ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

駒沢競技場活用の自民案は生きる

 フジサンケイビジネスアイ 高論卓説 寄稿。

「日本人は時間を守るとか団体行動に向いているというのは嘘だ。どちらも東京オリンピック以降に確立したものだ。みんなそのことを忘れている」

 1964年東京五輪を支えた群像を描いた、「TOKYOオリンピック物語」(野地秩嘉著)のなかで、五輪史上初のエンブレムと、躍動感あふれるポスターをデザインしたグラフィックデザイナーの亀倉雄策は、インタビューにそう答えている。

 新国立競技場の建設をめぐる世論をまきこんだ論争は、日本人の時間の厳守と規律のある団体行動が、64年五輪以前に戻ったかのような印象がある。

 政府は28日に新国立について関係閣僚会議を開いて、建設費の上限を1550億円とする新計画を決めた。旧計画の2520億円を1000億円近く削減した。

 完成予定は2020年東京五輪が開催される7月の直前の春になる。国際オリンピック委員会(IOC)が開催年の1月に前倒しを要望しているのを受けて、「工事短縮の目標とした技術提案を求める」という条件もつけた。新国立の完成までには、大きな時の壁が立ちはだかる。

 64年東京大会のメイン会場となった旧国立霞ヶ丘陸上競技場は、五輪の開催を目指して1958年に完成し、アジア大会の会場となって、日本の国際大会の運営能力を世界に示した。五輪の開催都市に決まったのは、翌年59年のIOC総会である。

 東京都世田谷区と目黒区をまたぐようにして、駒沢オリンピック公園はある。64年大会の第二会場となった。晩夏の日差しをさえぎるうっそうと茂る樹木の間を抜ける、ジョギングコースを市民ランナーが駆け抜ける。

 公園を扇に見立てれば、要の位置に体育館がある。正面を入ると壁に「東洋の魔女」のレリーフが、それをみながら左手に回ると64年大会で金メダルラッシュを演じた日本のレスリングチームのメンバーの名前が刻まれている。

 「東洋の魔女」と呼ばれた女子バレーチームが金メダルを獲得した、対ソ連戦の試合は、テレビの視聴率で歴代2位の66.8%。市川崑監督による記録映画「東京オリンピック」には、皇太子妃殿下時代の美智子皇后陛下が、観戦なさっている映像がある。

 駒沢競技場は、第二次世界大戦によって中止となった1940年東京大会のメイン会場となる予定だった。64年大会では、サッカーやホッケーの予選会場にもなった。体育館や陸上競技場など、主要な会場は健在である。

 自民党の行政改革推進本部と内閣・文科両部会がまとめて、政調審議会と総務会の了承を得た見直しプランは、この駒沢競技場に再び光を当てた。新国立を開会式と閉会式、球技場と位置付けて、駒沢競技場の陸上競技場を整備して会場とすべきだとする案である。

 新国立の事業費をめぐって、政府と対立した舛添要一都知事は、東京湾岸にバレー会場となる有明アリーナなどの施設を予定通りに完成させるべく、都の態勢を整えている。そこにも時の壁がありはしないか。五輪関係者は駒沢の森で深呼吸をしてはいかがだろう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ELNEOS 10月号  「ほまれもなく そしりもなく」 田部康喜 広報マンの攻防戦

 新聞や雑誌などの活字メディアがインターネットの急速な普及によって、部数を減らし、そのビジネスモデルがいま揺らいでいる。

 いささか評論家に過ぎるようではあるが、ネットメディアが勃興期を迎えて、そうしたなかで次世代のジャーナリストが生まれているのではないか、と考える。

 ジャーナリズムの担い手は、新聞や雑誌、テレビなどの既存のメディアに限定することなどないのではないか。新聞にしろ、雑誌にしろ、一九世紀に生まれたベンチャー企業であった。

 朝日新聞の実質的な創業者である村山龍平は、大阪の輸入商であった。知人の子息が始めた新聞事業の立て直しを引き受けた。毎日の中興の祖である本山彦一もまた、師範学校の校長を務めるなど、教育畑の出身である。

