ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

 参議院選挙はまもなく公示日の七月四日を迎える。その前哨戦となる東京都議会選挙の選挙戦、街宣車のウグイス嬢の声を遠くに聴きながら本稿を書いている。

 わたしはいま、友人の紹介で参院選の比例区に立候補予定の人物の後援会の末席で、広報戦略などの助言をしている。

 そのひとのフェイスブックをさきほど見ていると、都議選の候補者の応援のシーンの写真とともに、それから地元の北関東の講演会など、東奔西走する様子が描かれている。「いいね!」ボタンを押す。

 この候補予定者は、インターネットの草創期からネットによる政策の発信に取り組んできた。無料サービスのブログにも取り組んできた。メルマガも十年以上にわたって毎週のように支援者に送っている。フェイスブックをはじめたのも早い。ネット選挙の解禁に合わせて初めて、ツイッターでつぶやいている。

 こうしたネット選挙に向けた態勢はすべて、支援者とボランティアによって整えられている。

 メディアが取り上げるネット選挙をめぐる報道は、コンサルタントが「松竹梅」の三コースによって、最大では数百万円もの対価によって、ネットの指導をする、という。

 候補者になりすましたネット上のアカウントを監視したり、ネガティブなキャンペーンに対抗したりするサービスもある。選挙期間中の候補者のホームページの更新作業の代行も。

 選挙活動にかかわった過去の経験から、選挙コンサルタントをはじめ、選挙をビジネスとしてとらえて参加する一連の人々の存在がある。

 ネット選挙の解禁は、IT関連のコンサルタントやネットのマーケティングの専門家など、新規参入組が群がっている。

 こうした自称専門家たちに法外な対価を支払わずとも、ネット選挙は戦える。インターネットの世界は進化していて、個人が情報を発信するアプリケーションすなわち手段のほとんどがフリー(無料)なのである。

 「なりすまし」の問題を取り上げる向きが多いが、そもそも偽の候補と見分けがつかないようなフェイスブックやツイッターであれば、選挙には役立たない。有名人をかたったなりすましはいまでもあるが、ネットユーザーは見分けができるものだ。

 ネット選挙に新規参入している専門家たちのなかで、候補者のホームページが本物である「認証」機能をうたっている例が多くみうけられる。この問題を考えるうえで、比較の対象となるのは、ネット上の本人認証のなかで、最高度の機密性を要求する、ネット売買や送金である。その仕組みについて詳細を述べる紙幅はないが、ネット選挙で売り込みが図られている「認証」はこれとは比較にならない程度のものである。

 ネット選挙ビジネスについて、大胆な表現を許していただけるなら、ネットに詳しくない候補者の陣営の不安にしのび寄る幻影である。しかも彼らの多くは、一票一票を地道に積み上げる、選挙活動を知らない。

 ネット選挙という広報活動の主体となるべきは、候補者とその陣営である。

(この項続く)

エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

定期購読は

http://www.elneos.co.jp/order.html

 電子版は

http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 航空自衛隊のブルーインパルスの6機の編隊が、それぞれの機ごとに大きな円を夏空に描いて見せた。東日本大震災で被災後、復旧した本拠地の松島基地から飛来した。

震災地の鎮魂と復興を祈る「六魂祭」の本会場の空である。東北の祭りがそのために集う、3年目の今年は6月初旬に福島市であった。

 TBS日曜劇場の「空飛ぶ広報室」は、そのブルーインパルスに所属することを夢見ていたパイロットがけがのために、航空幕僚監部の広報室勤務に異動となる。綾野剛が演じる二尉の空井大祐である。

 その広報室の密着取材をしているのが、新垣結衣の帝都テレビディレクター・稲葉リカ。報道記者を希望して入社し、いったんはそのチャンスをつかむが、トラブルを起こして夕方の情報番組の担当に異動したばかりであった。亡くなった父親は新聞記者である。

 空井の上司の退官間近い広報室長・一佐の鷺坂正司役は、柴田恭平。帝都テレビの情報局の部長として稲葉に対して、厳しい口調ながら、あたたかく見守るのが、生瀬勝久の阿久津守である。

 第7回「いざという時にそばにいられない男でいいか?」(5月26日)、第8回「運命が変わる2秒間」(6月2日)、第9回「つのる想い・あふれる涙」(6月9日)を観た。

