ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

ELNEOS 7月号  「ほまれもなく そしりもなく」 田部康喜 広報マンの攻防戦

 企業によって提訴された、名誉棄損訴訟のなかで、最高裁判所の確定判決が出た最近のふたつの事例についてみていきたい。

 訴えられたのはいずれも、文藝春秋社である。同社からみると、ふたつの判決は勝訴と敗訴に分かれた。

 日本経済新聞社と同社の喜多恒雄社長(現会長)らが、提訴した週刊文春の報道について、最高裁は次のように一、二審の判決通りに文春の敗訴が確定した。

 日経が問題としたのは、「日経新聞喜多恒雄社長と美人デスクのただならぬ関係」と題した記事などである。

 二審の東京高等裁判所が、文春の主張を退けて、喜多社長の部屋に女性デスクが宿泊していたなどとする記事は事実に反する誤報である、と認定していた。最高裁第二小法廷は、これに対する文春の上告を退ける決定をした。

 文春に日経本紙と週刊文春に謝罪広告を出すとともに、一二一〇万円の損賠賠償金を命じた。週刊文春の完敗ともいえる判決である。

『ニッポンの裁判』(講談社現代新書)の筆者である瀬木比呂志氏のこのケースに対する見方は最高裁とは異にする。

 瀬木氏は裁判官出身の明治大学法学大学院専任教授である。

 損害賠償訴訟を受けたメディアは、まず報道した事実が真実であることを証明しなければならない。それでなくとも、真実であることを信じるに足る相当性があればよい。

 瀬木氏は近年のメディアに対する名誉棄損訴訟が、裁判所による「真実相当性」の判断が厳しく、メディアが敗訴する事態が多発していると問題視している。

 その典型的な例として、日経が文春を提訴したケースを上げるのである。瀬木氏の分析は、一審と二審を対象としている。

「判決は、原告(日経)らの、『デスクは、同じマンションに住む別の知人を訪ねていたに過ぎない』との主張を、その知人を何ら特定しないままに、また、週刊紙側が申請したデスクや社長の本人尋問すら採用しないままに、デスクや社長の陳述調書等によって認め、『マンションの戸数は一五五だから、デスクの訪問先が社長宅であったことについては、『一五五分の一でしかない』という表現を用いて、『被告(文春)の主張はあまりにも薄弱』と決め付けているのだ」

 さらに、瀬木氏は一、二審が命じている日経本紙への謝罪広告についても疑義を表明している。

「謝罪広告につき、週刊誌以外に、原告である新聞についても掲載を命じているが、これもきわめて珍しい。謝罪広告は、記事が掲載されたメディアについて認めれば十分であり、ことに、原告のような大新聞については、みずから勝訴判決の記事を掲載するなどして名誉回復を図ることが可能だからである」

 ここまでのわたしの記述は、しいていえば言論の自由を担う、メディアの側からの見方である。

 次回は、企業の側から考えるケース・スタディとして、ユニクロを展開するファーストリテイリングが提訴した名誉棄損訴訟で、文春が勝訴した確定判決を取り上げたい。

(この項続く)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK「美女と男子」 イケメン・町田啓太と描く芸能界裏事情

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本 寄稿

コメディアンヌ・仲間由紀恵がもどってきた。NHK「美女と男子」は仲間が演じる芸能マネジャーの沢渡一子と、向坂遼役の町田啓太が、芸能界に挑む物語である。

 連続テレビ小説「花子とアン」で仲間が演じた、恋多き女の葉山蓮子役は酒に溺れて、男性遍歴を繰り返す汚れ役でもあった。

 「美女と男子は」は4月14日からスタートして、毎週火曜(午後10時)放映の20回が予定されている。ゴールデンタイムの最近の連続ドラマとしては、長丁場である。

 阿部寛とのコンビによるドラマ・映画の「TRICK」で、下手な奇術師を演じてコメディアンヌとしての才能を見せた仲間は、いうまでもなく大河ドラマ「功名が辻」の山内一豊の妻役など、演技派の女優でもある。

