ブログ

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

フジ「無痛◂診える眼▸」で謎のカギを握る

イバラ役の中村蒼の可能性

 WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本 寄稿    http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 秋のドラマは終幕を迎え、あるいはラストまであと1回に迫る。フジテレビ「無痛◂診える眼▸」(最終回・12月16日)は、同じ水曜日・夜10時放映の日本テレビ「偽装の夫婦」(12月9日完)と競った。視聴率では「偽装」が勝利を収めた形となっている。

  「偽装」のエンディングは、男女それぞれのカップルが異性ではなく同性を選んだ幸せを語ったあとに、嘉門ヒロ(天海祐希)と陽村超治(沢村一樹)が戯れるようにして、お互いを理解しながら真の夫婦になって3年が経ったことを振り返って終わった。

  「無痛」は視聴率では負けたとはいえ、医療と推理が絡み合うサスペンスの意欲的な作品だった。フジが13年余りぶりに、この時間帯のドラマを復活させてから2年余りが経つ。「若者たち」や「ファーストクラス」など、視聴率で健闘したドラマもあった。

 日テレとの競争に敗れるケースが多く、この枠のドラマをやめてバラエティーに変更するのではないか、と業界ではささやかれている。

  「無痛」のドラマのなかで、観客が発見するのは、サスペンスのカギを握っている、イバラ役の中村蒼の演技だろう。彼は頭と眉が無毛の顔を持ち、痛みを感じない。その登場は画面に異様な緊張感をもたらす。

  美男子コンテストで中学生ながらグランプリを獲得した、中村はドラマ、映画、舞台と切れ目なく演出家が起用している若手俳優である。どんな色にも染めようと思えば染まっていく綿布のような存在がそうさせるのではないだろうか。それは没個性ということではない。

  最近の出演のなかで、NHKのドラマに限ってみていこう。「かぶき者 慶次」では、関ヶ原の戦いで亡くなった石田三成の忘れ形見の役・前田新九郎を演じた。そのことを隠して息子として育てているのが前田慶次(藤竜也)である。「洞窟おじさん」では子どものころに家出をして洞窟暮らしをしてきた加山一馬の少年時代を演じている。

  ドラマの魅力を作っているのは、中村の好演があるのは間違いないのだが、その印象が薄いのである。演出家が抑えた演技を要求しているというわけではないだろう。なにか中村のなかにある才能の奔流を引き出し切れていないように思ったものだ。

  「無痛」のイバラ役は、そんな中村の才能のほとばしりを感じさせた。

  最終回に向かって、ドラマの進展の速度は速まって、第9回(12月9日)はイバラの過去が解き明かされる。ドラマの縦糸となっている、一家4人殺害事件の犯人は、イバラなのか。

  ドラマは、患者の病巣が目で見える医師・為頼英介(西島秀俊)と、無痛治療を目指す白神メディカルセンターの医師の白神陽児(伊藤英明)との出会いから始まる。為頼は殺人を犯そうとする人物の表情に「犯意症」が、まるで血管が浮き上がったようになる表情を読み取ることができる。ふたりは、無痛治療の開発と犯意症の解消方法を研究することで手を握る。

  白神は、無痛症のイバラに対して、新薬を投与して、無痛治療の治験を深めようとしている。その後遺症から、無意識のうえで凶暴性を発揮しているのではないか、と為頼は疑うようになる。

  一家殺害事件を追う、刑事の早瀬順一郎(伊藤淳史)は犯人を追うなかで、「犯意症」が現れることを、為頼から警告される。いったんは、為頼にその治療を頼んだ早瀬だったが……。

  一家殺害事件の容疑者は、二転三転して、言葉を失った入院患者の南サトミ(浜辺美波)が疑われる。殺害現場の様子を忠実になぞったような絵を描いていたからである。現場で発見された帽子とそれについていた金髪に染められた髪の毛も、サトミの疑惑を深める。

  白神メディカルセンターの臨床心理士である、高島菜見子(石橋杏奈)が、かつての恋人であった佐田要造(加藤虎之助)にストーカー行為をされる。この佐田をイバラが殺害した容疑が浮上する。

