ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

 宵闇に包まれた東京湾を望んで、スカイツリーの点滅が遠くに、間近にはライトアップされた東京タワーが。森ビルの六本木ヒルズの展望フロアから眺めると、皇居に向かって放射状に走る広い幅員の道と、それらをつなぐ環状の道が、光の筋となる。暗く浮かび上がるのは、公園などの緑地である。

 人々の生活する住宅地が、働く場である都心から遠ざかって光の海となった。こうした職住分離型の都市に対して、職住隣接型の「垂直の庭園都市」を提唱したのが、昨年3月に亡くなった森ビル社長の森稔氏だった。港区内で大規模な地域を地権者たちと長い年月をかけて「共同建築」する手法によって、緑地を広く取り入れたアークヒルズと六本木ヒルズを造った。

 森ビルは終戦後に、稔氏と父親で横浜市立大学商学部教授であった故泰吉郎氏が設立した。森家はもともと、港区内で米穀商のかたわら貸家業を営んでいた。

 森親子のふたつのヒルズに至る人生と、首都の都市計画の歴史は織りなされて、震災地の復興にも役立つ街づくりの道筋を照らし出す。

 大正12(1923)年9月の関東大震災は、森家の実家とその家作のすべてを灰にした。泰吉郎氏は自伝のなかで、復興院総裁の後藤新平が手掛けた「帝都復興計画」の区画整理事業を評価する。土地の所有者に対して、道路などの公共用に一部を提供させた。家作が立っていた土地は借地が多く、焼失によってその権利も失ったが地権者を説得して回った。

 戦後の森ビルの草創期に虎ノ門地区に次々に建設した賃貸ビルが、自社の土地の周辺の地権者を稔氏が説得して「共同建築」方式を取り入れた原点が、そこにはある。

 首都の都市計画の権威である越澤明博士は今回の大震災後、「後藤新平―大震災と帝都復興」によって、復興計画が大きな成果を上げたことを明らかにして洛陽の紙価を高めた。

 復興事業によって、震災で焼失した面積の約9割の約3119㌶が区画整理された。放射状・環状の道の新設や拡張、公園の整備もその成果である。

 戦後の都市の戦災復興計画は、首長の意欲の有無で大きな差異を生む。首都は弥縫策に終わった。昭和39(1964)年の東京五輪に向けたインフラ整備は、帝都復興計画の遺産を食いつぶした。シンボルロードとして拡幅した美しい道に、高速道路が覆いかぶさった。

 ふたつのヒルズが立つ赤坂・六本木地区は、関東大震災と戦災で焼け残った民家が多かった。森ビルはアークに20年、六本木に17年の年月を費やした。地権者が前者で2割、後者では8割がそれぞれのヒルズに住み続けている。

 帝都復興計画以来、実は都市計画が不在だった首都において、港区という地域のなかで、地元で生まれた企業とその経営者が住民を説得しながら、街づくりを進めてきた。

 行政にかかわる人々にとってもやりがいがある仕事ではないか、と稔氏は自著のなかで述べている。震災地復興に取り組んでいる人々に対する遺言とも読める。

 六本木ヒルズは4月25日に開業10周年を迎える。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

  テレビ放送が始まってから、今年2013年は60周年である。NHKの本放送の開始は1953(昭和28)年2月 1日午後2時、祝賀番組は尾上梅幸と松緑らによる「道行初旅(みちゆきはつねのたび)」。日本放送が開局した同年8月28日の記念番組のトップも歌舞伎に題材をとって、宝塚の天津乙女と南悠子による舞踏「寿式三番叟」であった。

 歌舞伎の名優たちと人気スターがともに、新しいメディアの誕生にあたって、江戸の文化の風を吹かせるように祝った。

  テレビの歴史の60年は長くはないが、短くもない。番組のジャンルの栄枯盛衰があった。江戸の風を感じる時代劇もそのひとつである。

噺家の立川談志家元が落語について、「江戸の風を感じる」と定義していた言葉を引いた。

  時代劇の魅力は落語に似て、江戸という時代設定のなかで、現代の雑多な社会の仕組みや風景が消し去られて、人とひととの人情の機微が映し出されるところにある。それは親子の情愛であり、お店や長屋の助け合い、ご隠居の世間知などさまざまである。

