが展開していく。それは、シャーロック・ホームズの物語のようである。短編が綴られた先に長編が用意されているのも。

  「ビブリア」のドラマ第10回と最終回は2話完結のシリーズで、原作では第4巻の長編「栞子さんと二つの顔」のドラマ化である。

  江戸川乱歩の古書の収集家だった資産家が、雪の路上で倒れ死んでいる。その雪のうえに、彼が指で描いた4ケタの数字の「ダイイング・メッセージ」が残される。

 資産家は愛人の家に、膨大な乱歩の単行本や小説が掲載された雑誌などのコレクションを残した。さらに、その家の中に備え付けられた金庫のなかに、重要なものを残し、愛人にその金庫を開けるためのヒントを残す。

  主人公の栞子と、10年ぶりに姿を現した母親の智恵子はその謎解きを激しく競うのである。金庫のなかに隠されていたものはなにか。それは乱歩の初期の作品の習作原稿らしいことがわかっていく。果たして、金庫のなかの原稿は本物なのだろうか。

  原作もドラマのラストシーンもまた、物語が続くことが余韻をもって綴られている。どちらも捨てがたい。どちらかと問われれば、原作のほうではないか、と私はあえて答えるだろう。原作には、栞子と大輔のほのかな恋の予感があるからである。

 フジテレビの視聴率競争における凋落ぶりは知られている。テレビ朝日と日本テレビの2強が首位を争い、フジは後塵を拝している。

  編成と制作の企画陣のチャレンジ精神が反転攻勢のキーとなるのだろう。「ラノベ」のドラマ化という新しいジャンルに果敢に挑戦した「ビブリオ」は、その好例だと思う。

  ただ、「ビブリア」は当初は視聴率が10%を超えて、週間のドラマ部門でベスト10位に入っていたのが、後半はそのタイトルが消えた。

  原作とドラマの溝という視点に立って、その原因を探るとするならば、原作にはない脇役の数が多い点にあるのではないか。人気俳優やタレントを配して、視聴率を上げようという意図がみえる。それがかえって、栞子をはじめとする主役たちの心理の綾を描いている原作の魅力をそこなっているように思う。

  第2シリーズに期待したい。                 (敬称略)

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

このエントリーをはてなブックマークに追加