ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

  初代内閣広報官の宮脇磊介さんが二月初旬に亡くなられた。本誌の愛読者には常連執筆者として懐かしい。警察官僚として数々の役職に就いた宮脇さんが退官後も使われていたのが「内閣広報官」であった。

 首相とその内閣の政策について、いかにメディアを通じて国民に理解してもらうか。またあるときは危機管理の役割を担われた。

 愛しいてやまなかったであろう、その肩書は誇りが込められていた。

 バブル崩壊の過程で、反社会的勢力が跳梁跋扈していた状況に対して、「ヤクザ・リセッション」と、深層を言い当てられた。新聞記者時代にインタビューをして、この言葉を紙面で紹介したとき、その反響は欧米のメディアにも及んだのである。

 ソフトバンク広報室長時代に、子会社のインターネット接続サービスで起きた、個人情報漏えい事件の際には、調査委員会の委員長になってくださって、外部の犯人たちがどのようにして犯行に及んだのか検証していただいた。

 これらのエピソードは、このシリーズですでに紹介した。

 繰り返しを省みず、ここに簡単に記すのは、宮脇さんに哀悼を捧げるとともに、企業の広報パーソンにとっても、仰ぐべき広報の先人であることを読者の方々にも知っていただきたいと思ってのことである。

 ベンチャーやシニアで独立する人々の「個人広報」を考えてみようとしているなかで、政治家のそれかれから教訓を学んできた。

 政官界の広報の先端にいらした、宮脇さんの訃報に接して、改めてこの論議を進めることにしたい。

 最新刊の『国際メディア情報戦』(講談社現代新書・高木徹著)が格好の教科書となる。NHKの報道畑の出身である高木氏は、国際紛争のなかで、欧米のPR会社がいかに世界的な世論の形成にかかわっているかを明らかにしている。

「『PR』という概念の本来の意味も、いまだ日本に定着していない」と高木氏は嘆いている。

 映像の専門家が描く、世界的な広報活動の先端である。日本企業の応報パーソンはいま、記者会見のネット配信や商品・サービスの映像による広報活動に力を注いでいる。

「映像の世紀といわれた二〇世紀から新世紀を迎え、映像の持つ広報の力は増している。

 こうした時代に必要な広報戦術として、高木氏はふたつのキーワードを欧米のPR会社の活動から、すくいあげている。

 まず、第一は「サウンドバイト」である。この言葉は放送用語で、記者会見やいわゆる、ぶら下がりのなかでの発言を数秒から十数秒にカットしてニュースに埋め込むことをいう。

 これを前提として、政治家や企業人は長いセンテンスではなく、簡潔な言葉の表現の訓練が必要だというのである。

 まさに、宮脇さんの「ヤクザ・リセッション」はこの模範例だろう。

 次に「バズワード」である。蜂がぶんぶんと飛ぶときの擬声語が原義である。短い単語によって深いイメージを喚起する。例えば「自己責任」であり、「想定外」である。

(この項続く)

 エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

定期購読は

http://www.elneos.co.jp/order.html

 電子版は

http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本大震災の3.11から間もなく3周年を迎える。これまでの歳月は震災前よりも長く感じるのは私だけだろうか。あの日を境として、震災後社会は政治、経済、社会、文化あらゆる分野で、それ以前のあり様を考え直している。

  テレビ朝日開局55周年記念ドラマ「時は立ち止まらない」(2月22日)を観た。岩手県の三陸沿岸の仮名の市が舞台である。地震と津波に襲われたふたつの家族が織りなすドラマは、フィクションだからこそ描ける、震災地に生き残った人々の感情をていねいに描いている。

  日本のドラマ史に残る数々の名作をてがけた、山田太一の脚本である。

 2013年初めに封切られた、監督・山田洋二の「東京家族」と響き合う。この作品は名匠・小津安二郎に捧げるオマージュとして、震災前に企画されて脚本が仕上がった段階で、震災に遭遇して、山田監督は書き直した。

  主人公の末息子の青年と婚約者が出会ったのは、震災地のボランティア活動の場であった。そして、小津の名作「東京物語」の重要なストリーを取り入れて、青年の老母は瀬戸内の島から夫ともにこどもたちが住む東京に旅にきて、急死する。

  青年と婚約者がふたりで震災後の社会を、希望をもって生きていこうとする、ラストシーンが美しい。

  「東京家族」で夫婦役を演じた、橋爪功と吉行和子が「時は立ち止まらない」では、ふたつの家族のそれぞれの祖父・浜口吉也と、祖母・西郷奈美に分かれて、物語のなかで微妙な感情を交錯させる。