  そして、イバラとサトミは白神メディカルセンターを抜け出して、逃亡の旅にでる。追い詰められたイバラは、衰弱したサトミを為頼の自宅まで運び込む。

 さらに、イバラを追跡していた刑事の早瀬は、犯意症の表情を浮かべて、拳銃でイバラを撃つ。イバラは川に飛び込むようにして倒れ、行方がわからなくなる。

  最終回は、一家殺人事件の謎が解き明かされて、イバラの最期もはっきりとするのだろう。

  映画「東京難民」(2014年)で、中村は父親の仕送りが途絶えて大学を除籍になり、アパートも追われ、ネットカフェで暮らすうちに、ホストとなる。そして同僚の借金を背負う形となって、逃げ出して土木作業員になる。しかし、追ってきたホストクラブの経営者の暴力団関係者に殴り倒され一時は記憶を失う。多摩川の河川敷に置き去りにされたところをホームレスに救われて、空き缶拾いや古雑誌の販売などをする。

  優しさにあふれながら、底辺に落ちながらも、生きる気力を取り戻していく。

 刻々と変化する環境のなかで、さまざまな表情をみせていく演技。「無痛」にも通じる。 中村の若手俳優としての将来が楽しみである。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

アラフォーを超えた女優はどこへ

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本 寄稿    http://wedge.ismedia.jp/category/tv

 天海祐希は宝塚歌劇団のトップスターから退団してから、20年を経た。「アラフォー」の代表的な女優も50歳が間近い。それなのにまったく年齢を感じさせない。「天下の美女」といわれた美貌に衰えはない。

  日本テレビ・水曜ドラマ「偽装夫婦」は、主演の天海がけれんみのない安定した演技で魅せる。かわいいことが優先された女優の世界にあって、大人の天海のデビューは新鮮だった。

 それは、日本の映画やドラマがしばらく忘れていた記憶だった。

  図書館の司書・嘉門ヒロ役の天海は、独身を続けてきたが、大学時代に一度だけ恋をした陽村超治(沢村一樹)と結婚する。彼は幼稚園の園長代理である。

  超治の母・華苗(富司純子)が、余命半年のガンにおかされている、と告白して、超治に自分が死ぬ前に結婚することを迫った末のことだった。

  ところが、この病気話は実は超治を結婚させるための嘘であったことがわかってくる。

  しかも、超治はゲイであった。宅配業者の青年である弟子丸保(工藤阿須加)に思いを寄せている。

  天海が演じるヒロは、ほとんど感情を表に現わさない。心の叫びは、古い映画の字幕のように現れる。

  「なにいってんだ。ババア」

  図書館の本を汚しては返却する中年女性に対して。

  「わたしは本当に彼を好きになりそう」

  ひとつ屋根の下に住みながら、「偽装夫婦」を演じているうちに、超治の純粋な心に触れて、かつての愛情を取り戻してきたのである。

  ところが、ヒロがそのことを告白しようとすると、超治は憧れている保(工藤)のもとへ出かけてしまうのである。酔った勢いで保に告白すると、保に驚かれてしまい、傷つく超治であった。

  ドラマは上質なコメディに仕上がっている。そして、これまで数々のドラマで高視聴率を獲得したように、天海の演技は確実である。

  天海の女優人生に欠けているのは、主演作に対する世界的な賞である。主演女優賞を獲得して欲しいばかりではない。カンヌ、ヴェネツィア、ベルリンの映画祭で監督が最高賞を獲得した作品のエンドロールに、彼女の名前を見出したい。

  デビュー作には、その後の女優人生の将来が暗示されているものである。天海のドラマ初主役は、フジテレビの「橋の雨」(1996年)だった。伊集院静の原作。CSの専門チャンネルで最近観た。

 普通のOL役の天海が、ふとしたきっかけでヤクザの緒方拳と知り合う。緒方は天海を自分の世界に引きずり込むことを避ける。天海は自分も緒方と同じように、背中にコイの彫り物を入れて、結ばれようとする。しかし、緒方はヤクザの抗争のなかで死んで、ついにふたりは結ばれない。

  汚れ役を演じているようでいて、やはり「天下の美女」である。制作者たちはそんな天海に、日本を代表する緒方を配し、ひそかに天海を慕う役に当時は若手の阿部寛を当てる。

  宝塚の舞台で、トップスターを光り輝く存在にするように、相手役と脇役に演技力の高い人材を配する。

  今回のドラマも、偽装の夫婦をともに演じる沢村をはじめ、姑役の富司、叔母役には個性派女優のキムラ緑子が脇を固めて、宝塚のスターシステムのように天海を支えている。

  「偽装夫婦」のテーマは、家族とはなにか、にある。シリーズは毎回、小さな事件が起きて、そして家族が愛し合うことの難しさと暖かさを描いていく。

  第6話(11月11日)は、超治が園長代理を務める幼稚園の園児がいなくなる。母親の水森しおり(内田有紀)は実は、弁護士の夫から家庭内暴力を受けて娘の園児とひっそりと暮らしていたのだった。居所をつきとめた夫によって、娘は実家に連れ去られた。

