ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

青春の希望と苦悩は時代を超えて

佐藤健と黒木華の夫婦の愛も

  WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本 寄稿

 宮内省の料理場のトップである主厨長を大正から昭和にかけて務めた、秋山徳蔵の生涯を描くTBS日曜劇場・「天皇の料理番」は、日露戦争を時代背景にスタートを切った。

  フィクションを交えていることから主役名は篤蔵と変えて、佐藤健が演じる。婿養子先の高浜家の妻・俊子役は黒木華である。明治から昭和へ。福井の旧家の次男坊が歩む青春の道程は、現代史の上に刻まれていくのである。

  第3話(5月10日)に至って、華族会館の厨房の洗い係として働き始めた篤蔵に転機が訪れる。

  拾った財布の持ち主が、英国大使館のシェフの五百木竹四郎(加藤雅也)だったことから、華族会館の料理長の宇佐美鎌市(小林薫)には内緒で、仕事の合間に英国大使館でも働き始めたのである。一日でも早くシェフになりたいという、篤蔵の願いに五百木は打たれたのである。

  華族会館はかつての鹿鳴館であり、千代田区内幸町の一角には、旧大和生命が建てた高層ビルがある。華族会館は戦時中に取り壊され、その後をしのばせた門も空襲によって焼失した。

 旧大和生命の本社があったあのビルの受付に、鹿鳴館時代の建物につかった木材の一部がガラスケースに収められていたのを見た、記憶が懐かしい。

  ふたつの料理場をかけ持ちする、篤蔵は仕事の時間に間に合うように、下駄を手にもって息が絶えるようにして走る。内幸町から大手町をかすめて、竹橋、それから一番町の英国大使館まで。

  なにものかにせかされるような熱望にとりつかれるのが、青春というものである。明治の青年のそれは、平成の若者の希望と変わらない。それは表現が間違っている。

 現代の青年が追い求めている仕事に対する熱情は、明治の青年と変わらない。

 そこに、このドラマの現代性がある。

  TBSがこの作品を日曜劇場で手がけるのは、1980年以来二度目である。一話完結のドラマも1993年に制作している。それぞれが放映された時代相と、篤蔵に生き方は今回同様に重なり合うのだろう。

  篤蔵が料理の修行を急ぐのは、妻の俊子が妊娠したこともある。婿養子先を飛び出した篤蔵と離縁するように、俊子の父親は迫る。

 俊子は篤蔵の本心を確認しようと上京し、まさにそのときに身ごもっていることがわかるのである。

  青年が社会の入り口に立ったときに、まず何をなすべきか。一人前になるためにはどんな心構えが必要なのか。青年が成長していくとはどのようなことなのだろうか。

 さまざまな経験を自己の内面で結実しながら、成長していく「教養小説」というジャンルの永遠のテーマである。

  洗い場係として料理をまったく教えてもらえない篤蔵は、宇佐美の机の引き出しから盗んだ料理について書かれた分厚いノートを懐に隠している。料理場に戻ってみると、そこには包丁を研ぐ宇佐美がいた。宇佐美は篤蔵を諭すのだった。

 「教えないのは、学ばないからだ。傍で見ながら盗まなければ学べない。小さなことが大きな失敗につながる。鍋をうまく洗えないやつは料理がうまくならない。鍋を洗う。食器を磨く。包丁を研ぐ。それを続ける」

  篤蔵は盗んだノートを宇佐美に差し出して、頭を大きく下げて謝る。そして、いつもの罰である下駄で蹴られるのを覚悟で目を強く閉じる。

 宇佐美はいう。

 「俺も若いころに同じようなことをやったので、蹴るわけにはいかない」と。

  包丁を研ぐ音が響く。目を開けた篤蔵は、自分の下駄を両手に持つと思いっきり頭を殴り続けるのだった。

  青春時代をくぐり抜けて、一人前になった経験のあるひとなら、転機となった瞬間はあるものである。その瞬間に気づいたひとは幸せである。年月を経て、気づいても遅くはない。