 話が大分脇道にそれた。次世代のメディアの担い手として、企業の広報部門で鍛えられた人材が十分に戦力になる、と考えている。

 あらゆる文章のなかで、ニュースリリースは最も習得が難しい。新聞や雑誌、テレビの報道は要所を報じて、重要ではあるが字数や時間に収まらない事象について、「など」の言葉を使って端折ってしまう。

 「など」が許されないのがニュースリリースである。A4の一枚あるいは二枚のなかに事案の内容をすべて織り込んで、しかも世論の窓である、メディアに分かりやすく伝えなければならない。

 そもそも、そのためには企業内の担当部署から十分な「取材」が必要である。

 広報パーソンの実力を報道機関のなかで、実感させようと、わたしは考えた。

 広域の地方をカバーするブロック紙の雄である、西日本新聞社(本社・福岡市)と、日本テレビの報道局に時期を置いて、それぞれ一人ずつ部下を送り込んだ。期間はいずれも二年近くでああった。両社の経営層の理解の賜物であることはいうまでもない。

 メディアに日頃から敬意を抱いている部下たちは、まず自分たちが報道機関の一員としてやっていけるかどうか、自信がなかった。

 おそらく、日本の企業とメディアの関係のなかで初めての「交換留学」試みであったから、その危惧は当然である。

 新聞社に赴任する若手には、次のように言った。

 「新聞記者の経験からいうと、君はおそらく二週間もすれば、記事を書けるようになるだろう」

 テレビ局に行く部下にはこうだ。

 「テレビはテキスト情報と映像を組み合わせてニュースが作られる。広報パーソンにそうした経験はない。これは直観に過ぎないが、一生懸命に三か月間学ぶ姿勢があれば、ニュース報道ができるようになるのではないか」

 ふたりの「留学」の結果は、わたしの予想通りになった。

 米国の大学ではかつての「ジャーナリズム学部」が「コミュニケーション学部」に衣替えしている。そこでは、ジャーナリストのみならず、広報パーソンが養成されている。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

シリーズ化に期待

今夏のドラマは実りが多かった

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本 寄稿    http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 今夏のドラマは実りが多かった。日本テレビの「デスノート」は、主人公の夜神月(やがみらいと・窪田正孝)が、ニア(優希美青)が仕掛ける罠にはまって、燃え上がるガソリンの炎に包まれて終わった(9月13日・最終話)。死神のリュークとレムは、月光の空に飛び立っていった。

 デスノートは、炎をともに燃え尽きたようにみえたが、どうだろうか。高い視聴率を背景として、シリーズ2がいずれ放映されることだろう。

  テレ朝の「刑事7人」(9月9日・最終話)は、主人公の天樹悠(東山紀之)の過去の人生がすべて明らかになったわけではない。捜査チームのひとりである法医学者の堂本俊太郎(北大路欣也)は、米国の大学に招かれて離日した。期間は1年である。

 秋からは「相棒」のシリーズ14が始まる。「刑事7人」シリーズと改編ごとに入れ替わる編成はどうだろうか。

  フジテレビ「探偵の探偵」もまたシリーズ化に期待したいドラマである。9月17日に最終話を迎える。

 原作は松岡圭祐の小説である。講談社文庫の第1巻から3巻までが今回のシリーズである。すでに第4巻が刊行されていて、物語はさらに深く広く展開されている。

  「探偵の探偵」は、悪徳探偵をあばきだす探偵である。主役の紗崎玲奈(ささきれな)を北川景子が演じている。玲奈は妹の高校生だった咲良(さくら、芳根京子)を、ストーカーによって殺された。妹を守ろうと家族は咲良を遠縁の親戚に預けたのだったが、謎の探偵によって居所がそのストーカーに知らされたのである。

