ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業が蓄積した大量のデータを解析して経営に役立てる「ビッグデータ」の時代が到来している。

 ほまれを求めず、そしりなく己が努力が実ることを秘かに誇る、広報パーソンもまた、新しい時代の動向を無視できない。

 企業のカスタマー・サポート部門すなわち苦情の窓口が、そのデータを分析することによって、製品やサービスの欠陥に警鐘を鳴らすように、広報部門はメディアのみならず、世論の動向から企業のレピュテーション・リスクを回避する。

 インターネット上で展開されている言説の動向から、いかに企業防衛を図るか。広報パーソンの共通の悩みであろう。

 ポータルサイトやネットの書き込みがなされる掲示板の監視ではすまされない。

 インターネット企業の広報室長をわたしが務めていたのは、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)がようやく登場したころであった。

 ネットの言説の監視について、広報部門の要員を割くことはしなかった。外部に委託することもなかった。

大手企業の一部にはそうした態勢をとっているところがあることは知っていた。

 知的な創造性を求められる広報パーソンの時間をそうした監視業務にあてることは、本来の広報業務の意欲をそぐと考えていたからである。

 しかも、レピュテーション・リスクにかかわるネットの風説は、幹部や社員たちから広報室にその情報が着実に寄せられていた。

 ソーシャル・ネットワーク・サービスの急速な普及と拡大は、そうした牧歌的な時代が過ぎ去ったことを認識させる。

 「ビッグデータ時代」の広報パーソンの役割を考えるうえで、『ビッグデータの正体』(V・M・ショ^ンベルガー&K・クキエ、斎藤栄一郎訳、講談社、以下『正体』)は役立つであろう。

 デジタル情報革命が政治、経済、堺のあらゆる分野で歴史的な転換をもたらすことを予言した、アルビン

トフラーの『第三の波』に匹敵する著作である。

 情報化社会の歴史のなかで、ビッグデータ時代がどのような位置づけにあるのか。『正体』は次のように述べている。

 「ついにデータが主役になるのだ。我々が蓄積してきたデジタル情報は、ついに斬新な方法でまったく新たな用途に生かされ、そこから新しい価値が生まれるのである。しかし、そのためには新しい考え方が必要だ。そして、我々の慣習はもちろん、自らのアイデンティティさえも変わってしまう」

 ビッグデータ時代は「データ独裁」ともいうべき、データの過大評価から真実を見失う落とし穴もともなう。

 「データを扱う人間がよく口にする言葉がある。『ゴミ入れゴミ出し』だ。…クズのデータからはクズの結果しか出てこないという戒めだ。しかし、分析結果の誤用も“ゴミ出し”につながる。ことにビッグデータでは、この問題が頻発したり、影響が大きくなったりする」と、『正体』は指摘する。    (この項続く)

エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

定期購読は

http://www.elneos.co.jp/order.html

 電子版は

http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 時空を超えて事件が展開するドラマの新しい挑戦は、主演の中越典子と黒谷友香のふたりの美しいヒロインが、愛おしさと哀しみを演じて、記憶に残る傑作となった。

  BSプレミアム「ダブルトーン ~2人のユミ~」は、8月3日最終回の6回連続ドラマである。再放送のみならず、DVD化も待たれる。

  小さな広告代理店に勤める、中野由巳(中越典子)と主婦の田中裕美(黒谷友香)はある日を境目にして、夢のなかでそれぞれが過ごした1日を互いにはっきりと見るようになる。

  このふたりのユミが経験している日常は、2年間のずれがあることがわかってくる。事務用品の営業マンを夫に持つ田中裕美の時空が先行している。保育園に通う娘と3人暮らしの裕美は、税務事務所のパートを務めながら、家事にいそしむ平凡な主婦である。