 稲葉が取り組んでいる、広報室を舞台とした密着取材の番組制作と、広報室が航空自衛隊の募集のために作ろうとしているプロモーション・ビデオが、からみあってストーリは展開する。

 「空飛ぶ広報室」は、視聴率がキー局のドラマ部門のなかで検討している。毎週10%を超えて、ベスト10を維持している。

 「ガリレオ」(フジテレビ)や刑事を主役として推理ドラマや、「35歳の高校生」(日本テレビ)といった意表を突いた設定のドラマと比べると、「空飛ぶ」は趣を異にする。

 航空自衛隊の広報室と、仮名ながらテレビ局という組織の内側をできうる限り描こうとしている。「空飛ぶ」が視聴者をとらえているのは、元パイロットの空井とディレクターの新垣の恋愛の物語ばかりではないと思う。

 航空自衛隊の募集用のプロモーション・ビデオは、」いったん完成する。ダーツバーでくつろいでいた若者たちが、災害救助の指令を受けると航空機のパイロット姿に一変して任務に向かう。広報室長の鷺坂が室員たちのアイデアを尊重して、自由に作らせた自信作は、上層部に対する試写で簡単にボツになる。

 ビデオの登場人物たちは酒を飲んではいない設定ではあるが、バーから現場に向かう映像が問題になったのである。

 制作の予算をほとんど使いきった室員たちは、知恵を絞る。亡くなった父親が輸送機に勤務していたことから、航空自衛隊の航空機の整備員になった女性自衛官をドキュメンタリーのように撮影することになる。

 女性自衛官が父親の墓参りに行く場面を撮影しているときに、上空に父親が乗っていたと同じ機種の輸送機が通過していく。まったくの偶然である。

 このプロモーション・ビデオが、世論の批判を浴びる。貧困化する若者を支援するNPOの団体の代表が新聞の夕刊で、就職できない若者につけこんで自衛隊が募集活動を行っているとコラムに書いたのである。さらに、帝都テレビのニュース番組でも取り上げて、ビデオがやらせの疑いがある、とも指摘した。

 広報室長の鷺坂は、帝都テレビに対して訂正を求める、抗議文を送ることを部下に指示する。帝都テレビは出演者の個人的な発言であることを理由として、訂正を拒否する。

 稲葉は密着番組の編集作業を、この騒動のなかで完成を急いだ。そのDVDと航空自衛隊のプロモーション・ビデオに関するニュース報道に対する意見書をまとめて、報道局長に提出する。やらせではないのに、そのような疑いを表明したNPOの代表の発言について、テレビ局として責任を明らかにすべきであると。

 「空飛ぶ」が描いているのは、社会と組織の摩擦であり、その組織のなかでもさまざまなあつれきが日々生じている。

 さらに、自衛隊という組織に対する社会の厳しい目がある。テレビ局の内部には、報道の自由とニュースの内容との間に日々苦闘が続いている。

 「空飛ぶ」は本格的な社会派ドラマである。自衛隊とテレビ局の内部を描こうという企画は、いかに恋愛物の衣装をまとっていたとしても、実現するまでにTBSのなかで論議があったと考える。

 社会派ドラマの成否は、登場人物に視聴者がいかに感情移入できるかにかかっている。若手サラリーパーソンたちは、空井と稲葉のコンビに。そして管理職の人々は、広報室長の鷺坂と阿久津に、日々の組織人としての感慨を重ね合わせることだろう。

 新聞記者から広報室長に転職したわたしは、「空飛ぶ」がドラマでありながら、社会の現実と組織の真実を貫いていると思う。

 感情移入しているのは、柴田恭平の広報室長である。このシリーズでなんどか触れている「ハゲタカ」(NHK)のなかで、銀行員を演じている。わたしが社会に出た同じ年の入社という設定の役であった。「空飛ぶ」では間もなく退官になる。    (敬称略)

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 渋谷の夜のスクランブル交差点を下から見上げながら、カメラの目はなめるようにしてゆっくりと林立するビルを映し出していく。どこかうつろな視線である。そして音声がないままに映像は地下のクラブへと進んでいく。

 女優の吉高由里子が、タトゥーを背に入れる美少女を演じた、映画「蛇にピアス」(2008年)の冒頭のシーンである。監督の世界的な演出家である蜷川幸雄の映像は、退廃的な都会の風景のなかに吉高を美しく浮かび上がらせる。