  ヒロと超治は、園児の奪回作戦をたてる。宅急便業者の保(工藤)が配達を装って、娘の実家に入り込み、あらかじめ録音しておいたが母親のしほり(内田)が外に出るように、という声によって、娘を救い出す。

 そして、ヒロの素人とは思えない法律知識によって、再び娘を取り戻しにきた弁護士をやりこめて、奪回作戦は成功に終わる。

  再縁を迫る夫に対して、しほりはいう。

  「もうあなたと一緒にいるつもりはない。いまはヒロさんと暮らすのが夢だ」と。

  男女の性差を超えて、さまざまなカップの在り方を肯定する、LGBT運動がドラマの下敷きになっている。超治と保、ヒロとしほり。家族の在り方はこれから、多様になっていくのだろう。

  こうしたドラマがゴールデンタイムに堂々と放映される時代になったことは、未来を暗示する。

  さて、「天下の美女」である天海の未来である。アラフォーを代表する女優として、アラフォーという言葉の流行に一役買った彼女は、50歳を間近に控えてどう変身していくのだろうか。あるいは、いつまで宝塚のスターシステムのような、彼女にスポットライトがあたるドラマのなかで生き続けていけるのだろうか。

  家族の在り方を問う今回のドラマの演技は、コメディアンヌでありながらシリアスな問題に切り込む二重性をもっている。天海のなかに、引き出されていない可能性はまだまだあるのは間違いない。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

モノと書籍の販売が融合する

  フジサンケイビジネスアイ 高論卓説 寄稿。

 東京・渋谷のスクランブル交差点で、自撮棒で撮影する外国人観光客の波をすり抜けながら、公園通りに向かう。左手に折れれば代々木公園につながり、その先には明治神宮、表参道に抜けていく。

 公園通りの入り口のランドマークである、マルイが19日にリニューアルして「渋谷モディ」という新しい業態が姿を現す。店頭の飾りつけはすでにクリスマス一色である。街にはホワイト・クリスマスの曲が流れている。

 マルイは今後、ショッピングセンターの「マルイ」と、モノだけではない学びや体験を提供する「モディ」のふたつのブランドを持つことになる、という。

 新店の9階ある売り場のなかで、5階から7階までを「ブック&カルチャー」が占める。フロアごとにテーマと決めて、それに関する書籍や音楽、映像の関連商品を販売する。カフェがそれぞれの階に設けられる。販促のイベントやセミナーなども開いていくという。

 公園通りは1970年代から80年代にかけて、若者たちをひきつけた街である。マルイは「月賦」という言葉を「クレジット」と変えて、日本で初めてクレジットカードを発行した。丸井の「赤いカード」である。西武百貨店の渋谷店やパルコも、モノの消費の時代の寵児だった。

 新しい業態の出現によって、街の変化がはっきりとみえる。いかにして日本の都市は変貌を遂げるのか。建築家の槙文彦氏は「見えがくれする都市」(鹿島出版会)のなかで、「都市の姿に意外性、新鮮さ、変化、アイロニィを与え、都市を興味あるものとしている」要因として、「多数の主体の意図と思わくの働きかけが強い」と述べている。

 高度経済成長の尻尾をひきずった団塊の世代が、渋谷から伸びる私鉄沿線に住宅を購入して、モノに対する執着がかつての渋谷の繁栄を産み落とした。「さとり世代」と呼ばれる20歳代半ばにかけてと、それに先行する「草食世代」の30歳代半ばまでの若者たちは、都心に回帰して、モノの消費にはそのきっかとなる物語を求める。

 表参道に今秋、海外旅行会社のH.I.Sが新たに開いたカフェと書籍の販売を兼ねた店舗を訪ねた。入口にカフェがあり、コヒーを買い求めて、地下に下る。そこには地域別の書籍が並ぶ。来店者は自由に本を手に取って読める。