  その2年後の未来を生きている中野由巳は、婚約者を事故で失って一人暮らしである。小さな代理店ながら、その仕事は充実している。

 時空を超えて夢でつながった裕美の夫である、田中洋平(吉沢悠)と知り合う。洋平の幼なじみで由巳の代理店に出入りしている、デザイナーの有沼郁子(友近)の紹介である。

  洋平や郁子と交流するうちに、由巳は裕美が2年前に亡くなっていることを知る。夢でつながる、裕美は自分が死ぬ運命にあることに驚愕する。

 洋平から裕美の死ぬ前後の事情を聞き出した由巳は、裕美のXデーが4月21日であったことを突き止める。アパートの3階のベランダから転落ししたのであった。

 裕美の死は果たして事故なのか、他殺なのか。

  ふたりのユミにつきまとうようにして現れる、龍野勲(嶋田久作)にふたりは恐怖を抱く。いったい龍野とは何者なのか。

  裕美が亡くなる運命を変えられないか、と由巳は考える。死の真相に迫ろうとする。

 洋平と食事をしたり、娘と住む部屋に料理を作りに行ったりするうちに、由巳と洋平の間にはほのかな愛情が芽生える。

  カレンダーの自分の死ぬ日に印をつけて、一日一日を夫と娘のために生きようとする裕美と、その運命を変えようとする由巳が時空を超えて交信するようにして、感情を通わせていく。

 ふたりのユミの哀しみと愛しみの美しい表情を、カメラは緊迫感のなかでとらえる。

  謎の人物である龍野がふたりに迫る。そして、友近演じる郁子は、洋平に由巳を紹介した

ばかりか、妻である裕美も紹介していた事実が浮かび上がる。さらに、洋平が結婚する以前に付き合っていた女性も事故で死を遂げている。

 郁子と洋平の関係とは。郁子が隠している秘密とはなんなのであろうか。

  これまでの時空ドラマは、タイムマシーンに乗ったり、異なる時空につながる空間の揺らめきを通過したりして、主人公が過去と未来、そして現在を行き来する物語が多かったように思う。いわゆるタイムスリップである。

  タイムスリップ・ドラマには「時間のパラドックス(矛盾)」の問題が絡み合うこともまた多い。まず、現在は変わらない。つまり過去にさかのぼって行っても、時間の連鎖のなかで、いまの事実は変わらないのではないか。次に、現在の自分自身が過去や未来にいって、自分にであったときになにが起きるか。ひとつの空間に同一人物がふたり存在することはできないのではないか。

  「ダブルトーン」は、時空を超えたところに存在するふたりの女性が夢によってつながって、それぞれの現在を体験する。ふたりが情報を交信するなかで、果たして過去と現在は変わるのか。ドラマの設定とその結末は、時空ドラマの新しい領域を切り開くものであった。

 ふたりの美しいヒロインと緊迫したサスペンスの醍醐味に魅かれて、梶尾真治の同名の原作を購入して読んだ。梶尾氏の作品を手に取るのは初めてのことである。

 プロデューサーがドラマ化を思い立ったのがよくわかる。くせのない磨かれた文章によって、ふたりのユミの心理描写がよく描かれている。ドラマの舞台は東京の郊外に移されているが、小説は熊本が舞台であり、情景描写も美しい。

 「サラマンダー殲滅」で日本SF大賞を受賞している、梶尾は時空小説を数多く手がけていると知る。ドラマによって、読書人生に新たな作家が加わる喜びは大きい。

  タイムマシーン物の最高傑作である、広瀬隆の「マイナス・ゼロ」は、2008年に集英社文庫改訂版が再刊されるまで、長らく絶版であった。「本屋大賞」の記念事業で復刊したい本のトップになったことから売り出され、ベストセラーになった。

 わたしが河出書房新社の単行本(1970年刊)を読むきっかけは、NHKのラジオドラマであった。

文庫本化されたので、放送局の友人らに読んで欲しいと思って、何冊も購入して送った。ドラマ化や映画化の可能性を友人たちは口々にいうのであったが、実現していない。それは、時間のパラドックスに挑戦している原作が、結末を知らせないように幕開きから映像化するのが困難だからではないか。

 今年の夏の緑陰読書のリストに、「ダブルトーン」が加わったのは、よい思い出である。(敬称略)

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「幸せな家族は一様であるが、不幸な家族はそれぞれである」(トルストイ「アンナカレーニナ」)

  青柳小春(満島ひかり)は、夫の信(小栗旬)を事故で失ったシングルマザーである。小学生の望海と保育園児の陸を働きながら育てている。

 母の紗干(田中裕子)は20年前に家を出て、洋服の仕立て職を営む上杉健太郎(小林薫)のもとに走って、再婚している。父はすでに亡くなっている。

  日本テレビ・水曜ドラマ「Woman」である。第3話(7月24日)と第4話(7月31日)を観た。

  冒頭に引用した「アンナカレーニナ」の有名な一節は、家族の幸せと不幸について簡潔に記している。幸せな家族というものは、その幸福故に同じようにみえる。しかしながら、不幸な家族というものは、さまざまな困難に遭遇していて、それぞれがまったく違ったようにみえる。