  料理人になる夢を追い続ける篤蔵と、妻の俊子の物語もまた、時代を超えた共感を呼ばずにはおかない。

  子どもができたことがわかった俊子は、実家に戻る。篤蔵は職場にいかなければならない。道端に妊娠した猫が横たわっている。俊子はいう。

  「猫だってひとりで子ども育てるのですから、わたしも大丈夫です」と。

  俊子役の黒木華は、語り手役も務めて、抑制した演技とともに、篤蔵との愛情の深さがよく伝わってくる。

  青春はひとりで生き抜けるものではない。家族や周辺の人々の支えによって成し遂げられるのである。そのことがわかるためには、月日が必要である。

  ドラマのなかで、料理長の宇佐美が「料理は技術ではなく、まごころである」というセリフの「料理」を「仕事」と言い換えれば、若者が成長するために必要なのは実は、周囲に対する感謝の気持ちである、ことになる。

  わたしの口調が妙に説教臭くなるのは、年齢のせいとお許し願いたい。このドラマはけっしてそうではない。

  日露戦争の戦闘シーンなど、ドラマのなかで記録映像が効果的に使われている。華族会館はいまではないが、ロケには、綱町三井倶楽部(港区三田)や三菱1号館(丸の内)など、明治時代の建築物が登場する。

  ドラマの先には戦争の時代がある。篤蔵はそこで人生のなにを見出すのだろう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

経営権をめぐる闘争の勝利者・田中久雄体制の蹉跌

SOCRA寄稿

 東芝は電力・インフラ事業を中心として、不適切な経理処理をしてきたことが5月8日明らかとなり、2015年3月期末決算の発表を見送った。さらに上場している子会社についても同様の措置をとった。対象の決算は今期にとどまらずに過去にさかのぼる可能性が高い。

 東芝の調査の進捗の遅さはいうまでもない。13年3月期決算における不適切な経理処理について、すでに4月初めに、取締役会長の室町正志氏を委員長とする社内の特別委員会が調査にあたっていた。

 13年6月に取締役・代表執行役社長に就任した田中久雄氏を中心とする経営陣の責任が追及されるだけではない。歴代の社長のなかで、日本郵政取締役・代表執行役社長を務める、西室泰三氏や、経団連副会長である、副会長の佐々木則夫氏らの進退に影響を及ぼす可能性もある。

 田中久雄体制は異例づくめでスタートした。重電や半導体部門以外の調達部門から社長に就任した田中氏のみならず、前年に副社長を退任した室町氏が復帰して会長に、社長の佐々木氏は上場以来初の副会長となった。

 経営権を握ったトップは、政治の権力闘争に似て、その絶頂期に蹉跌のカゲが忍び寄る。東芝が昨年5月に開いた、「最新経営方針・事業説明会」において、田中氏が中期経営計画を発表したのがその瞬間だったかもしれない。

 今回発表が見送られた15年3月期決算において、営業利益が過去最高の3300億円に達し、翌16年3月期には純利益でも過去最高の1700億円、最終年の17年3月期には売上高も過去最高の7兆5000億円になるとした。

「よほどの事態の変化がなければ、必達の数値である」と、田中氏は力説した。さらに、社内カンパニーつまり事業セグメントや関連会社において、売上高経常利益率(ROS)の5%以上の目標を掲げて「達成できない場合はしかるべき判断をする」と断言した。

 いったん決めた業績目標を守り抜いて、経営効率を図る。電力・インフラ事業は世界的に競争が激化している分野である。経営目標と競争のはざまで、事業部門のなかでいったい何が起きていたのか。東芝がメディアにコメントしている内容を概括すると、工事の原価総額が過少に見積もられた結果として、見かけの利益や売上高がよくなった可能性がある、という。

 単純な比較はできないが、日立製作所の電力事業と社会・産業システム事業と、東芝の電力・社会インフラ事業をみる。14年3月期において、日立の電力の売上は前年比14%減、社会・産業は10%増である。東芝は11%増である。