  NHK BSスペシャルドラマ「大岡越前」の第1回(3月30日放送)「名奉行誕生」を観た。毎週土曜放映の全9回シリーズである。

  テレビ時代劇の「大岡越前」は、TBSが1970年から99年にかけて放映した人気番組である。主演は加藤剛である。

  今回の「大岡」の配役は、大岡越前に東山紀之、徳川吉宗に平岳大、越前の友人の蘭方医に勝村政信である。

  伊勢の新任の奉行として巡視していた東山は、知行地の農民たちが、隣接する紀州藩の農民による「水泥棒」に悩まされていることを知る。深夜ひそかに堰を切って、紀州領に水を流すのである。

 法に則って、東山は紀州藩に水泥棒の犯人の引き渡しを、書面で求める。相手は徳川御三家であることから、部下たちは反対するがそれを押し切って。

 

  紀州藩からの答えはなく、東山は一計を案じる。紀州藩主の吉宗(平)が夜陰に乗じて、禁漁を破って魚取りに興じていることを知って、奉行所の船で捕手を寄せ、吉宗を捕える。

 

  奉行所の裁きの白洲の場で、縄目の恥をさらす吉宗に対して、東山は一貫して吉宗にはあらず、という態度で臨む。最後は、友人の蘭方医(勝村)に吉宗を診断させ、しれ者であることを理由にして解き放つ。

 「覚えておれ」という吉宗に東山は言い放つ。「紀州様は禁漁の地で魚など捕らぬ」と。

   八代将軍となった吉宗から江戸表に呼び出された東山に対して、周囲は伊勢時代の怨念を吉宗が晴らすものと思い、東山の切腹は免れないと考える。許嫁との婚約も破棄されることになる。

   江戸城における吉宗と東山の緊迫する対面の場面。「あのとき、覚えておれといったのを忘れまい」と吉宗は迫る。

  平然として、東山は答える。

  「あのときのしれ者と上様は似てはいらっしゃいますが、天下の祭りごとを司る上様があのようなことはなさいませぬ」と。

  破顔一笑、そして大笑いする吉宗。

  東山に向かって厳粛な面持ちとなる。

  「南町奉行を命ず」と。

   東山越前のさっそうとした登場ぶりである。

   ドラマは一気に展開して、最初の「大岡裁き」のストーリーに突き進む。

  吉宗の将軍就任によるご赦免によって、八丈島の遠島から16年ぶりに江戸にもどってきた飾り職人が、殺したはずの友人の小間物屋が生きていたことを知る。島流しの間に母親を失った職人は、小間物屋を殺そうとする。

  同心たちの調べが進み、ふたりは白洲に引き出される。

  小間物屋が婿入りした先のお店の娘が見初めていたのが、実は島流しにされた飾り職人であることが明らかにされる。小間物屋はそれを阻止するために、職人を酔わせたうえ、偽装殺人を仕立てあげ、自らは名前を変えて婿入りした。

 東山は職人に生まれ変わって生きることを諭すのであった。

 自分が一度は婿入りできる直前までいったことを知り、「嫁など思っていた俺がそんなことだったら、おっかさんもよろこんでくれるだろう」と泣き崩れる。

 下手人の小間物屋に遠島を命じて、一件落着となる。

  歌舞伎も落語も演じる人によって、所作やセリフ、口調が変わるばかりではなく、登場人物の描き方に陰影が加えられる。

 「大岡」に挑んでいる東山はこれまで、藤田まことの人気シリーズのリメイクの主役も務めた。「必殺仕掛人2010」は、藤田の追悼ドラマになった。

  歌舞伎役者も負けてはいない。BS時代劇「妻はくの一」で、市川染五郎が平戸藩主の天文掛を演じている。密偵として送り込まれた幕府の「くの一」と1カ月の新婚生活を送るが、その妻に去られ、江戸に出る。妻を探すラブスト―リーと、天文学を使った事件の謎解きが絡み合う、新しいタイプの時代劇である。

  事故から立ち直った染五郎の復活の舞台となった「二月歌舞伎」で、父親の松本幸四郎、息子の松本金太郎の三代による「新皿屋舗月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)」を観た記憶がよみがえる。酒乱の若殿を演じた彼が、「妻はくの一」では軽妙な演技をみせる。

  東山の「大岡」と、染五郎の「妻は」が競うように並行して放映されている。              (敬称略)

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

http://wedge.ismedia.jp/category/tv

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャーロック・ホームズの物語はなぜ、何度もテレビドラマや映画になるのだろう。 アーサー・コナンドイルの原作は、精緻な翻訳ばかりではなく、少年少女向けの翻案によって、そのストーリーは広く知られている。