  地元の信用金庫の支店長を務める西郷良介(中井貴一)が主人の西郷家と、漁師の浜口克己(柳葉敏郎)が主人の浜口家である。

  ドラマの冒頭は、西郷の長女で市役所に勤務しながらいずれは政治家を目指している、千晶(黒木メイサ)と、浜口家の長男で漁師の修一(渡辺大)が結婚を前提として、両家の顔合わせのシーンから始まる。

  主人同士が中学校の同級生であることがわかると同時に、ふたりになにかわだかまりがあるように見えるのが、ドラマの伏線となる。

  祖父母と夫婦、その長男と次男の6人家族の浜口家と、祖母と夫婦と一人娘の西郷家の幸福な未来がくるのがみえるような、にぎやかな食事会から間もなくのことである。

  東日本大震災の地震と津波が、ふたつの家族を襲うのだった。海の近くに住んでいた漁師の浜口家は、家が流され、祖母と長男、妻を失い、祖父(橋爪)と主人(柳葉)と次男の高校生の光彦(神木隆之介)が生き残った。

 高台に住んでいた西郷家は、家も残り、全員が無事だった。主人(中井)と妻・麻子(樋口可南子)、そして長女の千晶(黒木)である。

  家族3人を失った浜口家も、婚約の相手を失った千晶を抱える西郷家もそれぞれが不幸である。

  山田太一の脚本は、フィクションの衣装をまといながら、震災地の人々の感情のひだに分け入っていく。孤独であり、言い知れぬ不安である。そして、それを癒してくれるものを求める自然な感情である。そこには性的な香りもかすかに漂う。

  フィクションもノンフィクションも、他人の心のなかに入り込んで、その悲しみや喜びの本質をえぐりださなければならない、宿命を抱えている。

  婚約者を失った千晶は、その弟の6歳も年下の高校生の光彦と肉体関係に陥る。ふたりの関係は愛なのか、震災によって喪失したなにかを埋めるようとしているものなのか。

  仮設住宅に入居した浜口家を見舞った、西郷奈美(吉行)をバス停まで送って行った吉也(橋爪)が突然、「ハグしてくれんかなぁ、外国人みたに。とにかく心細くて」という。

 バスはバス停に到着する。奈美は乗り込み、車窓から手を振る吉也にこたえるようにして、また手を振るのだった。

  これもまた通常の恋愛感情ではない。孤独と不安が胸からつきあげてきたのである。

  千晶と高校生の光彦の関係は、両家の主人同士が話し合って、別れさせることになる。光彦は青森に移り住む。

  西郷良介(中井)と浜口克己(柳葉)のふたりが、中学校の少年時代に起きた出来事が明らかになる。転校生だった西郷は、浜口とその仲間と遊んでいてもいじめと感じていた。「死ぬことを考えた」という。浜口は西郷が手引きした不良の高校生に殴られた記憶を引きずっている。

  狭い地域のなかでは、過去の感情を押し殺して生きるのが処世訓というものだ。

 震災後の緊張した社会はそうした、感情を押し殺していたくびきをも、もろいものにしてしまって、感情が噴き出すのである。

 ふたりは、浜口吉也(橋爪)の提案で、互いに平手打ちを1回ずつ相手の顔に見舞うことで、和解に至る。

 物語のラストシーンは、まもなく震災から3周年を迎えようとしている海辺である。吉也を無理やり車に乗せて、西郷良助は彼の家があった場所に連れていく。

 そこには、千晶と青森に移り住んだ光彦もいて、ふたつの生き残った家族が集う形となる。土台だけになった家の片隅に花束が置かれ、吉也は手を合わせながら泣き崩れる。その肩を奈美(吉行)が「ハグ」するのであった。

  WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「個人広報」の時代に、広報パーソンが歩む道のひとつとして、犯罪被害者をメディア・スクラムつまり過剰な報道の圧力から守る方向があるのではないか、とこのシリーズで述べた。各地の弁護士会と広報パーソンが連携する。すでに実現していそうな構想である。

 しかしながら、メディア・スクラムと正面から向き合う広報パーソン像を理想に掲げたのはいささか恥ずかしい。

 日本テレビの清水潔記者を見よ。『殺人犯はそこにいる』(新潮社)の筆者のドラマは、幼女誘拐殺人の冤罪である「足利事件」を掘り起こして、無期懲役の菅家利和さんの再審無罪に導いたばかりではない。