 書籍は旅行案内のガイドブックから、その土地を訪れた作家によるエッセイ、写真集など多岐にわたっている。そして、もう一階下ると旅行の相談窓口がある。

 渋谷と東横線自由が丘駅、田園都市線二子玉川駅の3点を結んだ地域をいま、「プラチナ・トライアングル」と呼ぶ。二子玉川駅に隣接する商業施設には、カルチャー・コンビニエンス・クラブ(蔦屋)が、電化製品とソファなどの家具と書籍を販売する新しい業態が、今春にオープンした。

 江戸城から見て南西に当たる「城南地区」に、若い女性や家族層が増えている。東京の重心が西に移ろうとしているとき、街はさらに装いを変えていくことだろう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKスペシャル「新・映像の世紀」

ヒストリーチャンネル「ヒトラー追え」は亡命説に挑む

WEDGE Infinity 田部康喜のTV読本 寄稿    http://wedge.ismedia.jp/category/tv

「映像の世紀」といわれる20世紀は、映像技術の発明によって膨大な歴史的な資料を残した。歴史の真実に迫るのに、文書に加えて映像が加わった。

  NHKスペシャル「新・映像の世紀」は、第1回「百年の悲劇はここから始まった」(10月24日)から毎月の放映で、全6回のシリーズが始まった。新たに発掘された映像によって、歴史の流れとそれに翻弄された個人に焦点を当てる。

  CS放送のヒストリーチャンネルは、世界同時公開で「ヒトラーを追え」シリーズを11月24日から放映開始した。元連邦捜査官として犯罪者を追った経験者、ジャーナリストらが「調査報道」に取り組んだ。ヒトラーがベルリンの陥落時に自殺したのではなく、アルゼンチンに亡命した可能性である。

 「新・映像の世紀」の第2回「グレートファミリー新たな支配者(11月29日」は、アメリカの資本主義を築き上げた企業とその家族の物語である。

  ニューヨークのロックフェラービルの前で、巨大なクリスマスツリーに明かりが灯るシーンから、映像は始まる。80年前からの行事がなぜ起きたかは、作品のなかで解き明かされていく。

  ロックフェラーは、石炭から石油革命の道をいち早く見抜いた。五大湖の周辺で発見された石油を掘削して、ひとヤマあてようとする人々が群がった。ロックフェラーは、掘削には手を出さずに、原油を精製するビジネスに乗り出した。優秀な科学者を雇い入れて、どんな不純物を含む原油でも精製する技術を確立した。それが世界標準であることを示すために、社名を「スタンダードオイル」とした。

  金融の中心地である、ウォールストリートを牛耳ったのは、モルガン商会だった。アメリカが中央銀行を設立する1930年まで、その機能はモルガン商会が担っていた。ウォールストリートに看板を出さず、一般個人との取引はしないで、大企業との取引に専念した。

  そのモルガンにカメラが殺到したのは、1912年4月のタイタニック号の沈没だった。運行会社が系列の会社であり、救命具の不足と金持ちを優先した救助、そして事前に多額の保険がかけられていたことが批判された。それでも、モルガンはいっこうに強気の姿勢を変えなかった。

  大陸横断鉄道会社や、エジソンの発明よって生まれたゼネラル・エレクトリック(GE)、電話会社のベル、自動車製造会社のGMなど、モルガンの出資なくしては成長できなかった。

  ロックフェラーの家族たちの団らん風景を映したフィルムが流れる。その子どもたちのなかに、世界最大の慈善団体であるロックフェラー財団を率いることになる、ロックフェラー・ジュニアがいる。

  ジュニアは次のように語っていた。

  「法皇や教皇、どんな国の王よりも仕事がおもしろい。なぜならば、わたしをどこからも排除することはできないからだ」と。

  ロックフェラーやモルガンによって、資本主義はモンスターのように巨大に成長を遂げる。

  アメリカの富に引き寄せられるようにして、膨大な移民がやってくる。その数は1920年からの10年間で400万人に達する。なかでも、革命後に迫害を受けたソ連のユダヤ人と、イタリア人が多かった。

  旧ロシアの貴族の専属化粧士から、化粧品会社を起こして成功した、マックス・ファクターや、ハリウッドの活躍の場を得たカーク・ダグラス、ポール・ニューマンら成功者の数は少ない。勃興する自動車産業などに移民たちは、その職場を求めた。

  アメリカの繁栄が永遠であるかのようにみえた瞬間に、1924年10月24日、株式市場を大暴落が襲う。「暗黒の木曜日」である。

  中西部の穀物地帯では、20年代の10年に幾度も砂嵐が穀物を枯らして、350万にも農民たちが当て所もない西部への旅にでた。

   ロックフェラー・ジュニアは、ロックフェラービルを建設することによって、7万人の雇用を創出した。冒頭のクリスマスツリーは、これに対するお礼として労働者たちが始めたものであった。