  小春の3人家族もまたそうした、「それぞれ」である。息子の陸が言葉の発達が遅れているのではないか、と保育園で指摘される。そのために遊び友達の園児と意思疎通がうまくいかず、おもちゃで顔をなぐられてけがをする。

 クリーニングの蒸し暑いアイロンをかける職場で働いている、小春はめまいで倒れ、病院の診察の結果、再生不良性貧血症とわかる。5人に1人が亡くなるという難病である。

  生活に困窮した小春が、福祉事務所に相談したのがきっかけで、娘と息子を含めた家族は、母の紗干とその夫の健太郎との交流が始まる。ふたりには美術大学を目指して浪人中の予備校生の娘、栞(二階堂ふみ)がいる。

  小春の家族が住む木造アパートは、狭い廊下の左右に小さな部屋が並ぶ。大家が別の部屋のドアを開いて、未納の家賃を督促する。小春に対しても今月分の支払いが近いことを告げる。3人家族が住む部屋は、小さな台所と風呂・トイレ一体の部屋、そして寝室兼居間の部、屋だけである。熱帯夜のなかで、クーラーはなく、扇風機だけが回っている。

  「Woman」の脚本は坂元裕二、演出は水田伸生と相沢淳である。トルストイのいう「それぞれ」である家族を描いて、静かに流れるような映像と、寡黙ともいえる登場人物たちのセリフによって物語はつづられていく。

 そこには、過剰な演技も激烈な言葉もない。日本映画の戦後の巨匠たちやフランス、イタリヤ映画の心にしみ透るような作品の系譜につらなる。

  この作品がテレビドラマ初主演となる、満島ひかりは、小春が難病の診断を告知されるとき、カメラは医師の表情を正面からとらえて、小春はその背が画面に映るだけである。

 自宅のアパートに戻った小春が、こどもたちを寝かしつけたあと、風呂とトイレが一体となった一角で膝をかかえてすすり泣く。

  小春の家族だけではなく、母の紗干の家族も「それぞれ」の不幸を背負っていることが明らかになっていく。そして、その不幸もまた、静かな演技とセリフによって描かれていくのである。

  紗干は娘の栞と百貨店に買い物に行ったとき、ふと立ち寄った家電売り場で小春の家族のためにクーラーを購入して取り付けを依頼する。

 紗干と栞のふたりの行動とやり取りと、小春の家族のシーンが交互に織りなされて、ドラマは「不幸」の真実を明らかにしながら進行する。

  クーラーの取り付けはできなかった。小春のアパートが古くて壁の強度が足りなかったのである。

 紗干が栞の気晴らしに誘ったカラオケ店で、小春の不幸の原因を作ったのが、栞であることが彼女の告白からわかる。

  高校時代にいじめから逃れようと、仲間のグループに入った栞は、電車のなかで男の手をつかんで「痴漢」と叫んで、無実の男性から仲間とともに恐喝をしていた。

 小春の夫の信が、母の紗干のもとを訪ねてきて、幸せな生活を報告にきた後を追って、電車のなかで信の手をつかむ。乗客たちに囲まれて途中の駅で降ろされた信は、殴られ、押し倒され、蹴り飛ばされる。その時、手に持っていた梨が転がり落ちて、線路に落ちようとしていたのを追いかけて、信は電車にひかれたのであった。

  紗干の期待にこたえようとして、美術大学を目指している栞であったが、才能の限界にきづいていた。中学校、高校時代にいじめにあっていたことを紗干に隠していたことも、告白から明らかになる。紗干が信に与えた梨は、栞にとって、幸福を象徴するようにみえたのである。自らの不幸に引き比べて、その絶望は深かった。

  脚本と演出は、どこまでも静謐(せいひつ)を保って乱れない。

 自宅に帰った紗干と栞がからみ合うシーンは、母娘の葛藤と、母の愛情の深さを静かに描いていく。

 紗干は、栞の部屋の壁に貼られたデッサンを次々にはずしていく。ベッドに毛布をかぶって「もう死にたい、死にたい」という栞に対して、紗干は手荒に毛布を引きはがすのであった。