 総合電機メーカーといいながら、東芝の営業利益の実に8割以上をたたきだしているのは、電子デバイス事業。とくに、東北大学名誉教授の舛岡富士雄氏が在籍中に発明した、記憶媒体のフラッシュメモリーによる「1本足打法」といってよい。

 田中体制はそれに次ぐ成長戦略の柱に、電力・社会インフラ事業を位置付けた。今回の事件はその洗い直しを迫る。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK連続テレビ小説「まれ」

スイーツが作り出す青春の未来を描く

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本 寄稿

 希(まれ・土屋太鳳)は忙しい高校3年生である。石川県輪島市の海辺のかつては村であった、外浦地区の各所に備えられたスピーカーから早朝、その日の天候や海の状態などを告げる。

 走ってかけつける先は、母の津村藍子(常盤貴子)と弟の一徹(葉山奨之)と一緒に間借りしている、桶作元治(田中泯)、文(田中裕子)の家である。弟とともに文を手伝って、野菜を収穫する。その野菜を輪島の朝市で母と売る。

 そして学校である。放課後も市の一角にある喫茶コーナーでアルバイトをする。

  NHK連続テレビ小説「まれ」は、数々の事業に失敗した父の津村徹(大泉洋)が、自己破産をして、縁もゆかりもない外浦村に引っ越してくるシーンから、物語は始まる。

  映画やドラマに広げれば、土屋太鳳は、学園を舞台にした物語によってスタートなった、美少女たちの系譜に連なる。「狙われた学園」(1981年)の薬師丸ひろ子であり、「時をかける少女」(1983年)の原田知世である。「桐島、部活やめるってよ」(2012年)の橋本愛も。

 連続テレビ小説「あまちゃん」のコンビである橋本と、能年玲奈は、「告白」(2010年)にも登場している。

  土屋太鳳は、テレビ東京の学園ドラマ「鈴木先生」(2011年)と、同名の映画化作(2013年)では、長谷川博己が演じる鈴木先生が恋愛感情と妄想の対象となる少女を演じた。「まれ」の放送開始にあたって、再放送された「真夜中のパン屋さん」(2013年)では、深夜営業のパン屋に住み着く謎の高校生を演じた。

脇役ではあるが、黒沢清監督の「トウキョウソナタ」(2008年)の中学生役も忘れがたい。リストラされた父親が自殺をして残される少女である。

 これまでの役柄をみると、謎を秘めていたり、影を帯びていたりして、懸命に生きようとしながらもどこか息苦しさを感じさせる役どころが多かったように思う。

 希の明るさといったらどうか。輪島が望む美しい日本海の波が日の光を反射して輝くようである。美少女は娘役から大人の女性に脱皮しなければならない。20歳を迎えた土屋太鳳が取り組む希は、女優としての成長をかけているのだろう。

 第1週の「魔女姫バースデーケーキ」(3月30日~4月4日)によって、小学校時代の希と家族、そして外浦地区に移住して出会う人々がいきいきと描かれる。この週の最終日にいたって、高校生の希が登場し、小学校時代の同級生たちも成長した姿をみせる。

 希も同級生たちも、小学校時代の子役の表情を対比してみせるのであるが、まるでそれが実際に年齢を重ねたようにみえた。これもまた過去の映画「二十四の瞳」(1954年)を思わせる。学園ドラマというジャンルがそうであるように、映像の世紀といわれる20世紀の映画とドラマは、作り手によってその糸が紡ぎ継がれていくのである。

 希と父の徹は、誕生日が同じである。菓子作りが好きでパティシエになることを夢見ていた希は、バースデーケーキを作る。ところが、地区の祭りの準備の会合ですっかりよってしまった徹がよろけて、希がみせようとしていたケーキが畳に落ちて崩れてしまう。