 「美女と男子」は、そんな仲間が新しい魅力のある演技に挑戦している。

  大手IT企業・班目(まだらめ)コーポレーションで働く沢渡一子(仲間)は、仕事はできるが周囲と人間関係をうまくとれない。いわゆる「上から目線」のサラリーパーソンである。一子の才能を惜しむ、上司の塩田充(浅野和之)は社長の班目晴彦(草刈正雄)が出資している、下町の小さな芸能プロダクションに出向させて、人間として成長させようとするのだった。

  東京スカイツリーを近くに臨む、「ひのでプロモーション」が、一子の新しい職場である。社長の並木昌男(森本レオ)と事務・経理の緒方由実(黒坂真美)のふたりだけの事務所。一子はチーフ・マネジャーとなる。

 所属しているのは、かつて「ハローマイラブ」というロックをヒットさせた歌手の、たどころ晋也(高橋ジョージ)が世間に多少は知られているだけで、あとは手の撮影が専門のパーツモデル、声優、自称グラビアアイドル、といったメンバーである。

  工事現場の交通整理をしていた、向坂遼(町田啓太)を路上でスカウトした一子は、「ふたりでレッドカーペットを歩きましょう」と告げる。

  ドラマは、一子と遼が芸能界に挑戦する姿を、一子役の仲間のコメディアンヌぶりを交えて、真面目にかつコミカルに進展していく。笑いあり、涙あり――田渕久美子の脚本は喜劇の筋道の真ん中を歩んでいる。

  一子の売り込みのかいもあって、遼は長時間のサスペンスドラマの端役に起用される。第3回「そのセリフに、愛を。」(4月28日)である。

 遼の役は、中華料理屋の出前。主役で犯人役の中里麗子(真野響子)は、過食症でたくさんの料理を頼んでいる。テーブルに料理を並べながら、遼のセリフは「あんた、おかしよ」の一言だった。

 巨匠といわれる監督がなんどもダメを押す。「愛がない」というのである。

 遼も一子もその意味がなかなかわからない。

  犯人が自首するきっかけが、そのセリフであり、自分の愚かさにきづくきっかけとなる。ほかの時代劇ドラマのスタジオから、一子が持ち出してきた「愛」の旗指物がおかしい。大河ドラマ「天地人」で、主人公の直江兼続が掲げた「愛」のパロディーである。

 そもそもドラマの題名が「カショクの女」とあって、まさか過食とは、と一子は驚くのだった。

  第4回「涙のハローマイラブ(5月5日)」は、遼が同じ事務所の、たどころのデビューと一曲だけのヒット曲にまつわる再現ドラマを演じる。たどころの人生について、インタビューとこのドラマが交互に構成されている。たどころは、ヒットしたあと生活が乱れて妻子に家をでていかれる。一子は話題作りに妻子にも番組に登場することを頼みにいくが、断られる。

  遼の演技はプロデューサーから高く評価される。ただ、「ハローマイラブ」を歌う段になって、遼が音痴であることがわかる。微苦笑である。

  そして、たどころの娘が、花束をもって事務所を訪れる。美しく成長した娘を涙で迎える、たどころ。花束は当然、自分のところに持ってきたものと思った。しかし、それは遼に差し出された。「ファンになりました」と。涙と笑い、である。

  ドラマの進展に、芸能界の裏事情がスパイスとして効いている。タバコを吸えない一子が、テレビ局のタバコ部屋におしかけて、プロデューサーに遼を売り込む。ドラマの配役が実は、若いサブディレクターの目利きによる。

 遼がドラマの主役に内定しそうになって、番組のディレクターを中心にして、事務所が接待するシーンも芸能界のパロディーである。一子に抱き付いたディレクターが、女優にならないかとくどく。