  田中裕子と小林薫の夫婦役のみならず、小春役の満島ひかりと栞役の二階堂ふみの演技は、静かにしみ透る社会派ドラマの主旋律となっている。       (敬称略)

 

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 作家・池井戸潤の作品は購入しながらも、直木賞受賞作の「下町ロケット」も積読(つんどく)のままである。その池井戸原作の2作品がドラマ化された。

  「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を脚色した、TBSの日曜劇場「半沢直樹」。原作と題名をそのままに、NHKの土曜ドラマ「七つの会議」である。

  「読んでから見るか、見てから読むか?」は、角川映画のかつてのキャッチコピーである。溝口正史や森村誠一らの作品を映画化するとともに、文庫本のキャンペーンを進めた。

 「七つの会議」は原作を読みながら、「半沢直樹」は読まずに観ることにしてみよう。

  「七つの」の主人公は、東山紀之が演じる中堅の電機メーカーの課長・原島万二、「半沢」は大手銀行の支店の課長で、演じるのは堺雅人である。

 原島も半沢もバブル入社組である。

 「七つの」は第1回「だれかが消えていく」(7月13日)、第2回「二度と戻れない」(7月20日、「半沢」は第1回(7月7日)、第2回(7月14日)を観た。

 ふたつのドラマは、ネジがキーとなる。「七つの」では、電機メーカーが製造した高速鉄道や旅客機の座席に使われている特殊合金製。そして、「半沢」では主人公がお守りのように持っている溝に血がついている樹脂性で、それは父親の中小企業が造っていた製品である。

  「読んでから見るか、見てから読むか?」。わたしはそのどちらも好きだ。さらに、読んでから見て、また読むも。

  「七つの」は、原作を読む速度がドラマの進展を上回った。脚本は、日本を代表する俳優となった東山のために書かれたことがわかる。原作の登場人物たちの信条や行動をまとめかつ煮詰めて、東山演じる原島の人間像を新たに作り上げた。

  ドラマは、企業の調査委員会の弁護士が、聴取の部屋で原島と向き合う場面から始まる。

弁護士はいう。

 「平成2年入社ですか。バブル入社ですね。経費が使い放題で、さぞかし楽しい時代だったでしょう」

 原島は答える。

 「経理部から始めたので、領収書が目の前を通り過ぎたのをみただけですね」

 部屋の時計が午後2時となる。

 「定例の会議ですから失礼します……そうか……」

 立ち上がった原島に、弁護士が言葉をかける。

 「会議はもう…」

 

 原島の会社が下請けに発注したネジが強度不足で、鉄道や航空会社に納入している座席の背もたれが支えきれなくて壊れて、すわっている人が怪我をする可能性が浮かび上がる。

 あまり日の当たらない課長ポストから、花形の営業1課長に異動した原島が、部長からネジの発注元を変更するように特命事項として命じられ、大阪の零細企業などを回るうちに、強度不足に気付いていく。

 顧客の苦情窓口であるカスタマー室長の佐野健一郎(豊原功補)も苦情の分析から、同じ結論に達する。佐野は中途入社で、営業の花形部署から左遷された男である。

 原島と佐野のふたりは、いったんは協力して、強度不足のネジが納入されたいきさつを探ろうとする。その途中で佐野は、この件を利用して左遷の原因となった上司の責任を問い、再び主流の道に戻ろうと、社長の宮野和弘(長塚京三)をはじめとする経営層に告発文を送る。