 ちなみに、咲良役の芳根京子は、TBSの「表参道高校合唱部」の主役である。

  「探偵の探偵」である玲奈(北川景子)は高校を卒業してすぐに、須磨康臣(井浦新)が経営する探偵事務所のスマ・リサーチ社が併営している、探偵の養成コースに入る。

  須磨は玲奈の目立ちすぎる美貌を目にして、影のように動く探偵には向いていないという。玲奈はいう。「探偵になりないのではない。探偵のすべてを知りたい」

  玲奈は、咲良を死に追いやった探偵を追いつめたいのである。彼女はその探偵を「死神」と呼ぶ。

  悪徳な探偵を排除して、業界を浄化したい須磨と玲奈の思惑が一致して、玲奈は探偵の養成コースを修了すると、スマ・リサーチに入社して新設の「対探偵課」のたったひとりの課員となる。

  原作の玲奈の容貌とスタイルは、主人公役の北川景子の姿と寸分も異なっていないといえるだろう。あたかも北川のために書かれた小説のようである。

  玲奈は「死神」がカゲにいると思われる事件に次々と巻き込まれていく。悪徳探偵やハングレと戦う北川景子のアクションが素晴らしい。北川の過去の作品にはなかった、新しい彼女の魅力である。

 戦いながら、顔や腹、腕や足を痛めつけられ、血を流す北川の演技は壮絶である。表情をいっさい変えない。内心の苦悶を決して顔にださない。クール・ビューティーの北川の転機となる作品である。

  最終回に向かって展開する事件は、郊外のDVシェルターから12人の女性が連れ去られた出来事である。

  ハングレ集団が、女性たちの夫や恋人から1人当たり300万円の支払いを受けて、彼女たちを彼らに引き渡そうとしていた。

  いくつかの事件を通じて、信頼し合う仲になった警視庁の警部補の窪塚悠馬(三浦貴大)と、連れ去られた女性たちを追う。

  ドラマのなかで、探偵として玲奈が駆使する手法は、防犯カメラから逃れるために雲母を混入したスプレーを自分の顔にかけて反射を利用して、特定化されるのを避けたり、郵便受けの手紙類を抜き取って、公共料金の支払先に偽の電話をかけて人物を特定したり、探偵の違法ともいえる手法が出てくる。

 小説ではさらに過激な手法がいくつも出てくるが、ドラマでは公序良俗の関係からギリギリの線であるが、ドラマの緊張感を十分に高めている。

  玲奈と警部補の窪塚は、女性たちの救出に成功するが、窪塚はハングレのひとりにナイフで刺されて死ぬ。

 玲奈がハングレに追われて、窪塚の家にかくまわれた時に、小学1年の窪塚の娘と授業参観に行くことを約束する。窪塚が死んだあと、玲奈はその娘の教室に現れる。

  妹を死に追いやった「死神」を探すために、感情を押し殺している玲奈の心のなかに、暖かい血が流れている瞬間を、ドラマが描く時、北川の演技はさらに深まっていく。

  第10話(9月10日)に至って、ついに「死神」はその姿を玲奈の前に現わした。DVシェルターから救い出した市村凛(門脇麦)が、再び夫に追われているのをかくまったのだったが、それは凛の罠だった。門脇麦は、連続テレビ小説「まれ」で希(土屋太鳳)の友人役を演じる。映画では多彩な演技を見せる注目株であり、凛役の狂気を秘めた演技もまた驚かせる。

  凛こそ、探偵としてDV被害者の身元を洗い出した張本人であった。そして、玲奈の妹の咲良を死に追いやった探偵なのだった。

  最終回で玲奈は、本望を遂げることができるだろうか。そして、彼女の人生はどうなるのだろうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