 公開時に二十歳になったばかりの吉高は、この作品で同棲するボーイフレンドとタトゥーの彫り物師との鮮烈な愛欲シーンを初めて全裸で演じた。この年の日本アカデミー賞の新人賞など、各種の新人賞を獲得した。

 フジテレビの月曜ドラマ「ガリレオ」は、物理学者・湯川学役の福山雅治とともに、湯難事件の解決にあたる貝塚北署の刑事・岸谷美砂役として、その吉高が登場している。

 有名大学の法学部出身のキャリアである吉高は、エリート意識を身にまとっている。物理学を応用して事件の謎に迫る福山と、ぶつかり合いながらも協力して解決に至る。

 「君は美人じゃあないよ。顔の部分の比率が美人と認識される比率とは違う」

「でもかわいいっていわれる」

「かわいいと美人は違うでしょ」

 理科系の論理家の設定の福山と、文科系の捜査官の吉高との台詞のやり取りはコミカルである。エリートを演じながらコメディアンヌの隠し味もときにみせる。

 美少女として女優のスタートラインに立った吉高は、20歳代半ばとなって、大人の女優としてどのような道を歩み出そうとするのか。

「ガリレオ」の捜査官・岸谷役にはそんな興味がわくのである。

  第6話「密室る―とじる」(5月20日放映)を観る。

  フェイスブックのつながりによって、大企業の研究所の主任研究員を務める、野木祐子役の夏川結衣が主催する山登りのイベントの宿泊先のペンションが舞台である。捜査官の吉高もこれに参加している。

  夏川の部下の女性がペンション近くのつり橋から谷底に墜落して死亡する。地元の警察は自殺と断定する。吉高は納得しない。福山を連れ立って、再びそのペンションを訪れる。

 吉高は夏川が犯人である可能性が高いと推察している。

 立ちふさがる夏川のアリバイ。死亡した部下は事件の当日、山歩きの疲れを理由として部屋からでてこなかった。鍵がかかった部屋の庭側から、部下の安否を確認したのが夏川にともなった吉高だった。夏川の懐中電灯に照らしだされたガラス窓には、鍵がかかっているのがまざまざと浮かび上がった。

 夏川に犯行の機会があるとすれば、風呂に入っていると主張している時間帯に、部下を部屋から誘い出して、つり橋から突き落とすしかない。

  「女性の勘」から夏川犯人説をいいつのる吉高に対して、福山は物理学者として科学的に迫っていく。吉高が想定する犯行時間帯では、ペンションからつり橋まで山道を往復するのは困難であることを、ストップウォッチを手に歩き、走って実証する。息を切らした吉高が必死にそれを追う。夏川が風呂に入っていた時間では、犯行が無理であることがわかる。

  福山の謎解きは佳境に入って、なぜ死亡した女性の部屋の鍵がかかっていたように見えたのか。

  ストーリーの展開を追いながら、わたしは女優夏川の過去の映像がフラッシュバックするのであった。それは、吉高の鮮烈な映像と重なり合う。

  初の主演映画となった「夜がまた来る」(1994年)は、奇才の監督・石井隆の作品である。夏川は殺された捜査官の夫の復讐を図るために、暴力団組織に入り込み、そのトップの情婦となる。そのことがばれると、薬物中毒にされて売買春のスナックに落とされるのである。

 凄惨な映像美で知られる石井の世界のなかで、夏川は全裸をさらして、その表情とからだ全体を使って迫真の演技をしている。

  この作品によって、夏川はこの年のヨコハマ映画祭の最優秀新人賞を受賞している。20歳代半ばのことであった。

  サスペンスドラマの定石は、毎回ゲストスターを起用して、その俳優が犯人となる。ヒーローとヒロインは、その犯人を追いつめる。

  福山と吉高は、物理学の知識と推理を組み合わせて、夏川の自白を引き出す。動機は、研究者としての夏川が部下に抱いたライバル心と嫉妬であった。

  高い視聴率を獲得して、テレビドラマが成功するためには、そのストーリーが視聴者の共感を呼ばなければならないことはいうまでもない。そして、登場人物のキャスティングである。