  第6回「絶対とるわ!初主役」(5月19日)のひとこまである。この回のラストシーンに至って、一子は人生最大の窮地に追い込まれる。

  遼と居酒屋で飲んで、帰宅しようとして、物陰で夫の沢渡敬吾(瀬川亮)と妹の日邑梨花(徳永えり)がくちづけをしているのを目撃したのだった。

 その光景に先にきづいた遼が必死に隠そうとしている姿がおかしい。腰に抱き付いて、帰る方向を変えようとするのだった。

  さて、一子と遼は、芸能界をうまく潜り抜けられるだろうか。回を追うごとに、脱皮していくような新しい仲間がみられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

ELNEOS 6 月号  「ほまれもなく そしりもなく」 田部康喜 広報マンの攻防戦

 メディアの側に立って、名毀損訴訟を眺めるとき、権力が築く壁が徐々に高くなっている。すなわち、敗訴のリスクが高まると同時に損害賠償額も増えているのである。

 裁判官出身の明治大学法科大学院専任教授である、瀬木比呂志氏の近著『ニッポンの裁判』(講談社現代新書)は、裁判所によるメディアに対する判断が、いかに厳しいものになっているかを明らかにしている。

 広報パーソンにとって、名誉棄損訴訟の現状について学ぶ必見の書である。

 企業がメディアに対して、名誉棄損訴訟を提起しやすくなった、と読み取ってはならないことは、回を改めたい。

 瀬木氏の著作によれば、名誉棄損訴訟の状況が一変したのは、二〇〇一年である。この点について理解を深めるうえで、二〇〇四年春に休刊した月刊誌『噂の真相』の一連の報道を振り返りたい。

 同誌は政官財のスキャンダルに果敢に切り込む編集方針を貫いた。その過程では裏付けが十分ではなかった記事もあった。名誉棄損訴訟を常に抱えていた。それでもなお、誌面の性格を変えることはなかった。

 朝日新聞が一面トップで、『噂の真相』の記事を引用する形で、当時の東京高検の検事総長の女性問題を取り上げたのは、一九九九年四月のことである。スキャンダル雑誌の名称が、朝日の一面に掲載された衝撃はいまも忘れない。

 さらに同誌は、当時の森喜朗首相が青年時代に売春等取締条例違反などで検挙された疑惑を掲載した。

 瀬木氏はとくに森首相がメディアの袋たたきにあったのと、公明党が創価学会批判にいらだったことから、自民、公明の両党が衆参法務委員会において、裁判所を突き上げた事実を指摘する。

 このことがきっかけとなって、最高裁判所の事務総局が中心となった、名誉棄損訴訟の研究会によって、賠償額は五百万円が相当であり、かつそれを算出する点数制度もつくった。

 賠償額はそれまでよりも一桁大きく、その後も金額が増えていく。

 一点十万円とする「慰謝料算定基準」の社会的地位の項目では、「タレント等一〇点、国会議員・弁護士等八点、その他五点」となっている。

 瀬木氏は次のように述べる。

「これは、きわめておかしな考え方である。まずタレントの点数が高いことについて合理的な説明が付けにくく、タレントのスキャンダル報道が多かった週刊紙にダメージを与える意図が疑われる。また、公人中の公人である国会議員についてはある程度の批判は甘受すべきだというのが法律家の、また社会の、共通認識、コモンセンスであろう」

 米国が言論の自由を守る姿勢から、メディアを訴えた原告に立証責任が課される。これに対して、日本ではメディアの側に立証責任がある。

 記事の真実性が証明されればよい。たとえ真実でなくとも、そう信じるに足る相当な理由があれば訴訟を退けられる。これを「真実相当性」という。これに対する裁判所の判断は、メディアにとって厳しいものになっている。瀬木氏がいう、裁判所の権威主義、事大主義的傾向である。

(この項続く)