山河で43年間生き抜いたノンフィクションドラマ

リリー・フランキーの快演が胸にしみる

  WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本 寄稿

 「このドラマはほぼ事実である」という字幕で始まるドラマは、結末まで幾度も驚かされ、泣かされる。

  BSプレミアム「洞窟おじさん」(7月20日)である。この2時間ドラマは、さらに10月1日から毎週4回にわたって「完全版」が放送される。

 1話完結のドラマがその後に展開されるという、珍しい編成である。「完成版」に向けて1話完結版は、いくつもの謎と余韻を残している。

  父母の虐待から逃れるために、中学1生だった加村一馬は、昭和30年代初めに家出をして、山に分け行って愛犬のシロとともに洞窟暮らしを始める。

 ウサギや鳥を獲り、イノシシをワナにかける工夫もできるようになる。高熱を出して、生死の境をさまようが、シロの介添えによって救われる。しかし、その愛犬も死んでしまう。

  青年になった一馬は、ハイキングにきた農家の夫婦に拾われて、その家で農作業をしながら暮らすようになる。夫婦の一人息子は戦死している。一馬のからだが、その息子の残した衣服にぴったりなことに喜ぶ。

  夫の砂川義夫役の井上順が、風呂場で一馬の青年時代役の中村蒼の背中を流しながら語りかける。外で風呂を沸かしている妻の雅代役の木内みどりが、その会話を聴いている。

  義夫はいう。

「わたしたちは息子をお国のために亡くした。妻も寂しがっている。もしよかったらうちにいてもらえないか、考えてくれ」

  一馬は悩んだ末に、夫婦を別れることになる。座ってお詫びの頭を下げる前に、一馬はふたりに語りかけるように思い出を語るのだった。

 「俺は人が怖い。また打たれたくない。母親も最初は優しかった。しかし、人が変わったようになった」と。

  夫婦は涙を浮かべるのだった。

  一馬はそれから、再び山に戻って、珍しい蘭の苗を売ったりして暮らすようになる。

  ドラマは、一馬(リリー・フランキー)の回想を引き出すように、飲料の自動販売機からおカネを盗もうとして、警察に捕まるシーンから始まる。

 このときに、一馬は50歳を過ぎていた。刑事・桃園幸作役の生瀬勝久と、宅間剛役の浅利陽介が掛け合いで、一馬の人生を明らかにしていく。

  ドラマはときとして、制作者の意図を超えて時代を打つものである。演出の吉田照幸は、一馬のサバイバルをかけた人生生活に驚愕したことを、制作のきっかけとして上げている。

  昭和から平成にかけて、高度経済成長を抜けて低成長に至り、バブルの崩壊があって、金融資本主義の、とめどもない奔流が幾度も、世界経済を揺さぶっている。

 一馬の人生は、そんな経済事情の変転とはなんの関係もないようにみえる。

  しかし、どうだろうか。いま欧州や先進国で問題になっている、格差の拡大と、人間が地縁や血縁から隔絶して孤立する「アトム」化時代を迎えて、一馬のたどってきた人生は、わたしたちに考えさせるものがたくさんあるように思う。

  一馬は人間社会と関係を完全に絶ったわけではない。農家の夫婦によって、いったんは洞窟暮らしから救われた。

  元社長だったホームレスを、一馬は助けて一緒に住まわせる。彼から文字を習うのである。密漁の監視の最中に土手で、痴漢に襲われた白石真佐子(坂井真紀)を助ける。そして、真佐子に、あまりにも遅いが初恋の感情を抱くのである。

  ストリップ劇場にいって、従業員とけんかになるが、根性が気に入られて働くようになって、東京から和歌山まで流れていったこともある。

 「洞窟おじさん」である一馬は、「アトム」化した人間の典型のようであって、そうではない。

  さまざま人に助けられる。そして、周囲の人々を変えていく力も持っている。一馬の子どものような純粋さに触れて、同居していた元社長は、再び人生を歩みだそうという気持ちがわいていくるのだった。家族のもとに戻る。

 初恋の相手となった、謎の女性・真佐子もまた、一馬と付き合ううちに元気になっていく。

  回想シーンのそれぞれが、印象深く心にしみる。

  珍しい蘭を取ってくることを教えてくれた男性が、実は相場の価格を大きく下回る価格で一馬から買っていたことがわかり、その男性を友人と思い込んでいた彼は大きく傷つく。

  自殺を思い立って、通りすがりのトラックを止めて、適当な場所まで運んでくれることを運転手に頼む。運転手は、富士山麓の樹海まで連れていく。そして、30分待つから、思い直したら戻ってくるように諭す。