  「ガリレオ」のこの回のキャスティングをしたプロデューサーと演出家には、吉高と夏川それぞれの鮮烈な映像のイメージがあったのは間違いないであろう。

  女優が鮮烈な映像に出演する覚悟とはなんなのだろうか。全身をさらして、からだを投げ打って、自らの可能性を切り開こうという強い意思であろう。

  夏川はその賭けに成功して、本格女優の仲間入りを果たした。吉高はどうか。「ガリレオ」の演技は、その試金石である。(敬称略)

 

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 多崎つくるは「駅鉄」なのか。村上春樹氏のベストセラー「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の主人公をめぐって、鉄道ファンのあいだで論争が起きている。「駅鉄」とは、駅を訪ねるファンのことである。

 論争を引き起こしている理由は、私鉄に勤務する多崎が駅舎の設計などをする部署に働いていることもあるが、物語の終幕にかけて、新宿駅の夜のプラットフォームが延々と描写されているからだ。

 新宿は1日当たりの乗降客数が365万人にも及ぶ。世界一といわれる。渋谷が300万人、池袋が250万人、そして大阪梅田が230万人である。

 東京と大阪の二都にいま、これらの駅を中心とする地域に、大きな人波が打ち寄せている。JR大阪駅北側の再開発地域「うめきた」に、商業施設が4月末に開業し大型連休中にかけて367万人が訪れた。

首都の変化は、鉄道の相互乗り入れによってもたらされた。横浜と渋谷間の東急東横線と、渋谷と池袋を結びさらに西武、東武線につながる東京メトロ副都心線が3月16日つながった。

 連休中に渋谷から新宿で映画を観ようとした私は、満員のためにかなわず、新宿御苑でサンドイッチを頬張った。人波に押されるようにして、電車を乗り継いで下町の散歩に逃れた。

多崎つくるほどではないが、駅の人波をみつめてみるのは興味深い。

 地下鉄の東京メトロ銀座線は、渋谷の谷間を突っ切って、同線の渋谷駅は地上2階部分にある。東横線と副都心線がつながってから、かつてならラッシュアワーの時間帯でも、始発の乗客のほとんどがすわっている。

東横線の渋谷駅が地上から地下に潜ったため、乗降客は銀座線の駅までビル4階分ほどもある移動を嫌ったのである。その代わりに、地下でつながる半蔵門線でひとつ目の表参道駅に向かう。そこでは同じフォームで銀座線に乗り換えられる。

 表参道を乗換駅にするようになった通勤客がこれから、どのような行動にでるだろうか。帰宅の途中に地上に出て、飲食や買い物をするようになる。

人波の変化をみすえれば、そこには商機がある。東横線と副都心線の乗り入れは、渋谷と新宿の「百貨店戦争」の引き金となった。渋谷の東急対新宿の伊勢丹である。

 大阪が発祥地の高島屋は、首都の戦後の広がりを見事にとらえて新店を次々に開いて、成長を遂げた。昭和34(1959)年の横浜店、44(1969)年の玉川店……。「世田美が、百貨店のフタを開けてみた。」を惹句にした世田谷美術館の展覧会(6月23日まで)は、二都の市場を切り拓いた商人の歴史を綴る。

 東京の町の魅力として、「崖」の存在を上げたのは、永井荷風の随筆「日和下駄」である。江戸以来、切通しの上に次々と町ができていく。

 近松門左衛門の文楽「心中天網島」の冒頭は「北新地(きたのしんち)河庄の段」であり、治兵衛と小春の道行の「橋づくし」の段で語られる天満や難波の地名は、現代に続く町の発展を物語る。

 文学作品も読みようによっては、商機をつかむビジネス書になる。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

  「あとひとつよろしいですか?」

  水谷豊が演じる警視庁特命係の警部、杉下右京が犯人を追いつめる質問を放つ。

  テレビ朝日のヒットシリーズ「相棒」はシーズン11が今春終了して、いまは平日の午後に過去のシリーズが再放送されている。

 その視聴率は回によっては、この時間帯としては異例の10%を超える。週間の視聴率のドラマ部門でベスト10位に入ることもある。

  プレシリーズは「土曜ワイド劇場」で2000年6月から3回。シリーズ1は2002年2月から放映されている。杉下右京の相棒役は、初代の亀山薫(寺脇康文)から神戸尊(及川光博)、甲斐享(成宮寛貴)と代わった。