  しかしながら、宮野の部下に対する指示は「この件、隠蔽せよ」であった。

  原島はこの企業犯罪を食い止めることができるのだろうか。あるいはその罪の一端を担わされるのであろうか。

  企業を舞台としたサスペンスのなかで、課長役の東山は俳優として新境地を切り開いている。頭にはうっすらと白髪がのぞく。老眼鏡と思える眼鏡がちょっとずり落ちる。

  「半沢」のドラマの底流を流れているのは、息苦しい復讐劇の主音調である。

 中小企業の経営者だった父親が自殺したのは、半沢が働いている大手銀行が融資を断ったからである。

  半沢は、大阪の旗艦店の花形ポストである融資課長である。同期の出世街道の先頭を行く。

  支店長が、社内の優良店の表彰を受ける競争のために、中堅の鉄工メーカーに5億円の融資話をトップダウンで半沢に命じる。

 融資先が倒産して、半沢は窮地に立つ。回収不能になった5億円の責任をすべて押しつけられたからだ。

  半沢はその債権の回収に乗り出す。連鎖倒産をした零細企業の経営者である竹下清彦(赤井秀和)らの協力を得て、計画倒産であることを突き止める。

 融資先の企業に対して、国税局も脱税を発見して、その債権の確保に乗り出す。

   日本経済がバブル経済の熱狂にかけあがった1980年代、そしてバブルの崩壊、デフレが続き、失われた20年を経過した。バブル入社組も40歳代半ばとなって、組織の中核である課長クラスになっている。

  彼らが社会に出たころは、日本企業の特質であった終身雇用も健在だった。年俸制の導入などで雇用の安定性も崩れた。リストラの嵐はいまも止まない。

 戦後のサラリーパーソンのなかで、バブル世代が実は、もっとも過酷な人生を歩まされているかもしれない。

 「七つの」と「半沢」が描くこの世代の運命とは。ふたつのドラマはどちらも本格派である。

 (敬称略)

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京湾岸の高層ビルをぬうように滑走する、「ゆりかもめ」は大型展示場のビッグサイトに向かっている。座席にすわった白髪の老婦人が、タブレット端末iPadのカバーを開いて電子本の小説を読み始める。読書端末の画面の上で指を滑らせてページをくくる人が、車両に5人もいる。「電子出版EXPO」が開催されていて、その客が多かったせいである。

「電子書籍元年」と幾度唱えられたことだろう。日本において、アップルがiPadを発売したのは2010年5月、楽天のコボは12年7月、アマゾンのキンドルは同年10月。日本上陸の先陣を切るiPadをにらんで、電子雑誌のパッケージ販売サービス会社を、わたしは社内起業した。出版社と印刷会社、そして書籍を本屋に卸す取次会社など、伝統的な「紙」の本のビジネスモデルが、「元年」の幕を開けないことを知る。

 「電子出版EXPO」までの移動中にみた光景と、展示ブースの活況は二重写しになっていま、大きな転機を迎えていることがわかる。メーカーは新製品の電子端末のデモンストレーションを繰り広げ、電子書籍の製作から販売、顧客管理まで受注するベンチャーが、商談を進めている。

 「音楽事業はアップルに、本はアマゾンに独占されることが日本で起きていいのか。改革や改善では間に合わない。イノベーションを起こさなければならない」

 EXPOの基調講演のなかで、KADOKAWA会長の角川歴彦氏は、電子読書端末の急速な普及が進むなかで、アップルとアマゾンの価格決定権が強まっていることに危機感を抱く。電子書籍の将来性をいち早く予言し、この分野をけん引するベンチャーとである。講談社と紀伊国屋書店のトップを登場させて、自社とともに図書館向けの電子書籍の貸し出しサービスをする、新会社の設立を発表した。

 政府は12年4月、電子書籍市場を成長させる目的で、出版デジタル機構を設立した。出資金の中核は経済産業省系の投資ファンドの150億円。中小出版社の書籍の電子化事業などをてがけていた。5月末、電子書籍の取次会社を買収した。この機構の性格は当初からあいまいで、いずれの事業も官があえて乗り出す必要はない。

 電子書籍の成長戦略のなかでやるべきは、「紙」と「電子」のビジネスモデルの在り方を法律によって、著作権者や出版社などの権利を確保し、企業がこの分野に進出しやすくすることである。国際標準図書番号(ISBN)の出版社番号の申請が急増している。新規申請が2011年度から900件を超える。出版社以外の法人や個人が、電子出版に乗り出そうとしているからだ。

 酷暑のために、緑陰読書はままならず、冷房の効いた室内でキンドルのカバーを取る。宮崎駿監督の新作のアニメ「風たちぬ」の公開が近い(7月20日)。堀辰夫の同名作品は本棚から探しあぐね、ダウンロードは無料であった。

SankeiBiz     フロント・コラム  田部康喜

http://www.sankeibiz.jp/search/?q=%E7%94%B0%E9%83%A8%E5%BA%B7%E5%96%9C&web.x=-1017&web.y=-194&web=+%E6%A4%9C%E7%B4%A2+

 

このエントリーをはてなブックマークに追加