 人々が繰り返し見ることを望む原作の数々が、新たに書き起こされた脚本と配役によって輝きをみせるとき、そのドラマ化は成功に導かれる。

  フジテレビの「月9」の愛称を持つ、月曜日のゴールデン・タイムのシリーズ「ビブリオ古書店の事件手帖」は、原作は三上延のベストセラーである。11回連続のドラマは3月25日に最終回を迎えた。

  このコラムのシリーズで取り上げる理由は、読者に再放送を観ていただきたいという思いだけではない。原作者の三上によれば、この物語はこれから書き継がれて、後半にさしかかるという。つまり、近い将来にドラマの第2シリーズがあるだろう。

  わたしは第9回「タヌキとワニとイヌが出てくる、絵本みたいな本」から、このドラマに魅かれた。さらに原作の「ビブリオ古書店の事件手帖」(メディアワークス文庫)シリーズの既刊4冊を一気に読んだ。

 このドラマは初主演となる剛力彩芽は、鎌倉の古書店主人の篠川栞子役である。古書店のアルバイトの五浦大輔役はAKIRA、栞子の母で10年前に家を出て行った母親の智恵子役は安田成美である。

 原作もドラマも、この三人の関係がストーリーを綴っていく構図は同じである。ただ、栞子と大輔の年齢の設定が、原作では栞子が年上であるのに対してドラマでは逆になっている。しかしながら、大輔はフリーターから古書店のアルバイトになった設定であり、栞子を母親はともに、古書を手がかりにして事件の謎を読み解いていく才能を持っているところは変わらない。

  「ライトノベル」といわれるジャンルから、三上の原作シリーズは生まれた。ライトノベルの定義がはっきりとしたものではないが、漫画のキャラクターのようなイラストをあしらった小説である。「ラノベ」ともいう。

  「コンテンツに上下はない。どのジャンルでも一流のものがある」という趣旨をとなえたのは、作家の井上ひさしである。純文学とか大衆文学とか、なにか上下関係を暗示するような命名とは無縁のところに、コンテンツの力がある、と洞察したものである。

  「ビブリア」はラノベとしては、初めてのゴールデン・タイムのドラマ化である。フジの編成と制作の担当者にもまた、井上ひさしのいう、ジャンルにこだわらずによいものはよい、という感覚があったと思う。

  原作は第1巻から第3巻まで、短編によって構成されている。ひとつひとつの話はそれぞれ、古書が事件の下敷きとなっている。それは、夏目漱石「漱石全集・新書版」(岩波書店)であり、ロバート・F・ヤング「たんぽぽ娘」(集英社文庫)などである。短編はそれぞれ事件の解決に向かってストーリーが展開していく。それは、シャーロック・ホームズの物語のようである。短編が綴られた先に長編が用意されているのも。

  「ビブリア」のドラマ第10回と最終回は2話完結のシリーズで、原作では第4巻の長編「栞子さんと二つの顔」のドラマ化である。

  江戸川乱歩の古書の収集家だった資産家が、雪の路上で倒れ死んでいる。その雪のうえに、彼が指で描いた4ケタの数字の「ダイイング・メッセージ」が残される。

 資産家は愛人の家に、膨大な乱歩の単行本や小説が掲載された雑誌などのコレクションを残した。さらに、その家の中に備え付けられた金庫のなかに、重要なものを残し、愛人にその金庫を開けるためのヒントを残す。

  主人公の栞子と、10年ぶりに姿を現した母親の智恵子はその謎解きを激しく競うのである。金庫のなかに隠されていたものはなにか。それは乱歩の初期の作品の習作原稿らしいことがわかっていく。果たして、金庫のなかの原稿は本物なのだろうか。

  原作もドラマのラストシーンもまた、物語が続くことが余韻をもって綴られている。どちらも捨てがたい。どちらかと問われれば、原作のほうではないか、と私はあえて答えるだろう。原作には、栞子と大輔のほのかな恋の予感があるからである。