  シーズン5「殺人ワインセラー」は2006年12月に放映された作品を観る。相棒は寺脇康文演じる亀山である。

  高層マンションからの飛び降り自殺を装って、高利貸しの社長が殺害される。この社長が融資をしている、佐野史郎が演じるワイン評論家は、フランスの高級ワインを揃えた大きなセラーを有するレストンを経営している。

  佐野はかつてソムリエを務めていて、ワインの試飲会で参加者の評論家たちのいたずらで、高級なワインと偽って安いワインを味あわせられ、高級なワインと誤った過去がある。

この屈辱をバネにして、ワイン評論家として地位を築き上げた佐野は、高利貸しの社長との会食で、彼が選んだワインが食事と合っていないことを指摘して恥をかかせた。

 自分が受けた屈辱と、他人に与えた屈辱が重なり合う。

 「あとひとつよろしいですか?」

  佐野とその妻に対して、右京は事件のあった夜にふたりが自宅で飲んだワインの種類を何度も尋ねるのである。

 その晩、佐野が自分のレストランのセラーから持ち帰ったワインである。佐野はそのワインが最高級であったことを繰り返し、右京に主張するのであった。

  殺人現場が早々に佐野のワインセラーである推定はついていたが、犯人を特定する決定的な証拠はなかった。状況証拠は、佐野のコレクションのワインを抵当にしてカネを貸した社長が、佐野に浴びた屈辱を晴らそうとして、借金の代わりにそのワインを手に入れようとしたのではないか、という推測である。

  ドラマは幕切れまで緊張感が途切れない。

 最終場面は、佐野が主宰するワインの試飲会となる。

 右京があの夜、佐野夫婦が飲んだワインがなんであったのかにこだわる理由が明らかになる。

 ソムリエに右京が密かに頼んで、試飲会に供したワインが事件を解き明かす。その微妙な味わいを判断できるのは、佐野ひとりであった。そのことを誇るが故に、殺人事件の犯人が明らかになる。

  「あとひとつよろしいですか?」

  警視庁のキャリアから特命係に左遷されながらも、きちんとした身なりを崩さず、当庁後は高級なマイカップで紅茶を飲む。

 右京の決め台詞は、そうした風情とは対極にある、よれよれのレインコートをまとって、葉巻をくわえたベテラン警部の得意のセリフでもある。

  ピータ・フォーク演じる、コロンボである。「刑事コロンボ」シリーズは、日本で放映されたのは、1968年から一時中断をはさんだ2003年制作のふたつのシリーズだった。

 シリーズ中の最高傑作のひとつといわれるのが、「別れのワイン」(1973年)である。

 ワイナリーの経営者が弟を殺害し、ワインセラーに死体を隠蔽する。経営者がアリバイづくりのために、ニューヨークに出張にでかけ、秘書が隠蔽に加担する偽の証言も得る。状況証拠はそろっている。

  謎解きのクライマックスは、コロンボがこの経営者と秘書を高級レストランに招待して、あらかじめ経営者のワインセラーから持ち出したワインを供する場面である。経営者しかそのワインの味の劣化がわからない。

 死体の隠蔽から発見までの、気象の変化とワインの関係が解決の伏線となる。

  「相棒」シリーズの「殺人ワインセラー」は、コロンボシリーズの傑作「別れのワイン」に対するオマージュ(敬意)である。

  「相棒」シリーズの魅力は、名作ミステリーに対する大いなる敬意と、それをしのいでみせようという監督と脚本家の意地にある。

  「相棒」の映画版「絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」(2008年)は、クリント・イーストウッド演じるサンフランシスコ警察殺人課のハリー・キャラハンが主人公の「ダーティハリー」シリーズに対する、オマージュである。

 冒頭のミニカーによる爆破計画、犯人に都内を移動させられ、振り回される相棒……。

  ブルース・ウィリスが演じるマクレーン刑事の「ダイ・ハード3」(1995年)もまた、「ダーティハリー」へのオマージュである。小学校で子たちが歌わされるシーン、犯人たちがスクールバスで逃げようというシーン……

  シャーロック・ホームズの作品のファンたちは、シャーロキアンと呼ばれる。ホームズと相棒のワトソン医師や登場人物についてばかりではなく、事件とその背景について詳細な知識を競い合う。

  「相棒」ファンについて、どう名づけたらよいだろうか。作品のDVDのほとんど全部を持っている、高名な学者の友人と相談することにしよう。(敬称略)

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加