 「わたしは夢が大嫌いです。人生は地道にこつこつと」

 小学校で課題の「夢」という作文にそう書いて、読み上げる希。公務員になるのが将来の人生と決めた。

 大きな夢を追っては失敗して、家族に迷惑をかける父をみてきたからである。

 ひとたびは反省して、地道に働くことを誓った徹であったが、再び上京して希が高校生になっても帰ってこない。

 どこにもないような破天荒な家族にみえて、妻の藍子は徹に対する愛を失ってはいないようである。

 第2週「告白シュークリーム」(4月6日~11日)に至って、徹が帰ってくる。ここでも、希が作ったクッキーやシュークリームが登場する。

 パティシエに向かって進もうとする希の未来を暗示している。番組宣伝では、すっかりその方向性を明らかにしている。ドラマの展開によほどの自信があるに違いない。

「まれ」の放映は、BSプレミアムでは、早朝の7時30分からである。その直前に、「あまちゃん」の再放送がある。

 海辺の地区に住む希といい、輪島編の後にパティシエの修行にでる首都圏編があることといい、「あまちゃん」の展開を彷彿(ほうふつ)とさせる。冒頭で紹介したアナウンスシーンからして、天野アキが住む袖が浜の情景を思い浮かばせる。

 ドラマで登場する菓子は、東京・自由が丘で店舗を構える辻口博啓による。世界的なパティシエの辻口はドラマの舞台となっている石川県出身である。その菓子の数々はドラマに彩(いろどり)をつけていくことだろう。

 映画やドラマのスタッフに、フードコーディネーターの文字が大きくエンドロールに出るのは最近のことではないだろうか。

 フィンランドを舞台にした映画「かもめ食堂」(2006年)で、鮭の定食やおにぎりなどをアレンジした飯島奈美。新宿が舞台の「深夜食堂」(2009年)の親しみやすい和食も手掛けている。

 希がどんなスイーツを作り上げるのか。それには、彼女の成長の物語が重なっていくのだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

ELNEOS 5月号  「ほまれもなく そしりもなく」 田部康喜 広報マンの攻防戦

 メディアの報道に対して、企業が抗議、その形は内容証明郵便によるのが一般的である、あるいは名誉棄損の訴訟を起こすべきか、広報パーソンが直面する大きな試練である。

 メディアの出身であり、広報の実務を担ったわたしは、ふたつの視点から眺めることができると思う。そして、忘れてはならないのは、憲法が保障している表現の自由と企業の関係をどうすべきか、という根源的な視点である。

 もとより、憲法は国家権力の暴走を止めるために、国民が国家と契約をするものである。しかし、企業つまり資本も暴走して消費者である国民の利益を損なる可能性もある。

 広報パーソンと法務部門は、企業のブレーキ役である、とする、大企業に成長させた起業家の言葉を、このシリーズで紹介したことがある。

 メディアの報道に対して、法務部門は名誉棄損の損害賠償訴訟を起こした場合に、勝訴するかどうかの視点に立って事案を検討する。

 広報パーソンの視点はそれよりは幅広く、企業の名誉が毀損(きそん)されたかどうかに加えて、メディアつまり社会と企業が今後どう対応していくのか、あるいはメディアが担う言論の自由と企業の利害が衝突しないかどうか、十分な検討が必要である。

 ここからは、メディアの立場と企業の立場、そして消費者の立場の三つの視点から、メディアと広報パーソンの名誉棄損に絡む攻防を考えていきたい。それぞれの視点を混濁させずに、できるだけ明快にしながら話を進めていこう。

 メディアの報道は、事実とその評価・解釈から構成される。新聞記者の駆け出し時代に、このふたつは厳格に区別して書くことをくどいほど指導されたものである。

 ふたつはひとつの新聞や雑誌の記事や、テレビの報道番組になる。あるいは、ふたつを分けた形で、評価・解釈については「解説」となる。後者は取材記者の解説の形となったり、識者のコメントとなったりする。