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 フジサンケイビジネスアイ 高論卓説 寄稿。

東京は2020年五輪を目指して駆けるように、街並みが大きく変貌しようとしている。銀座のソニービルの地下のバーで友人がシャンソンを歌っているというので、仲間と待ち合わせて乗り込もうじゃないか、ということになった。さて、旧東芝ビルも建て替え工事中だし、日産ショールームも同様で、場所の位置関係に戸惑って待ち合わせ時刻に遅れてしまった。目印となるビルがこれだけ建て替えの工事中なのは最近のことである。

来年11月の完成を目指している「銀座6丁目10地区」再開発は、旧松坂屋銀座店を核としてふたつの街区を統合する大規模なものである。

 松坂屋と再開発の企画を担った森ビルが2003年に策定した当初案は、約190mの超高層タワーで低層階に店舗、中層階にオフィス、高層階は住宅、さらにその上にホテルを作る、というものだった。2014年4月の着工計画では、大幅に変更されて、銀座の街並みとそろった地上13階建てとなった。文化施設として能楽堂も入る。

 この大規模再開発がきっかけとなって生まれたのが、銀座街づくり会議である。超高層ビルの構想はあらためて、銀座とはどのような街なのかという問題を突きつけた。そして人々をひきつけ続けるためにはどのような街づくりを進めなければならないのか。

銀座の祭りなどを歴史的に担ってきた、銀座通連合会が1998年に制定した「銀座ルール」は、建物の高さをそれまでの31m(100尺)から56mとした。この高さはたまたま当時、建て替えの予定だった資生堂パーラービルの計画で、それが銀座にふさわしいと考えられたからだ。

 明治初年の大火災や関東大震災、東京大空襲など、銀座は灰塵から立ち上がるたびに店舗の半数近くが入れ替わってきた。ルールなどなくとも、「銀座のフィルター」にかかってそぐわない店舗などは自然と淘汰されると街の人々は考えてきた。

 街づくり会議は、銀座の経営者や建築家らの専門家、中央区などの行政とともに、多くの参加者の意見を集約する会合やセミナーを開催しながら、ルールづくりに取り組んできた。その過程で2006年に「銀座デザイン協議会」が生まれた。銀座に新たに進出する店舗などから事前に概要を申請してもらって、専門家の意見などを聴いたうえで改善を求める仕組みだ。

 こうした活動に正式な組織ができる以前から、20年以上かかわってきた銀座街づくり会議事務局長の竹沢えり子さんは「銀座だからできるといわれますが、そうではないと思います。街の人々の意見をこつこつと集めて歩けば、あるべき街の姿はみえてきます」と語る。

 超高層の荒波を防いでも、銀座に次の波に洗われる。ビルの壁面を覆うデジタルサイネージである。デザイン協議会は既存のものはできるだけ撤去し、新設については慎重に協議したい、という指針を最近出したばかりである。撤去に内諾している企業も現れていると

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

脚本監修の野島伸司が描く結末に期待

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本 寄稿

TBS金曜ドラマ「アルジャーノンに花束を」は、ダニエル・キースの世界的なベストセラーが原作である。欧米で幾度も映画化され、日本では2002年にドラマ化されている。

原作の翻訳や映画、ドラマによってあら筋を知っている、観客に今回はどのような結末に誘ってくれるのだろうか。

  脚本監修の野島伸司は「高校教師」(1993年)や「家なき子」(1994年)などで、現代社会を描く問題作を、ドラマの世界で問うてきた。「アルジャーノン」の第1回(4月10日)と第2回(4月17日)は、現代日本の病巣がえぐり出されて、予想外の結末を予感させる。

 アルジャーノンは白いハツカネズミである。脳生理科学研究センターが研究の成果をして、知的な行動が格段に進化した。実験室の迷路を巧みに走って、完走までのタイムを向上させていく。この成功を人間の治療に適用しようというのが、実験室の目標になっている。