 モルガンは大暴落前に株式を売り抜け、ロックフェラーは底値で買い上げてのちに株式が上昇して損を取り戻していたことがわかる。

  「グレートファミリー」が慈善家のイメージの裏で、なにをやっていたのか。モルガンに対する議会証言の場面などを通じて、映像は克明に映し出していた。

  CS放送のヒステリーチャンネルの「ヒトラーを追え」は、まず旧ソ連時代から保存されていたヒトラーの遺体の頭蓋骨をNA判定したところ、男性ではなく30歳代の女性であることがわかる。

  さらに、ナチスの幹部の多くが亡命したアルゼンチンンのジャングルのなかに、石組みのかつて瀟洒であったであろう建物3棟の発掘作業に迫る。豪華な風呂や部屋、ナチス時代の金貨、そして胃痛に苦しめられていたヒトラーが常備薬としていた、胃薬が大量に発見される。

  ベルリンの首相公邸の地下には、ヒトラーが世界の首都にふさわしい都市建設をするために縦横にはりめぐらされた地下道が三層にもわたって延びていたこともわかってきた。ヒトラーの脱出は可能だった。

  「映像の世紀」の謎が、解明されるのはこれからだ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

ELNEOS 12月号  「ほまれもなく そしりもなく」 田部康喜 広報マンの攻防戦

 東芝がいわゆる「不適切会計問題」ついて、第三者委員会による調査報告書を公表したのは十一月初旬のことである。問題が発覚してから実に八カ月近い月日が経過した。

 今回の問題については、トップの経営姿勢や会計基準の順守、情報の適宜開示原則などのさまざまな面から論じられてきた。

 ここでは、上場企業のなかに、閉ざされた空間が存在していた事実と、それがひとり東芝に限らないのではないか、という視点から調査報告書を改めて熟読してみたい。

 不祥事を起こした企業の調査委員会のほとんどが、裁判官や検察官出身者を委員長に据えて、社内の聞き取り調査にあたるのは、弁護士であること多い。

 東芝の調査報告書もその例に漏れない。そもそも委員会の目的が「東芝の現旧役員らの法的責任の有無及び損害賠償請求の当否に関する調査・検討」をすることにあった。

 しかし、報告書の淡々とした法的な表現を拭い去ってみれば、そこには経営トップの利益至上主義の生々しい証言が現れてくる。

 東芝は調査報告書の公表に先立って、歴代の社長三人を含む計五人の旧役員に対して、三億円の損害賠償を求める訴訟を起こした。

 パソコン事業畑を歩んで三代前の社長に就任した西田厚聡氏の責任は、パソコン部品をОDM(委託者のブランドで販売される製品を生産すること、または生産するメーカー)先の台湾企業に高値で売ることによって、一時的には利益を計上できるが、製品の買い取りはいずれ、部品の価格には割りの合わない低い価格で買わざるを得なくなる、会計処理を推進したことにある。「Buy-Sell」という商習慣である。社内では「借金」と呼ばれていた。

 二〇〇八年十二月二十二日の社長月例会において、第三四半期におけるPC部門の営業利益が一八四億円の赤字になるという報告に対して、西田氏は次のように言い放った。

「こんな数字はずかしくて(一月に)公表できない。

 同氏が退任した直後の二〇〇九年第一四半期には、「Buy-Sell」によってかさ上げされた利益は累計で三一三億円にのぼった。

 前社長の田中久雄氏は就任直後の二〇一三年九月十三日、財務担当の取締役兼代表執行役副社長を「極秘の相談がある」として、利益のかさ上げを相談した。

 デジタル関係の子会社の第二四半期の決算について「市場の期待値を考えると」と前置きして、前期の赤字幅を半減させることを打診している。

「そこで相談です。これまでの方針とは少し異なりますが、少しバイセル借金(Buy-Sell)を増やして」と。

 経営者が順法精神に則って「善管注意義務」を担うことに明らかに反する、と報告書が指摘するのは当然である。経営トップを中心として、世間の常識から逸脱した閉ざされた空間があったことに驚かされる。

 そうした空間がなぜできたのか、どうすればできないようにできるのか。メディアという社会の風を企業に吹き込む、役割を担う広報パーソンの大きな課題である。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加