 フジテレビの視聴率競争における凋落ぶりは知られている。テレビ朝日と日本テレビの2強が首位を争い、フジは後塵を拝している。

  編成と制作の企画陣のチャレンジ精神が反転攻勢のキーとなるのだろう。「ラノベ」のドラマ化という新しいジャンルに果敢に挑戦した「ビブリオ」は、その好例だと思う。

  ただ、「ビブリア」は当初は視聴率が10%を超えて、週間のドラマ部門でベスト10位に入っていたのが、後半はそのタイトルが消えた。

  原作とドラマの溝という視点に立って、その原因を探るとするならば、原作にはない脇役の数が多い点にあるのではないか。人気俳優やタレントを配して、視聴率を上げようという意図がみえる。それがかえって、栞子をはじめとする主役たちの心理の綾を描いている原作の魅力をそこなっているように思う。

  第2シリーズに期待したい。                 (敬称略)

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月11日の前日の夜明け前、福島県いわき市の新舞子浜に1000人以上の老若男女と浜辺の防波堤に並んで、海に向かって鎮魂の祈りを捧げた。ジャーナリストの下村満子さんが県内で主宰する私塾と中小企業の経営者の組織が、震災後1周年の昨年から始めた催しである。東京や浜松など県外からの参加者もいた。

  いわき市は地震と巨大津波に襲われ、さらに北にある町村が福島第1原発の事故の被害が直撃した地域である。

 「福島を忘れない 祈りの集い」の集会はその前夜、避難者や遺体の捜索にあった警察、消防団の体験談の報告などがあった。認知症の老人施設の女性経営者が、原発事故後の行政の混乱のなかで、富岡町から川内村、川俣町、福島市と、彷徨するように避難した様子が淡々と語られる。

  「福島は忘れられようとしているのではないか」という地元の人々の心配の声が、催しを毎年やろうという後押しになった。

 反原発や脱原発の演説があったわけではない。祈りの当日もそうであった。

 事実を事実として語らしめよう、というジャーナリズムの原点にこだわってきた下村さんらしい運営の方針である。

  3月10日に放送されたNHKスペシャルの3.11のシリーズである「メルトダウン」もまた、福島を忘れないジャーナリストたちによる「調査報道」である。福島第1原発の事故の原因が、政府や東京電力、国会事故調査委員会などによってもいまだにはっきりとしないなかで、調査の意欲が衰えてしまうことに、取材チームが危機感を抱いていることが繰り返し、進行役の報道局員によって伝えられる。

  ジャーナリズムはまず、読者や視聴者に判断の材料を提供することにある。事実を掘り起こすことと、それに対する評価は厳格に区別しなければならない。

  「メルトダウン」は、原発事故の各種の調査資料と関係者400人以上のインタビュー、原子炉設計者や流体力学などの学者チームを組織して、事故の深層に迫る。

 さらに、事故の原因と想定される事実を掘り起こしたうえで、実験装置を組み立てて、シュミュレーションを行うのである。

 「実験ジャーナリズム」とでもいえよう。

  取材班は、福島第1原発のメルトダウンンの原因について、第1号機、2号機、3号機のそれぞれについて詳細な検討を加える。

 第1号機と第2号機では、冷却装置が異なっていた。東電の現地の対策本部は、第1号機よりも第2号機の装置のほうが複雑な構造であるために、機能が失われることを懸念し、そちらに注視していた。

  第1号機の冷却装置が稼働していれば、建屋の壁から外に向かって開いていたふたつの「豚の鼻」と呼ばれる排気口から、水蒸気が出る。事故の記録をみると、「モヤモヤした蒸気」がでたことが報告され、安心感が広がる。

 ところが、この冷却装置は40年間にわたって、稼働したことがなく、原発の作業員たちは、どのような蒸気が出るか見た者がいなかったのである。

 取材班は、米国にある第1号機と同じ型の原子力発電所を訪ねる。そこでは、4年ごとに冷却装置を稼働させている。作業員にどのような状態になるか教育するためである。

 稼働すると建屋を覆わんばかりの水蒸気が発生し、轟音がでるという。「モヤモヤ」は、稼働が停止する際の状態である。

 この事実に対して、取材班はメルトダウンを防ぐチャンスを見逃した、と断定する。

  第3号機のメルトダウンは、消防車による炉心への注水によって、防禦が図られようとした。炉心にいたる複雑なパイプラインをそこかしこで、バルブを閉めることによって、一直線に水を注ぐラインがつくられる。冷却に十分な水量が流れ込んだはずだったが、炉心はメルトダウンした。