 「人生は面白いことがある。死んだら面白いことなんてないよ」と。

  樹海の白骨死体に驚いて、一馬は死を断念する。

  窃盗容疑の裁判で執行猶予判決を受けた一馬は、刑事の桃園の勧めで、障害者施設で作業の仕事を始める。女性職員の軽部久美(尾野真千子)が担当になる。

  施設の規律に耐えかねて、山に戻ろうとする一馬と、追いついた軽部とのくんず、ほぐれつのやり取りはみせる。

 「逃げちゃだめだ。生きることは素晴らしことだ」と軽部はいう。

  10月1日からの「完成版」では、一馬の初恋の相手である真佐子や、作業所の仲間の人生の謎が解き明かされる。楽しみな展開である。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユニクロを展開するファーストレテイリングなど二社が、週刊文春の記事に対して名誉棄損の訴訟において、最高裁が賠償請求を棄却して、ユニクロの敗訴が確定したのは昨年末のことである。

 メディアが企業の提訴に対して、敗訴が目立つなかで、文藝春秋社は一審の東京地裁、二審の東京高裁の決定に続いて、勝訴となった。

 ユニクロが問題としたのは、週刊文春の記事とその後に単行本となった「ユニクロ帝国の光と影」で、国内の店長と中国の工場の従業員が、過酷な労働をさせられている、という内容だった。

 一審の東京地裁は「国内の店長の証言の信用性は高く、中国工場についても現地取材から真実と判断した理由がある」と決定した。二審、最高裁ともに一審の判断を踏襲した。(毎日新聞・二〇一四年一二月一一日付)

 ユニクロの訴訟において特筆すべきは、損害賠償額が二億二〇〇〇万円と高額であるのと、書籍の発行の差し止めと回収を謝罪広告ともに求めた点である。

 確定判決によって、そうした訴えは退けられた。しかしながら、メディアの側には大きなしこりが残ったように思う。

 政府や大企業など、メディアに対して相対的に優位な存在が、高額な損害賠償訴訟によって言論の自由を脅かされるのではないか、という危惧である。こうした訴訟を欧米では、SLAPP(Strategic Lawsuit Against Public Participation・スラップ)と呼ぶ。法律や判例よって、制限される傾向にある。

 ユニクロにそうした意図はうかがえず、文藝春秋社もこの視点から争ったわけではない。

 メディアの側からみると、最近の名誉棄損の訴訟における賠償金額の大きさと、企業による訴訟の増加はスラップ訴訟という観点に立って考えざるを得ない状況である。

 企業はなぜメディアを名誉棄損で提訴するのか。メディアという社会の鏡に映る自分自身の姿が、間違っていると、トップをはじめとする経営層が考えるからである。

 これを受けて、法務部門は勝訴すべく真実性と、真実相当性を争う。

 このシリーズでは、企業の訴訟と抗議について、言論の自由という幅広い観点から考えてきた。いま、スラップ訴訟という視点も重要ではないかと思う。

 つまり、企業は社会の一員として、社会の在りようを決める重要な存在である、ということだ。その行動には高い責任が求められる。

 メディアを通じて、企業と社会の交差点に位置する、広報部門の責任はますます重要である。

 報道について、真実性に問題があるのであれば、訂正を求めればよい。 真実相当性についても同様である。

 メディアという鏡があまりにも歪んだ企業像を描いているのであれば、内容証明郵便によって、メディアの見解を質せばよい。企業が訴訟に至るまでの間には、広報部門がやるべき行為は数々ある。

 広報パーソンとして、私は八年近い経歴を積んだが、訴訟に至った事案は一件もない。 (この項了)

このエントリーをはてなブックマークに追加