  研究センターの部長である、蜂須賀大吾(石丸幹二)は医薬品メーカーの援助を受けて研究を続けている。アルジャーノンの成功を早期に人間に適用することを求められている。蜂須賀は音楽を志していた息子を、鉄道のプラットフォームから転落する事件で亡くしている。息子が持っていたバイオリンのケースが人に触れたことから、いざこざになったのである。

  アルジャーノンの知的な進化を人間にも適用できるなら、知恵によって問題を解決できる穏やかな社会が生まれる、と蜂須賀は理想を描いている。

 製薬会社が資金の提供をたてにして、早急な製品化を迫るなかで、理想と圧力のなかで蜂須賀は進むべき道を誤っていく。

  研究員の望月遥香(栗山千明)もまた、蜂須賀を秘かに愛しながら、研究チームのなかで気に入らない小久保一茂(菊池風麿)を排除するために、アルジャーノンをわざと外部に逃がして、飼育係の小久保に責任をとらせようとする。

  理化学研究所のSTAP細胞をめぐる事件や、内視鏡による手術の失敗によって多数の死者が出たと推定されている国立大学病院、海外から先端医療の利用者を拡大する医療センターでの肝臓移植の異例の失敗の数々……

 アルジャーノンが照らし出す現代日本の病理はあまりにも重い。それは、家族の問題であり、いったんドロップアウトした若者たちを社会がいかにして、受け入れ行くかの問題でもある。

 街に逃げ出したアルジャーノンがなついたのは、知恵遅れの青年である白鳥咲人(山下智久)である。咲人は人を疑うことを知らない。心が美しい青年として描かれている。

  母親の窓花(草刈民代)によって、幼少期から無視されるように育てられて、そのこころの傷は深い。母に愛してもらいたいがために「おりこうになりたい」と願っている。

  咲人は花のデリバリーサービスの会社で働いている。15歳のときに家庭から捨てられるようにして、この会社に入ったことが暗示されている。

 同僚の若者たちは、少年院や刑務所を出所した、それぞれが家庭などに問題を抱えている。

 柳川隆一(窪田正孝)は、離婚して浪費癖からローン地獄に落ちている、母親の暮らしを支えようとして、仲間を相手にいかさま賭博をしたり、株の投資を試みたりしたが、うまくいかずない。そのうえ、仲間の資金を預かって、株で損をしたことがばれて、袋叩きにあって重傷を負う。

  野島伸司が監修した脚本は、さまざまな現代日本の問題をからめながら、けっして散漫にならず、またドラマの進展がぎくしゃくしない。過酷な運命を担っている人物と、彼らが直面する問題を丁寧に積み上げていく。

  咲人はこれから、蜂須賀らの研究チームによって、知恵遅れが解決して優れた知能を持つように治療が加えられていく。それは第3回(4月24日)以降のことになる。

  ドラマの導入部で、こどもの手から離れて空に飛び去った黄色い風船が、公衆浴場の煙突に引っかかったシーンがある。煙突のはしごを登って、それを取ろうとする咲人は、誤って手を放し、風船に支えられて街の空を飛んでいく。幻想的なこのシーンは、咲人の未来を暗示しているのだろう。彼はどこに行こうとして、どこにたどり着くのだろう。

  咲人が実験台になることを、遥香(栗山千明)に勧められて、花のデリバリーサービスの社長(萩原聖人)は「いまのままの咲人でいい」という。

  友人の企みがきっかけとなって、咲人と知り合った女子大生の河口梨央(谷村美月)も、咲人が知恵遅れとわかっても交際を続けるという。咲人と会社の寮で同室の檜山康介(工藤阿須加)も暖かいまなざしで彼に接している。

 「おりこうになる」とはいったい何なのか。それは現代社会に適合して生きるとは何なのかを問うものである。そして、生きる幸せとはなんなのか。

 人は自らを変えなければ、いまの社会に適応できないのか。それは、若者たちが直面している心の切迫感である。

 その解決策が容易に見いだせるものではないだろう。しかし、このドラマの結末に観客が感じるカタルシスがおそらくその助けになるのではないか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加