 「足利事件」をはじめとする北関東の連続幼女誘拐殺人事件を浮かび上がらせ、さらに五人の子どもたちを死に至らしめた可能性が高い、その男性に肉薄する。

 「FОCUS」記者時代に、「桶川ストーカー殺人事件」の被害者だった女子大生の名誉を回復しかつ、捜査陣よりも早く犯人にたどり着いた。

 日本テレビ報道局に転身後も、記者クラブに属さない社会派の調査報道記者として評価は高まるばかりである。

 雑誌カメラマンからペンを握り、そしてテレビ映像を駆使して事件の深層に迫る。

 そんな清水記者は若いころから、メディア・スクラムの現場にたじろぎ、その中に身を投じるのに躊躇する。

 「小さな声を聞く」と清水記者は記す。何十回も百回を超えて現場に足を運んで、被害者の声を聞きにいくというのである。

 北関東の連続幼女誘拐殺人事件では、現場取材にきて泊まったホテルで、夢のなかに被害者のこどもが現れる。清水記者に事件の謎を解いてもらいたいというように、缶製の箱を手渡す。目が覚めても、その手に感触が残る。

 「最も小さな声」である幼女の声を聞こうとするなら、それは遺族のもとへ行くことだと、清水記者はいう。事件から何年も過ぎても、当時のメディア・スクラムに悪夢が遺族には甦る。

 清水記者はなんども門前払いをくいながらも、被害者の声に耳を傾けようとする。ついに遺族は清水記者とともに、真実を求めて歩み出す。

 『殺人犯は』は、DNA鑑定という科学捜査が実は完璧なものではなく、それが冤罪を生み、本当の犯人にたどり着く道を閉ざしていることを、明らかにしていく。

 DNAの型を示す無味乾燥な数字が、清水記者の分かり易言葉によって意味を持ってくる。

 彼のようになりたい、と思う記者は多いことだろう。広報パーソンもまた、彼のような記者と取材現場で遭遇したい。

 「厳格な司法なくして、国民は守れない。安全と平和はない。……報道の仕事もだ。小さな声こそ耳を傾け、大きな声には疑問を持つ。何のために何を報じるべきなのか、常にそのことを考え続けたいと私は思う」

 清水記者の言葉は広報パーソンも勇気づける。

(この項続く)

エルネオス(ELNEOS)は、定期購読雑誌です。

定期購読は

http://www.elneos.co.jp/order.html

 電子版は

http://www.zasshi-online.com/Search/ProductList?page=1&sort=1&skey=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9&stype=0&sbn=0

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

見巧者(みごうしゃ)

芝居などを見なれていて,見方のじょうずな・こと(さま)。そのような人をもいう。「大辞林」

 歌舞伎や文楽に詳しい友人にかかると、主役ばかりではなく、脇役を演じる役者や人形、その遣い手についての知識が豊富なので、聞いている私自身もその作品の深さに浸ることがある。古典芸能にふれるようになったのはつい最近のことなので、持つべきものは友である。

 フジテレビのドラマに主演することが多かった、天海祐希がテレビ朝日に出演することが話題になっている「緊急取調室」は、脇役陣の好演がテレビドラマの見巧者たちを楽しませる。

  「緊急」は第4話(2月6日)と第5話(2月13日)を観た。

  「緊急」の脇役陣は、いずれも映画・ドラマの主演級とバイプレイヤーで固められている。

 天海が演じる刑事の真壁有希子が所属するのは、通称で「キントリ」と呼ばれる、警視庁捜査一課・緊急事案対応取調班。刑事部長の郷原正直役に草刈正雄、キントリのトップを務める管理官の梶山勝利には田中哲司。NHK大河ドラマの織田信長に仕える荒木村重も演じている。舞台出身の独特なセリフ回しに魅かれる。

 このシリーズで取り上げたTBS日曜劇場「ATARU」では、子だくさんの風変わりな鑑識係を演じて、栗山千明の刑事とのからみは絶妙だった。

 真壁の同僚である、中田善次郎には大杉蓮。北野武監督の映画ではギャングなどを演じて、「北野組」の重鎮である。小石川春夫には小日向文世。日本を代表するバイプレイヤーであろう。