  学者のチームとの連携によって、このラインが本来ならまっすぐに炉心に水を入れる、直通の管となったはずが、その途中で別のルートに水が流れたことがわかる。このルートに水の浸入を防ぐポンプが、電源の喪失によって稼働しなかったのである。

  取材班は、この点について、イタリアの定評のある実験施設で、当時の再現を図る。その結果、注水した水の55%が脇のルートに流れたことがわかった。

  しかも、消防車による注水は、実際のところ「ぶっつけ本番」だったのである。

 福島原発の事故後、炉心冷却の最後の拠り所として、各地の原発に消防自動車が配備され、建屋の注水工につなぐ訓練はなされている。しかしながら、現実に注水した場合に、どのようなルートで炉心まで達するのか、途中で脇に水が逃げることはないのか、その検証は行われていない。

  原発の複雑な配管のなかから、注水ルートと、別のルートに水が流れるルートを、映像で描いていく。実験施設を使って、消防自動車から注水した水を赤く色づけて、炉心にその半分もいかないことが、超高速度カメラのスローモーションによってわかる。

  番組の最後に、原発の事故の原因をこれからも調査報道していくことが淡々と語られる。

 「実験ジャーナリズム」が可能なのは、テレビだけではないだろう。3.11の新聞のページをくくりながらそう思う。

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

   石巻の名勝地である、日和山からは太平洋に向かって海辺の町が見える。振り返ると、北上川の河口から上流沿いに扇を大きく開いたように街並みが広がる。

  日本海側が吹雪に見舞われた3月初め、石巻を訪ねた。震災後は半年ぶりである。この地方特有の春先の嵐のような突風が吹きすさぶ。瓦礫の撤去が進んで、半年前の埃っぽさはない。東洋一の水産加工団地を誇った魚市場周辺には、工場が再建されつつある。

  少年時代から青春を仙台で過ごした私が、友人たちに訪れることを薦める場所がふたつある。北上川の河口から仙台の南の閖上(ゆりあげ)浜まで、太平洋と並行するように走る、日本最長の人口運河である「貞山(ていざん)運河」。伊達政宗が掘削を命じた。16世紀から明治17(1884)年まで400年にわたる歳月をかけて掘り進められた。総延長は49㎞に及ぶ。

   もうひとつが、仙台市博物館の支倉(はせくら)ルーム。ここには、国宝の「慶長遣欧使節資料」がある。1613年10月28日、政宗の命により、藩士の支倉常長が石巻に近い月ノ浦を帆船で出航し、メキシコのアカプルコを経て、スペインのバルセロナなどを通ってローマに至った。その間にスペイン王やローマ教皇に拝謁し、洗礼を受けた。現地で描かせた自身の肖像画やパウロ5世の肖像画、自らのローマ市公民権証などが展示されている。

   政宗が使節を送った意図には諸説がある。常長研究の権威で「和辻哲郎文化賞」の受賞者の大泉光一博士によれば、スペインとローマ教皇と結ぶことによって、日本国内のキリシタン勢力を糾合して、徳川幕府を打倒するための密使だったという。

   震災地の故郷はいま、新たな歴史の物語を掘り起こしつつある。巨大津波が去った後、運河が恐ろしい速度の引き波を防いだということがわかる。政宗が掘削を命じた直前、マグニチュード8.5以上と推定される「慶長大地震」によって巨大津波が打ち寄せ、仙台藩内で約5000人が犠牲になった。運河建設にかけた政宗の意図は防潮にあった。

   今回の震災によって、貞山運河も被害を受けた。宮城県が中心となって修復して、観光資源にしようという計画が策定されようとしている。

   そして、常長の新しい物語である。月ノ浦を出帆してから400年に当たるのを記念して、日本とスペインは2013年6月から翌年の7月にかけて、交流年のイベントを繰り広げる。日本側の名誉総裁は皇太子殿下がお務めになる。

   石巻市渡波の海辺にある宮城県慶長使節船ミュージアムに、常長が乗船した「サン・ファン・バウティスタ号」の復元船がある。巨大津波に襲われて、原型をとどめながらもマストの上部などが破損したため復旧が急がれている。

   東日本大震災は869年の貞観地震以来、1000年に一度の巨大地震である。戦後の日本経済の繁栄の成果は、一瞬にして震災地から消えた。記憶の時間軸を過去にさかのぼらせて、震災地は足元の歴史をあらためて見つめている。そこには、心の支えになるばかりではなく、復興の大きな梃となる観光資源が埋もれていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加