 さて、報道が企業の名誉を毀損した場合に、広報パーソンはいかに対応するのか。

 あきらかに事実に誤りがあれば、メディアに対する申し入れとその解決は比較的容易である。

 わたしも新聞記者時代に企業の役員異動の記事において、名前を誤って書いてしまって、企業からの指摘で訂正したことがある。また、どの分野にも専門家はいるもので、さきごろ沈没した海域で発見された、戦艦武蔵が艤装つまり船体に各種の設備を取り付けた造船所を、船体の造船所と同一と誤ったことあった。訂正したのは勿論である。

 広報パーソンとして、インターネット接続サービスの子会社が個人情報を漏えいした事件が、犯人の刑事裁判が終了するなど、ひとつの節目を終えた後、朝日新聞の夕刊がネット上にその個人情報のファイルがある、という報道をした。

 子会社のエンジニアが慎重にファイルを調べた。ファイルはウィルスが仕組まれていて、開くとパソコンが動かなくなる。新聞社はファイルを開かずに記事にしていた。抗議をしたところ、訂正となった。

 (この項続く)

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ELNEOS 4月号寄稿。

 トップを批判するタイトルがついた雑誌をさりげなく見せて、高額の勉強会に誘う出版社の担当者。ベテランの週刊誌記者の取材に応じると、数時間後にはネットにそのありさまがアップされる。

 さらには、ある筋から紹介された危機管理の専門家が阿吽(あうん)のうちに危機対応の顧問の就任を前提としながら、著名な雑誌に論評を書くことを告げる。

 広報パーソンとして経験したことどもは、明らかに法令に抵触しかねないぎりぎりの「攻撃」であると受け取ってもよい。あるいは、メディアの倫理上、許されざる行為といってもよいだろう。

 こうした「攻撃」に対する「防御」こそ、神経戦である。一瞬なにが起きたか分からず戸惑うばかりである。

 対処の原則はいうまでもない。法令違反ぎりぎりを攻めて、結果として金銭的な要求ととれる案件に対しては、拒否である。

 そのいいようについては勿論、細心の注意を払わなければならないが、「攻撃」の側が法令に関する認識を有していないと察した場合には、そのことを告げる。

 メディアと企業広報は、表と裏の関係である。どちらが表でどちらが裏ということではない。読者に真実を伝えるという意味で不即不離の関係にある。

 広報パーソンとなった私が、広報室の書架を一覧して安心したことがある。一般読者ではなく、企業の広報や総務担当者向けの高額な雑誌やニュースレターの類(たぐい)が一切なかったのである。

 そこには、メディアを通じて消費者に企業の真実を伝えようという強い意思が感じられた。新聞記者時代の私にトップを紹介してくれた、ベテラン企業広報の先駆性を物語る。トップと親しかった、オムロンの創業者が送り込んだ広報パーソンの堀功氏による。

 神経戦の元凶がどこにあったのか。ジャーナリストの伊藤博敏氏が執筆した「黒幕 巨大企業とマスコミがすがった『裏社会の案内人』」(小学館刊)を読んでわかったことが多い。

 情報誌「現代産業情報」の発行人だった故・石原俊介氏(二〇一三年四月没)の評伝である。企業の広報や総務部門ばかりではなく、反社会的勢力や捜査当局などにも幅広い人脈を持って、企業の不祥事に関する情報を伝えた。

 情報の交差点となった石原氏は、企業の顧問を務めながら、主宰している情報誌で厳しく指弾することがあったという。

 石原氏のビジネスモデルは、捜査当局が反社会的勢力や、それとからんだ企業の不祥事に厳しく法令を適用することによって衰退していったと、伊藤氏の著作から読み取れる。

 バブルにかけあがっていく日本経済と、その崩壊の過程で、石原氏は情報の分析の力を発揮した。

 それは、企業広報と総務部門と石原氏らの情報誌との「蜜月」時代でもあったのだろう。「黒幕」が消滅しても、その時代に生きた経験者が、私を神経戦に追い込んだのではなかったか。

「黒幕」が去れば、いずれ後続者たちの時代も終わるはずである。

このエントリーをはてなブックマークに追加