 菱本進役には、でんでん。ベテラン俳優として、映画・ドラマに欠かせない脇役である。NHK朝のテレビ小説「あまちゃん」の漁協の組合長にして、あまカフェのオーナーである長内六郎役が懐かしい。

 主役の天海の真壁刑事は、警察官の夫を事件で亡くして、ふたりの子どもを育てる母親でもある。同僚たちから「おばさん」扱いをされている。

 さっそうとした天海のイメージとは異なる、新しいフィールドで名脇役たちに囲まれて、生き生きとした演技を続けている。

 ドラマは第5話に至って、夫の死に警察の上層部の秘密が絡んでいるのではないか、と真壁が推測するようになる。

 「緊急」は、1話ごとに殺人事件の謎を解きながら、真壁の夫の死をめぐるサスペンスの物語であることがわかってくる。

 主婦に巧みにすりよって、宝石の詐欺売買を手掛けていた男が、ボストンバックのなかに詰められて発見される。

ボストンバックを引きずる犯人を見たという、目撃者に3人の主婦が名乗りをあげる。

家族と暮らす老婦人と、高級マンション暮らしの主婦、そしてふたりの子育てに追われる裕福ではない女性である。

 それぞれは互いに境遇も異なる。真壁の事情聴取によって、犯人の似顔絵が作られる。目撃者の3人はそれぞれ別の場所から、しかも夜の遠目にみているので、犯人の印象は異なるはずなのに、完全に一致する。

 真壁は3人が相談して、ある犯人像を形作っているのではないか、と推理する。

 3人を同時に呼んで、突き詰めると、彼女たちは殺された詐欺師の被害者であることがわかる。しかも、その詐欺師を追って、だましとられたカネを取り戻そうとする途中で、遭遇したのである。

 そして、詐欺師の部屋で殺された彼を発見する。そのとき、殺人犯は部屋の隅から現れて、彼女たちに偽の証言をするように脅迫するのであった。最初の似顔絵の男は、週刊誌の裏表紙に掲載されていた、宣伝の登場人物であった。殺人犯はその人相を警察に告げるようにいう。

 似顔絵を作り直す作業が改めて行われる。そこに現れた犯人の顔は、死体が詰め込まれたボストンバックが捨てられていた現場を保存するために、立ち番をしていた制服の警察官だった。詐欺師の片棒をかついで、被害者たちの隠し撮りをしていたばかりか、詐欺師に捜査情報を漏らしていた。

 真壁は、この事件から捜査情報を夫の警察官が漏らすことはありえないが、何らかの情報漏えい事件にからんで殺されたのはないかと、疑いだすのであった。

 管理官の梶山に、真壁は携帯電話でそのことを告げる。電話を切った梶山が正面を向くと、そこにいるのは、刑事部長の郷原であった。

「真壁が気づき始めたようです」と梶山は告げる。

 上司や同僚から裏切られているかもしれない。見巧者の観客は、刑事物のドラマの二重性に驚かされ、サスペンスの行方にひきずられるようにして次回も観ようと、思うのではないか。

 キントリに対抗する捜査一課の面々にも、渋い脇役たちが登場する。捜査一課長・相馬一成役の篠井英介は、時代劇から現代劇まで巧みにこなすバイプレイヤーである。その部下の監物大二郎役の鈴木浩介。フジテレビの「ショムニ2013」の上司にすり寄る人事部員・下落合耕一役である。リーゼントスタイルのような髪を固めた、エキセントリックだが正義感あふれる刑事を好演している。   (敬称略)

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ朝日の人気シリーズ「トリック」は2000年夏からの第1シリーズから、今年の年明けの新春スペシャル3で完結した。仲間由紀恵が演じる奇術師の山田奈緒子と、阿部寛の物理学者・上田次郎のコンビが、殺人事件の謎に挑む人気番組もついに幕を下ろした。魅かれあうようにみえた、上田―山田コンビは結ばれぬままに画面を去った。

  新春の大型ドラマでは、TBSの「“新参者”加賀恭一郎『眠りの森』」のなかで、阿部は刑事・加賀を演じている。見合い相手にトリックの仲間が演じる、同性の山田を登場させている。ふたりはバレーの鑑賞にきて、加賀が居眠りをしたために、山田が縁談を断る。

  「トリック」の仲間―阿部コンビを知っている観客には、たまらないパロディーである。演出家と脚本家のちょっとしたいたずらだった。あるいは局を超えたエールともいえるだろう。

  テレ朝は「金曜ナイトドラマ」に「私の嫌いな探偵」の新たに幕を上げた。「トリック」がヒット作に成長した、週末をまたぐ深夜の帯である。人気シリーズに育て上げる登竜門といえる。

  剛力彩芽が演じるミステリーマニアの女子大生・二宮朱美と、彼女が大家のビルに入居した玉木宏の私立探偵・鵜飼杜夫がコンビで、事件の謎を解いていく。第3話(1月31日)を観た。

  ナンセンスなギャグとパロディーが次々と繰り出されて、謎解きとはまったく関係がない方向にドラマは展開して、そして本筋に戻る。またあらぬ方向に。二宮―鵜飼コンビの歯切れのよいセリフと、コマ落としのフィルムをみるようなテンポの速い展開は、観客を驚かすに十分だろう。

 「シュールコメディ」とうたっている、ニュアンスが伝わる。

  殺人事件は、舞台の架空の街・烏賊川(いかがわ)市の烏賊神神社で起きる。宮司の長男の恋人が背中を刺されて死ぬ。神社にはふたつの祠がある。ひとつの祠の裏で、巫女が発見した死体が、何者かによって、もうひとつの祠の裏に知らぬ間に移動していたのが、事件の謎である。さらに死体が神社の本尊の烏賊の像を握り締めて、口を寄せるようにしていることも。

  二宮―鵜飼コンビには、刑事の砂川(渡辺いっけい)と女性刑事の三木(安田美沙子)が絡む。この砂川は捜査をそっちのけにして、妻と電話で会話して帰宅を急ぐようなナンセンスぶりである。

  事件をめぐる謎解きについて話し合う、いかがわ食堂はいかめしが名物。主人は「ばばあ」と呼ばれる男性の老人である。

  鵜飼の探偵事務所では、謎解きに詰まると突然、二宮(剛力)が事務所を訪れる大学生の戸村流平(白石隼也)とダンスを踊り出す。つられるようにして、鵜飼(玉木)も。

 二宮が顔面を覆う白いゴム製のマスクをかぶって登場するシーンもある。市川崑監督の金田一耕助シリーズの「犬神家の一族」のパロディーである。

  ミステリーファンにはおなじみの犯人が入れ替わるトリックにつかわれるマスクである。ちょっと脇道にそれるが、「トリック」の最後のテレビドラマもまた、全編「犬神家の一族」のパロディー仕立てで、入れ替わりのトリックは、独自に創作して、市川作品に挑戦している。

 二宮が通っている烏賊川市立大学で、彼女は女子ミステリー研究会の会長を務める。仲間と繰り広げる事件の謎解きにも、古今東西の探偵たちと事件の知識が口々に勝手きままに展開していく。テレビの推理ドラマの常連である、船越英一郎の等身大のパネルが、部室には飾られている。

  ナンセンスなギャグとパロディーの数々は、バラエティ番組のテンポのよい展開のように、計算されていないようでいて、事件の謎解きに向かって巧妙に絡み合っていく。

  そして、探偵・刑事物の定石通りに、いったんは解決したかにみえる事件は、最初の謎解きが誤りで、最終的な犯人に至るまでにどんでん返しがある。しかしながら、二宮―鵜飼コンビのそれは、あまりにもナンセンスで、演技のせりふ回しがひとつ狂えば、物語が台無しになってしまうような意外なものであった。

  舞台の烏賊川市のゆるキャラであるイカのぬいぐるみの中の男性が犯人で、殺された宮司の長男の恋人をその中に引きずり込んで殺した、というのが、鵜飼の謎解きであった。ところが、きぐるみの中から出てきたのは女性だった。

  ドラマは二転三転して、鵜飼は犯人を突き止める。犯人は宮司が再婚した妻の娘だった。犯行は長男に対する恋心から、その恋人を殺したことがみえてくる。

  娘の告白を断ち切るように、鵜飼はいう。

 「2時間サスペンスドラマではないので、告白はなし。みなさんで聞いてください」と。

  謎解きは唐突に終了して、鵜飼の事務所のシーンに。殺人を予告された男性が、相談に訪れる。そして、「つづく」の文字が。

  剛力―玉木コンビは、これまでにない探偵者の主人公に躍り出たのではないか。仲間―阿部のコンビがそうであったように、新しいコンビにとって、新鮮な役回りであるからだ。そして、脚本と演出が観る者が不思議な感覚に包まれる。  (敬称略)

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本

 http://wedge.ismedia.jp/category/tv

このエントリーをはてなブックマークに追加